ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

映画「ツナグ」感想・レビュー・評価・口コミ、松坂桃李、樹木希林、佐藤隆太、桐谷美玲、橋本愛、大野いと、遠藤憲一

映画「ツナグ」

感想・レビュー・評価・口コミ、松坂桃李、樹木希林、佐藤隆太、桐谷美玲、橋本愛、大野いと、遠藤憲一

ツナグ TSUNAGU  映画パンフレット 監督 平川雄一朗 出演 松坂桃李、樹木希林、佐藤隆太、桐谷美玲、橋本愛、大野いと、遠藤憲一

映画館で予告を見続け気になっていた作品「ツナグ」

「泣かせよう」という映画なんだろうなぁ〜という予想はしつつも
やっぱり「泣く」という快感を求める気持ちもあって観に行ってしまいました。

樹木希林さんの存在感はもちろんですが
最近露出が増えている、松坂桃李さんの演技も気になるし・・・

 

その他、映画「ツナグ」関連の動画はこちら


※ネタバレ的なこともあるかもしれません※


ツナグ@ぴあ映画生活

ツナグ | Movie Walker

映画『ツナグ』 - シネマトゥデイ
松坂桃李 樹木希林 佐藤隆太 桐谷美玲 橋本愛 大野いと 遠藤憲一 別所哲也 本上まなみ 浅田美代子 八千草薫 仲代達矢 ...


作品データ
映画「ツナグ」

製作年  2012年
製作国  日本
日本公開 2012年10月6日
上映時間 129分
配給   東宝
ジャンル 人間ドラマ
監督   平川雄一朗


あらすじ・ストーリー
たった一度だけ、死者との再会を叶えてくれる人がいるらしい―。
半信半疑で依頼をしてくる人たちの前に現れたのは、
ごく普通の男子高校生・歩美(松坂桃李)だった。
彼は、すでに死んでしまった人との再会を仲介する使者“ツナグ”を
祖母のアイ子(樹木希林)から引き継ぐ途中の見習いである。
横柄な態度で、癌で亡くなった母・ツル(八千草薫)に会うことを
希望する中年男性・畠田(遠藤憲一)。喧嘩をしたまま自転車事故で
死んでしまった親友・御園(大野いと)に聞きたいことがある
女子高生・嵐(橋本愛)。プロポーズ直後に突然失踪した
恋人・キラリ(桐谷美玲)の安否を確かめたいサラリーマン・土谷(佐藤隆太)。
歩美のもとには次々と依頼が舞い込んでくるが、
歩美はその過程で様々な疑問を抱く。死者との再会を望むことは、
生者の傲慢なのではないか。
果たして会いたかった死者に会うことで、生きている人たちは救われるのか。
やがてその疑問は、自身の両親の不可解な死の真相へも向けられていく……。


感じたこと・感想・口コミ・レビュー
★「泣きたい」という人にオススメの映画です。泣かせようとしてくれます、期待どおり。

★子を持つ親の話、高校生の話、恋人を思う話・・と、3つのストーリーが展開されるが、これはあらゆる年代の人をターゲットにしたための選択なのかなと思った。オムニバス形式の映画です。

★設定が理不尽だ、納得できない部分がある・・という話もあると思うが、あくまでファンタジーなのだから、その点を突っ込んでも仕方ない(笑)そういうことが気になる人は、観ないことをオススメします(笑)絶対にありえないとか、それは無いんじゃない?って言い出したら、ファンタジーはそもそも成り立ちません(笑)

★「人が1夜限り復活する」ことの謎にせまる話ではない。それがどういう意味を持つのかを考える話である。

★松坂桃李さんと樹木希林さんという2人、祖母と孫という関係の2人の食事シーンは・・特別豪華な食材が並んでいるわけではないのだが、とても美味しそうにみえる。「食べる」という行為は「生きる」ことそのもので、生きていることを楽しむ姿を表しているのでは?という人もいるようだ。

★若い俳優さんがみなさん良い演技をしていたと思う。松坂桃李さんの「普通の青年」っていうのも良かったが、とくに橋下愛さんの演技にはけっこう引きこまれた。演技にリアリティがないと、さすがに泣けない映画になっていたと思う。

★遠藤憲一さんと八千草薫さんのやり取りも、とくに上の年代の方にはグッとくるものがあったのではないだろうか。

★物語としては、中盤の「高校生の話」が一番の盛り上がりと感じた。最後の「婚約者を待ち続ける」話は、その前の話に比べると、やや盛り上がりにかけるなと。これは・・順番逆だった方が・・良かった??

★「人の死」をテーマにしているわりに暗い気持ちになりすぎず、明日からまたがんばろうと思わせてくれる作品だと感じた。


原作・小説
『ツナグ』は辻村深月の著した連作短編小説です。

ツナグ
ツナグ

このブログへメール 削除依頼