読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

科学的に美味しいチャーハンの作り方!誰でも超絶おいし炒飯レシピ!林修先生の今でしょ講座まとめ

レシピ

スポンサーリンク

チャーハン・・誰でも作れそうな料理なんですけど

これが実はけっこうむずかしい。

 

いろんな料理が得意な人に聞くと

実はけっこうみんな作り方が違ったりして。

 

おいしい炒飯とは

パラパラしてる、べちゃべちゃじゃない

そういうイメージなんですけど、

実はそれを考えすぎて、たいていの人が炒めすぎているそうです。

 

その結果、うま味や水分を逃しすぎてしまっているとか。

 

テレ朝「林修の今でしょ!講座」で

「科学の力で料理を作ろうスペシャル」

ということで、チャーハンを美味しく作る方法を伝授してくれていました。

まとめたいと思います!

 

大阪王将 直火で炒めた炒飯 1kg 冷凍

 

パラパラに作ろうとして

パサパサまでいってしまっている炒飯が世の中には多いとか。

 

お米の水分を残すことで、ふっくらしてパラパラのチャーハンを作ることができるとか。

 

 

科学的につきつめることで

プロの技術を使うことなく、美味しいチャーハンを作ることが可能になるみたいです!

 

 

★チャーハンに使うご飯にはどれが最適か

・炊きたてごはん

・冷凍したごはん

・冷めたごはん

 

これ、正解は「炊きたてご飯」だそうです。

水分が豊富であることが重要だそうです。

 

 

★チャーハンをパラパラにするための下ごしらえ

料理の腕は関係なく、誰でもパラパラにできるそうです。

炒める前のご飯に次のものをかけます。

 

・水

ご飯がほぐれる程度のみずをかけるそうです。

炊きたてのご飯は表面にでんぷんが糊状についているそうです。

これを水によって剥がす、これがパラパラにできる工夫の1つだそうです。

 

ご飯をザルに入れて、スプーン等で少しずつ水をかけながら

箸でごはんをほぐします。

水をかけ過ぎないように注意。

ごはんがうまくほぐれればOKだそうです。

ザルでやることで、余分な水は下に落ちてくれます。

 

ちなみに、中には水でごはんを洗う人もいるそうですが

それだと水がつきすぎてしまうようです。

 

 

・油

お米の表面を油の膜でコーティングするのが目的。

お米に含まれる水分の蒸発を防ぐことができるそうです。

ザルに入れたごはんに油をまわしいれて、

また箸でごはんをほぐしていきます。

 

あまりかけすぎるとあぶらぎった感じになるので注意。

 

 

★チャーハンの炒め方

鍋は振りません。だから誰にでもできます。

弱火で炒める、というのが基本。

 

フライパンに油を入れる。

入れ過ぎないように。

そして卵を入れる。

そしてフライパンを弱火に。

 

卵をヘラでまわしながら火にかけていきます。

タンパク質は急に加熱すると縮んでしまうため弱火が良いと。

 

弱火で2分程度、

卵が固まり始めるまで炒めます。

半熟なスクランブルエッグぐらい。

 

そこにご飯を入れて傷めます。

ヘラで切るように弱火のまま炒める。

とにかく切るように。

弱火で切るようにかき混ぜながらずっと炒める。

ご飯に火が通ってきたな

と思ったら、塩を入れる。

 

塩はご飯の量の0.8%程度が美味しいらしいです。

たとえばご飯が170gであれば、塩は1.3g程度です。

 

あとはご飯がパラパラになるまで切るように炒めればOK。

 

弱火のため時間はかかりますが

この方法がふっくらパラパラに作るための

 

 

★仕上げ

最後だけ強火。

強火で炒めると香ばしさが増すそうです。

 

これは強火でないとでない香りだそうです。

 

ごま油を適量投入。

 

強火にして20秒程度炒めるだけ。

終わったら火をとめて、予熱がある状態で

こしょうを少々かけて・・完成!!

 

 

これだと、ただパラパラ・・というか、パサパサではなく

パラふわと言えるような、ご飯のモチモチ感も残った美味しいチャーハンになるとか。

 

卵もふわふわだそうです。

 

これだと、この炒飯が冷めても美味しいとか。

 

 

ちょっとまだ時間が取られていないのですが

ぜひやってみたいと思います!!

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+