ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

宇宙“旅行者”第1号、次は火星へ

夢のような話だけど、当たり前にリスクは大きい。

ロケット打ち上げ失敗とかもあるしね。

 

宇宙ってこわい。



宇宙“旅行者”第1号、次は火星へ (ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト) - Yahoo!ニュース
同財団は、2018年1月の打ち上げを目指してミッションを開始する。通常は火星まで2~3年かかる行程が、地球と火星の位置関係により約1年半、正確には501日で往復する貴重なタイミングを狙う。「Scientific American」誌のブログによれば、その次の機会は2031年になるという。 ...

このブログへメール 削除依頼