ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

無人バイクが高速道路を走る動画とその理由

無人のバイクが高速道路で走っているのをみたことがありますか??

言ってる意味がわからない人もいるかもしれませんが・・

 

要は、人が乗っておらずバイクだけなのに

高速道路で、高速スピードで走っている

という状況のことなんですが・・

 

みたことないですよね???(笑)

 

いや、もしかしたら「見た!」という人がいるかもしれません。

その動画と、理由をご紹介したいと思います。 

スカイネット 1/12 完成品バイク Kawasaki Ninja H2

スカイネット 1/12 完成品バイク Kawasaki Ninja H2

 

無人バイクが高速道路を走っている動画

まずは短いバージョンから。

www.youtube.com

 

これ・・本当に走ってますよね(^_^;)

いやでもこれは小細工された加工された動画とかではなく

実際に起こったことで、その時に撮影されたビデオなんだそうです。

 

日時:

2017年5月28日

 

場所:

フランス・パリに通じる高速道路 A4号線

 

もう少し長い動画も見てみましょう。

www.youtube.com

 

途中少し、横のガードレール?に接触したりしながらも

なお継続して走り続けています。

 

これは・・まさに「ghost riders(ゴーストライダー)」

見えない幽霊が乗ったバイクなんでしょうか・・?!

 

情報(この動画)の出どころ

これはフランス最大の発行部数を誇る新聞社

ル・パリジャン

だそうです。

 

こちらには、バイクの持ち主の映像もあります(笑)

 

・・ということなので、偽物でも、騙すために作られた動画でもなく

本当に無人でバイクが走っていた、ということらしく・・(^_^;)

 

VIDEO. Le mystère de la moto qui roule toute seule sur l'A4, près de Paris - Le Parisien

VIDEO. Moto fantôme de l'A4 : le pilote témoigne - Le Parisien

 

で、動画の紹介文をみると

 

「A4高速道路で撮影された無人のバイクは、現在持ち主のガレージにあります。事故を起こしたバイクの運転手は入院しました」

 

オートバイの持ち主はパリ在住20代男性

高速道路でバイクから振り落とされる転落事故が発生

 

無人でバイクが走っていた理由

つまり、もともと運転手がいたが、事故を起こし転落した

ということなんですが、

 

その後

オートバイだけ走り続けた

 

男性はすぐに病院に搬送された

オートバイは5km先で倒れた状態で発見された(そこまで走っていったと思われる)

 

ということなんだそうです!!!(笑)

いや・・笑っちゃダメだと思いますが、

そんなことあんの!?という・・・

 

 

そこからなぜ無人バイクが走ることになったのかというと・・

 

実はバイクって走っている状態だと、自らを安定させる力が働くのだそうです。

バイクのタイヤにかぎらずですが

高速で回転する物体には軸を安定させる力が働きます。

オートバイのタイヤは高速で回転しながら、その回転軸であるタイヤの中央部分が地面と水平を保つように力が働く。

なので、たとえ一度横転したとしても、タイヤが高速回転を続けていると回転軸は水平を保とうと、無人の車体を安定させようとする力が働くそうです。

 

なので、この動画の事故の場合

運転者が振り落とされたあともエンジンが止まらずタイヤが回り続け

走り続けることになったのではないか

とのこと。

 

こちらの動画をみてください↓

www.youtube.com

 

これなんかも、「うそだろ!おい!!」と思うような映像ですが

実際にあったもののようです。

 

これはまさに、回転軸の説明がわかりやすいですよね。

 

調べてみたら、他にもたくさんありました。

www.youtube.com

 

これとか(笑)

www.youtube.com

 

そう言われてみれば、

自転車だって、ただその場でまたがるだけでは左右どちらかに転んでしまいますが

ペダルをこいで進んでいるとたいした力を使わずとも安定して左右に倒れませんもんね。

あれも同じことなんですかね。

 

こちらでは、自転車でも同様のことが起こってますね(^_^;)

 

via GIFMAGAZINE

 

あ・・当たり前ですが

絶対に真似するのはやめましょう!!

自分も危険ですし、周りの人も事故に巻き込まれる可能性があるので!!

このブログへメール 削除依頼について 
//スムーズスクロール