ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

2013年6月頃に「iPhone5S」「iPhone Math」12月頃に「iPhone6」発売?

2013年6月頃に「iPhone5S」「iPhone Math」12月頃に「iPhone6」発売?

Source: iphonealley.com via odajori on Pinterest

 

 

今年はiPhoneシリーズにとって、大きい動きがある年になるんでしょうか。

 

一部では「iPhone 5」が売れてない(予想よりも)のではないか。

部品が余っているのではないか、という話も出ていますが、実際のところどうなんでしょうか。

 

そして、これまでこだわりとしてきたデザインやサイズに大幅に変更を加えて

ラインナップを増やしてユーザー拡大を目指す・・という路線へ舵を切るんでしょうか?

 

そういうイメージの話が上がっています。

 

Apple Insiderや、China TimesというiPhone情報の出所からの話によると

今年Appleから3つのiPhoneが登場するかもしれないという話が出ています。

 

2013年6月頃

iPhone5S(iPhone5のマイナーチェンジ?)

iPhone Math(画面サイズ拡大4.8インチディスプレイ)

 

2013年12月頃

安価Ver.のiPhone?

(外側がポリカーボネートとかに?)

 

 

いや、そもそも、次期iPhoneがまた「S」がつく名称になるのかも疑問ですけど(笑)

こんなに一気に出しますかね~。

1つ1つの製品の売れ行きが鈍化して、部品の調達コストが上がりそうな気が・・。

 

でも、どれか1つ買うなら・・

どうしよう・・iPhone Mathかなぁ・・

iPadシリーズではなくて、iPhoneシリーズとして出るってことは

電話はできるんだよね??

このブログへメール 削除依頼について