ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

新年になってから明晰夢を2回もみている

明晰夢とか覚醒夢とか、という言葉を知ってる??

 
似たような状況で使う言葉だけど、これは明確に違うという人もいる。
 
明晰夢とは、夢の中で半覚醒状態にあって、これは夢だと認識して自分の意思で行動できる夢。
 
覚醒夢とは、ほぼ覚醒状態でみている夢で、夢だと気付いた上でさらに夢の内容をコントロールできる。
 
 
正式な言い分けがあるかは微妙だけど、こういう風に言われてるらしい。
 
 
こういう話を聞いた時、あ~あるあるって思ったけど、みんなもたぶんあるよね?
 
ただ、自分の意思で明晰夢や覚醒夢に入ることなんてできない。
 
 
でも、これって良いよね~と思って、明晰夢に入るための方法を調べて実践してる時もあった。
 
結果、全然入れないんだけどww
 
 
その状態に近いと言われているのが、金縛り状態。
 
最近こそ減ったが、金縛りは昔からよくあった。
 
 
頭は起きてるけど、身体が寝てる状態。
 
周りの景色が見えてるけど、起き上がれない状態。
 
 
これ、その時は目を開けてるつもりでいるけど、実はたぶん周りなんてみてなくてたぶん夢をみていると思われる。
 
ただ、あまりにリアルで…というよりも、ほぼ目でみているのと同じ映像で夢の中のぼんやりした感じとは全く違うから、目は見えている と錯覚してしまっている。
 
あれはたぶん…明晰夢なんだろうと。
 
 
で、実は新年に入って確実に2回は明晰夢をみた。
 
たぶん初夢も明晰夢だった。
 
残念ながら覚醒夢ではなかったけど。
 
 
内容がけっこう怖くて(笑)
 
気がつくと目の前に、明晰夢のゲートみたいなのが出てきた。
 
ゲートの前にホテルマンみたいな「係りの人」がいて、明晰夢の入口を通るように促してくる。
 
で、この時に以前読んだ明晰夢の解説を思い出した。
 
「この夢の中は大変居心地が良いため、深層心理で本当に覚醒することを拒否し、戻ってこられない つまり起きられなくなる人もいるという」
 
ホテルマンは何のリスクの説明も代償も求めることなく、どうぞどうぞと。
 
…あとから考えたらこの時点ですでに、これは夢だ と気付き、自分でどう行動するか考えてたので、もう明晰夢に入ってたんだけどww
 
そうこう悩んでいるうちに意識がはっきりしすぎてきて、夢の世界が白く変化し、目が覚めた。
 
 
…ホテルマン、何か他にも言ってたな…
 
よくは思い出せないけど、
 
ここを通ると、ほら、あの時のあれがありますよ?あれですよ?
 
何かそんなこと言ってて、だから入ろうか迷ったような…
 
ただ、あの時も、アレも全く思い出せない。
これについては夢の中ではわかってた気がするけど、起きたら忘れてしまった。
 
あれは…いったい…
 
 
次にあのゲートが現れても、あそこを通過するのはかなり勇気がいるきがする。
 
 
そして昨日今年2回目の明晰夢をみたけど、この時はゲートは現れず、ただ夢の中だと自覚できただけだった。
 
昔何度か「覚醒夢」の方もみられたことがあったけどな・・
 
 
みられた状況に共通しているのは「疲れた状態にも関わらず速攻で寝るというよりも、少しずつ少しずつ眠りに落ちていくような感覚」だったこと。すぐに寝るとこの状況は現れないらしい。
 
 
もし僕が起きてこないことがあったら、これだと思ってくださいww
ひなぴし 顔だけ黄色い人 テーマパークのブログ 鉄道のブログ 日本史のブログ
このブログへメール 削除依頼について