ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

映画「カラスの親指」感想・レビュー・評価・口コミ、阿部寛、村上ショージ、石原さとみ、能年玲奈、小柳友、鶴見辰吾

映画「カラスの親指」

感想・レビュー・評価・口コミ

阿部寛、村上ショージ、石原さとみ、能年玲奈、小柳友、鶴見辰吾

映画パンフレット カラスの親指 監督 伊藤匡史 出演 阿部寛、村上ショージ、石原さとみ、能年玲奈、小柳友
映画パンフレット カラスの親指 監督 伊藤匡史 出演 阿部寛、村上ショージ、石原さとみ、能年玲奈、小柳友

 



※ネタバレ的なこともあるかもしれません※



作品データ

映画 カラスの親指

製作年  2012年
製作国  日本
日本公開 2012年11月23日
上映時間 160分
配給   20世紀フォックス映画=ファントム・フィルム
ジャンル 人間ドラマ
監督   伊藤匡史


あらすじ・ストーリー

悲しい過去を背負ったままサギ師になったタケ(阿部寛)と、
成り行きでコンビを組むことになった新米サギ師のテツ(村上ショージ)。

そんな2人の元に、ある日ひょんなことから河合やひろ(石原さとみ)と
河合まひろ(能年玲奈)の美人姉妹、それにノッポの石屋貫太郎(小柳友)を
加えた3人の若者が転がり込んでくる。彼らもまた、不幸な生い立ちのもと、
ギリギリのところで生きてきたという。

これをきっかけに始まる他人同士のちょっと奇妙な共同生活。

やがて、タケが過去に起こしたある事件が、
彼らを一世一代の大勝負へ導くことになるが、この時は誰一人、
それを知る由もなかった……。

社会のどん底で生きてきた5人の一発逆転劇。
そして驚愕の真実が明かされる……。


感じたこと

★まず観に行く前に思ったこと。「160分!?」・・・長いですよね、映画としては(笑)長いほうが丁寧に話を描くことができるとは思うものの、間延びしないかとやや心配・・。

★ですが、観終わった感想としては、そんなに長さは感じなかった。一旦終了・・と思わせといて〜〜というところから始まる「オチ」を描くのに、40分ぐらい必要だったんですね。通常の映画は120分前後だし。

★全体的な感想としては・・・「良い話をみたなぁ〜」という感じ。気持ちが温かくなる映画だと思います。

★ハラハラドキドキ感もあり。

★詐欺師の話ということで、詐欺師を正当化するような話だったらイヤだなぁ〜と思っていましたが、最後までみて安心しました。やっぱり悪いやつは悪い。そう言ってくれる気持ちよさもあります。

★阿部寛さんは今回も、なんというかややひねくれた役で、はまっていたと思います(笑)

★村上ショージさん。はっきり言って演技が下手(笑)・・なのが、実は良い味だしてる。詐欺師っぽいし、ああいうおじさんいるよね〜っていう。うん、他の人にはできなかったかも、この役。

★石原さとみさん・・より、能年玲奈さんの方が主役級だった。

★ビックリする!!というほどの大どんでん返しではないですが、想像していたのとは違う方向だったので驚きはしましたよ。逆に最後のオチがなかったら相当つまらない映画だと思ってしまったに違いない(笑)

★誰も本気の悪人ではないので・・好感がもてました。でも、詐欺は絶対にダメだけど。詐欺をやった人間の末路は・・まあそういうもんですよね〜。


原作

推理作家・道尾秀介の作品。

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb
カラスの親指 by rule of CROW’s thumb

このブログへメール 削除依頼