ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

立てこもりって1人でやる時点で計画性ないよね

愛知県豊川市の信用金庫に立てこもっていた犯人が昨夜逮捕された模様。

【豊川信金立てこもり】警察突入、男を逮捕 人質4人救出 - MSN産経ニュース


まずは、人質になっていた方・・大変お疲れ様でした。。

・・・

としか言ってあげられませんよね。


交通事故みたいなものだと思います。
本人がいくら気をつけていても防げない事件。

ケガをされた方もいたようですが、命に別状がなかったことは、良かったと思います。



逮捕の瞬間ですが、

午前3時頃に警察が突入、機会をうかがって犯人を確保・・とのこと。


「機会」とは・・

「犯人がうたた寝した隙を見計らって」

とのこと。


そりゃ、うたた寝もしますよね。

犯人も緊張状態がずっと続いてるわけだし。


「突入」ってだいたい深夜に行われるイメージ。

やっぱり犯人が隙を見せちゃうからでしょうね。


そもそも、1人だったら立てこもりなんて絶対成功しないと思います。


例えばめちゃめちゃ頑張って24時間ずっと警察を警戒し続けたとしても
それが一体どれだけ続けられるのか??


警察の方は、当たり前ですが多人数。

別に同じ担当者が必ずずっと指揮をとり続ける必要もない。
(実際には同じ人がやってそうですが)


また、事件現場を監視する捜査員だって入れ替わる。


つまり警察側はいつも元気な人がいるわけで。


犯人が1人だったら、まずいずれは立ちゆかなくなる。

複数いる場合は・・ちょっとやっかいですけどね。
交代するんだろうし。


でもその分、1人の方が自暴自棄にはなりやすそう。

自殺しようとしたり、道連れにしようとしたりしてしまう可能性もある。


そこまで考えが至る前に解決することが大事なんでしょうね。


そもそもどういう目的で立てこもりしているのか、今回の場合はまだ不明ですが

1人で立てこもりを始めている時点で、あんまり計画性はないような気がします。

目立ちたい、目立って主義主張を訴えたい。


なんていうことが目的だったとしても、それが叶う可能性も低いし。


それとも、以前から計画はしていたが、あんまり深く考えていなかったのか。。



巻き込まれた側の人は、交通事故みたいなものですよね、と言いましたが、
やっぱり銀行とか信金とか、郵便局に勤めている人は普通の人より事件に遭う可能性は高いんだろうなぁ。

お金を扱う仕事っていうのも、生命に関わるリスクが高めですねやっぱり。

このブログへメール 削除依頼