ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

iPhone の動く写真「Live Photos」から好きな場面を切り出しする方法、編集して瞬間を選択する

iPhoneのカメラで写真を撮影すると、ちょっとした動画のように撮影されます。

LiVe Photos(ライブフォト)という機能です。

 

この機能はカメラのシャッターボタンを押した時点の前後3秒間が記録されます。

シャッターを押す前1.5秒とシャッターを押したあと1.5秒。

この「前後」というところが面白くて、シャッターを押す「前」の状況も記録されてるんですよね。

 

よくあることですが、「シャッターを押す前が面白かったのに」という場合。

このとき、もしかしたら「シャッターを押す1.5秒前」に面白いものが残っているかもしれません。

そんなときはLive Photosを編集することで、好きな部分の写真を切り出すことができます!

 

 iPhoneカメラのライブフォトで好きな写真を切り出す方法

Live Photosの写真の場合、左上に「LIVE」と記載されています。

このライブフォトで撮影されているミニ動画から好きなシーンを選んで写真にします。

 

まず使いたい写真を「複製」します。

これは元の状態の写真も残しておくためです。元の写真そのものを編集して問題ない場合はとくに複製はしなくてもOKです。

 

【写真を複製する方法】

左下の四角から矢印が出ているマークをタップ。

iPhoneカメラのライブフォトで好きな写真を切り出す方法

 

下に「複製」というメニューが表示されます。

「複製」をタップ。

iPhoneカメラのライブフォトで好きな写真を切り出す方法

 

2つメニューが表示されます。

「複製」・・・そのままライブフォトとして複製

「通常の写真として複製」・・・表示されている写真を、ライブフォトとしてではなく静止画として保存

 

今回の場合は「ライブフォト」を編集したいので「複製」をタップしましょう。

iPhoneカメラのライブフォトで好きな写真を切り出す方法

 

そうすると、同じライブフォトがもう1枚保存されます。

 

【ライブフォトから好きな場面を切り出す方法 】

右上の「編集」をタップ。

iPhoneカメラのライブフォトで好きな写真を切り出す方法

 

下にボタンがいくつか表示されますが、3重丸のようなマークをタップします。

(赤で囲んだボタンです)

iPhoneカメラのライブフォトで好きな写真を切り出す方法

 

すると、下にスクロールバーが表示されます。

動画として保存されているものが表示されるのですが、この中で写真画像として残したい部分を選択します。

白枠を移動させます。

iPhoneカメラのライブフォトで好きな写真を切り出す方法 

 

「キー写真に設定」という吹き出しが表示されるので、設定したい部分でここをタップ。その後、右下のチェックマーク(✔)をタップしてください。

すると、その部分が写真として表示されます。

iPhoneカメラのライブフォトで好きな写真を切り出す方法

 

これでOKです。

 

シャッターを押す1.5秒前から保存されているって、タイムスリップしたような感じがありますよね(^_^;)

iPhoneのカメラ、写真、有能すぎ(笑)

 

このブログへメール 削除依頼