ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

Siriはロック画面で無効にする設定方法、有効だと危険

Siriはロック画面で無効にする設定方法、有効だと危険

あなたの声で操作できる iPhone Siri かんたんガイド

 

 

 

さて、iPhoneやiPad等のiOSに搭載された音声アシスタント「Siri」

 

使っていますか??

 

 

 

実際には、まだまだ使っている人は少なそうですが・・

 

スポンサーリンク

 

 

が、使っている、使っていないに関わらず、設定を変更しておいた方が良い点があります。

 

 

 

それは、

 

 

 

Siriをロック画面でも使用できる

 

 

 

という設定。

 

 

 

Siriはいろんなことを音声で受け付けてくれるので・・

 

ロック画面からSiriを呼び出せば、ロックしているにも関わらずできてしまうことが結構あるんです。

 

 

 

例えば

 

 

 

●Twitterへの投稿

 

●Facebookへの投稿

 

●電話帳の呼び出し(名前を言う)

 

●スケジュール

 

 

 

例えば電話帳の呼び出しは名前を呼ばないといけませんが

 

適当に呼ぶだけで誰かの情報が呼び出せる可能性があるわけです。

 

アドレスを知ればメールを送ったり、番号が知られれば電話をかけることも可能。

 

 

 

また、TwitterやFacebookに自分のアカウントで変なことを投稿されたら・・

 

 

 

「今日の予定」とか「明日の予定」とかって聞くと

 

スケジュールを漏らしてしまうし(笑)

 

 

 

 

 

これも、知り合いならまだしも

 

どこかで落として、全然知らない人に操作されたら大変です。

 

 

 

「写真」については「ロックを解除してください」となるそうですが・・

 

いやいや、それ以外にこれだけ呼び出せたら意味ないじゃんと。

 

 

 

だから、

 

ロック画面ではSiriを使用できないように設定しておきましょう!

 

 

 

 

Siriはロック画面で無効にする設定方法

 

 

設定 > 一般 > パスコードロック

 

 

 

ここでパスコードを入力して入った次の画面で・・

 

 

 

「ロック中にアクセスを許可」の「Siri」を「オフ」に

 

しておきましょう!

 

 

 

これでOK。

 

いやいや、便利なんだか、なんなんだか(笑)

 

 

 

でも、いざというときのための備えは普段からしておいたほうがいいですよ。

 

 

 

とくに普段Siriを使っていない人は、今すぐ設定を!

このブログへメール 削除依頼について