ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

iPhoneを探す PC・Macからの操作方法、アクセスするURL

iPhoneがなくなったときのために設定できるのが「iPhoneを探す」です。

もし設定していないという人がいたら、設定しておきましょう。

 

「iPhoneを探す」の設定方法

www.softbank.jp

 

今回お教えしたいのは、ちゃんと「iPhoneを探す」を設定している人が実際にiPhoneがみつからなくなったときに、PCやMacからiPhoneを探す方法です。

 

パソコンやマックから、iPhoneの位置情報を検索して調べることができます。

さらに、遠隔でiPhoneの情報を消したり、アラームを鳴らしたりすることができます。

 

盗難・紛失時になくなったiPhoneをパソコンやMacで探す方法(位置情報)

まずはこちらにアクセスします↓

Sign in to iCloud - Apple

 

↑このURLが大事です。これを覚えておきましょう。

 

Apple IDとパスワードを入力してログインします。

 

2ファクタ認証としてこういうのが表示されたら・・

iPhoneを探す PC・Macからの操作方法

 

確認コードはそのなくしたiPhoneに表示されていることが多いと思いますので、確認しようがありません。その場合は、下の方にある「iPhoneを探す」をクリックします。

 

 

もし「2ファクタ認証」でなかった場合は「このブラウザを信頼するか?」のような画面が出てくるので「信頼する」とする

 

入った画面で表示された項目の中から「iPhoneを探す」をクリックします。

 

 

すると、またパスワードを入れる画面が出るので、パスワードを入れてログイン

 

 

 

すると、自分の所持している端末の場所が表示されます。

そのAppleIDに紐付いている端末がiPhoneだけでなく、iPadやMacなんかも表示されます。

 

端末を選ぶと、そこから端末へ遠隔で操作ができます。

 

iPhoneを探す PC・Macからの操作方法

 

「サウンド再生」

押すと、その端末で音が鳴ります。もし誰かの手元にあれば、そこで音が鳴り、画面上にこのように表示されます。

音はリリリリンリリン・・リリリリンリリン・・というような音です。画面上のOKを押すと止まります

iPhoneを探す PC・Macからの操作方法

 

「紛失モード」

はじめに電話番号の入力があります。ここで入力した番号が、その端末上に表示されます。

そしてコメント入力。これは電話番号とともに表示する内容です。「このiPhoneは持ち主が紛失したものです。見つけた方はご連絡をお願いします。」初期でこのように入力されています。

で、完了すると・・

いま入力した電話番号とコメントがiPhoneに表示されて、iPhoneがロックされます。iPhone上に「電話」というボタンが表示されて、それを押すとその電話番号にかけられるようになっています。

なお、上で電話番号やコメントを入力しなかった場合は、ただiPhoneがロックされるだけの状態になります。

パスコードがすぐわかってしまうようなものでなければ、こうしてロックすればある程度は安心かもしれません。

iPhoneがなくなった!盗まれた!すぐ見つからない!というときは、この「紛失モード」に設定しましょう。

 

「iPhoneを消去」

相当盗まれたら危険なデータが入っているなら、消去するのも1つの方法かもしれません。遠隔でiPhone内のデータをすべて消すことができます。

 

ただ、消すということは当然データがなくなるということなので、それを理解した上で実行しましょう。こまめにバックアップしておけば大丈夫ですが・・

バックアップしたデータがあれば、もしあとでiPhoneが戻ってくれば、その状態に戻すことができます。

 

なお、iPhoneを消去してしまうと、それ以降は「iPhoneを探す」にも出てこなくなります。

なので、最終手段と思った方が良いでしょうね。

 

iPhoneを探す PC・Macからの操作方法

 

このあと、セキュリティ質問等が表示されます。

詳しくはこちらを確認してください。

 

support.apple.com

このブログへメール 削除依頼について