ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

映画「ストロベリーナイト」感想・レビュー・評価・口コミ、インビジブルレイン、竹内結子、西島秀俊、大沢たかお

 

映画「ストロベリーナイト」

インビジブルレイン

感想・レビュー・評価・口コミ、竹内結子、西島秀俊、大沢たかお

 

 

映画「ストロベリーナイト」オリジナルサウンドトラック

 

ドラマシリーズからみていました。

ストロベリーナイト。

フジテレビのドラマでしたね。

 

女性刑事モノって・・・っていう部分もあったんですが

なんだかちょっと暗い雰囲気に惹かれてみてしまっていました。

 

映画公開に合わせて特別ドラマも放映されたので・・

結局映画館にも足を運んでしまい。。(笑)

 

 

 

作品データ

 

映画   ストロベリーナイト

製作年 2013年

製作国 日本

公開日  2013年1月26日

上映時間 127分

配給   東宝

ジャンル サスペンス

監督   佐藤祐市

 

 

あらすじ・ストーリー

 

雨の夜、中野東署管内で男の死体が見つかり、警視庁捜査一課・姫川玲子(竹内結子)のもとに、入院中の上司・今泉(高嶋政宏)から連絡が入る。

 

被害者は29歳の小林充(金子ノブアキ)という男性。龍崎組傘下“仁勇会”の下部組織“六龍会”の構成員だった。

 

体中の多数の刺し傷、縦に切り裂かれた左目という犯行方法が、5日前に起きた三鷹の殺人事件、3日前の業平橋の殺人事件と一致。

 

連続殺人事件と見た警察は、姫川班の管轄である中野東署に合同特別捜査本部を設置。三鷹、業平橋との合同捜査となる。

 

姫川班の他、玲子のライバル・日下(遠藤憲一)、組対四課、昇任で異動したはずの井岡(生瀬勝久)など捜査員たちが次々と会議室に集まる。

 

各事件の被害者がすべて広域指定暴力団・龍崎組の構成員だったため、事件は内部抗争の可能性が高いとされた。

 

会議終了後、玲子は偶然“小林充を殺したのは柳井健斗(染谷将太)”という不審なタレコミを受ける。

 

3つの事件は果たして連続殺人事件なのか?

 

玲子の頭を疑問がよぎるが、管理官の橋爪(渡辺いっけい)からは、“捜査線上に柳井健斗の名前が出てきても一切触れるな”という命令が下る。

 

納得できない玲子は、姫川班と井岡を部下の菊田(西島秀俊)に託し、単独捜査を開始。

 

菊田は石倉(宇梶剛志)、葉山(小出恵介)、湯田(丸山隆平)ら姫川班のメンバーとともに玲子の単独行動をサポートする。

 

やがて玲子が辿り着いたのは、柳井健斗の家族を襲った9年前の悲しい事件。

 

数日後、玲子は柳井の知り合いで成稜不動産の営業部長を名乗るマキタ(大沢たかお)という男に出会う。

だが、その正体は龍崎組若頭補佐・極清会会長の牧田勲。

連続殺人事件の渦中の人物だった。

 

この出会いが玲子の人生を大きく変えてゆくことになる。

一方、複雑に絡まった一連の事件は、警察の威信を揺るがし、捜査は思いがけない方向へ……。辿り着いた真実の先に玲子が見たものとは……?

 

 

 

感じたこと・思ったこと

感想・レビュー・評価・口コミ

 

★とりあえず、雨、雨、雨・・。タイトルがインビジブルレインだから・・ですが、最初から最後まで全部雨のシーンと言っても過言ではありません。ただ、一部、「え?これ完全に晴れてるよね??」っていうシーンがあって、そこまでして雨のシーンにしなくても・・と。まあ、天気雨っていうのも現実にはあるわけですが、それが登場すると不自然にしか映りませんよねやっぱり。

 

★姫川玲子の闇が晴れることはあるんだろうかと。。まあ、実際、晴れることはないんだろうと思いますが、やっぱりまだまだ続編が出てきそうな雰囲気がありますね。

 

★三浦友和さんが今回はヤクザではなく警察幹部役。どっちかというと、こっちの方がしっくりくる感じはしますね。ただ、友情出演だけあって、セリフはとっても少ない。

 

★女性刑事ものはアンフェアだったり、それ以外にもあると思いますが、どうしても悪者と恋に落ちてしまうんですよねぇ・・。これって現実にはほとんどありえない気がするんですが、どうでしょう??でも、女性は影のある男性にひかれるとも言われるし、共感できる部分はあるのかな?なんかこの流れは定番すぎてちょっとな・・という気が。。純粋な男性がみたら「なんでやねん!!」ってかなり怒っちゃいそうな気がしますよ。菊田のことどう思っとんねん!!と。女性ってこんなに簡単に落ちてしまうものなのか・・・って思われそうですが、どうなんでしょ実際。

 

★姫川玲子という役が・・というべきか、竹内結子さんが演じているから・・なのか、捜査会議であそこまでハッキリモノ言うキャラクターはちょっと・・現実味がないというか。。実際にいたら確実に浮いてるだろうなと。

 

★このドラマは、レギュラー登場人物の誰にも魅力が無いなぁ・・といつもなんとな~く思ってました。魅力というのは、役者さんが悪いとかそういうことではなく、その登場人物自体にという意味です。でもなぜか気になってみてしまう。雰囲気とミステリー要素が「みたい」と思わせるんですかね。まあ全体的に暗い雰囲気が漂う話ですから、登場人物に魅力がないのはあたりまえかもしれませんが。。

 

★今回の映画では、大沢たかおさんの演じた牧田は魅力あるキャラクターだったかもしれません。そして、今回の映画はほぼ竹内さん演じる姫川と大沢さんの牧田、2人の話でした。レギュラー出演者はおまけ~な感じで。「ドラマがすごく好きでした」って人がみたら、ちょっと違う・・って思うのかもしれないなと。

 

★とは言いながらも、テレビをみていない人にとっては???となってしまうところもあると思うので、テレビをみてない人にはオススメできません。

 

★暴力シーン等、未成年者へみせるのはちょっと・・と思う部分もややあるため、まあ映画での公開の意味はあるのかなと思いました。

 

 ★生瀬勝久さんの井岡・・このドラマにあって、一人お笑い路線という・・(笑)これは良い味だしてますよね。今回はいい仕事もしていますし。

 

★田中哲司さんが刑事部長というのは・・他の作品ではだいたい下っ端役が多いので・・あんまり上役にみえなかったなと。。三浦友和さんのオーラに全負けしてるなと(笑)

 

★鶴見辰吾さんは、最近悪役以外でみたことない気が。

 

 

関連商品

 

インビジブルレイン (光文社文庫)ストロベリーナイト シーズン1 DVD-BOXストロベリーナイト (光文社文庫) 映画「ストロベリーナイト」オリジナルサウンドトラック

このブログへメール 削除依頼について