読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

東京・神田「うな正」ランチ写真・感想・口コミ・評価・評判・レビュー、格安の国産うなぎ

ランチ

スポンサーリンク

神田の街へ行く機会があり、

昼ごはんどうしようかな〜〜とさまよってまして。

 

実はラーメン屋さんへ行こうと思ってたんですけど、

そのラーメン屋さんにたどりつく前に

人がたくさん待っている鰻屋さんにでくわしました。

  

そういえばしばらくうなぎ食べてないなぁ・・

と思い、

 

思わず足を止めてしまいました。

 

f:id:AR30:20150331144151j:plain

 

はい、先に出しちゃいました。

これ、このお店

 

神田「うな正(うなしょう)」の

うな重 1,350円です。

 

f:id:AR30:20150331144245j:plain

 

右側がお店の入口で、左側ではうな丼弁当を売っていました。

 場所はこちらです。

 

昼の11:30ぐらいに到着したのですが・・

1階のカウンターは満席で5名ぐらい待ち状態でした。

2階にも席があるみたいで、複数人で来店してる人はそちらへ通されてました。

 

主なメニューはこちら。

f:id:AR30:20150331114202j:plain

 

安い。

安いんです。

 

これに惹かれて、入ってしまいました(笑)

 

で、もうひとつアピールポイント。

f:id:AR30:20150331114205j:plain

 

この値段で・・国産!?

 

ということで、これは食べてみようかと。

 

ちなみに、うなぎを扱う店でありながら、

居酒屋のようなメニューもおいているみたいです。

 

うなぎって注文してから焼く時間があるから・・

けっこう待つんだよねぇ〜〜

 

なんて思ってたら。

 

注文から2分後ぐらいに

注文した「うな重」がきました(笑)

早っ!(笑)

f:id:AR30:20150331144940j:plain

 

どうやら、昼の時間は絶え間なく人が来るからか

きっとどんどん焼いているんだと思われます。

まあ平日の正午前でこれですからね・・

 

そういえば「アド街ック天国」で紹介された

というようなポップもあったので、そこそこ有名なんだと思います。

 

おしんことお吸い物はおかわり自由ですよ〜〜

というようなことを女将さん的な方がおっしゃってました。

 

f:id:AR30:20150331145231j:plain

 

肝心な味ですが・・

 

正直に言います。

 

 

まあ・・まぁ・・という感じ。

これは好みもあると思うんですが。

 

 

お吸い物が・・味薄すぎ(笑)

これはぼくが濃い味に慣れすぎてるのか(笑)

 

 

うな重がきて食べ始めて最初にびっくりしたのは

「あれ?味がない・・」

 

と思ったら、タレは自分でかけるみたい(笑)

こういうの初めてなんですけど(笑)

え?東京はこうなんですか??

f:id:AR30:20150331145422j:plain

 

で、うなぎのタレをかけてみて食べたら・・

 

うーん・・醤油っぽいなと。

 

甘みが少なめ。

 

 

これもたぶん好みです。

 

ぼくはけっこう甘い方が好きなので・・ちょっと残念・・

だけど、各所のレビューをみるとみなさん「美味しい」と言っているので

これも東京の人の好みなのかもしれないですね。

 

ぼくはちょっと醤油が強くて甘みが足らないように感じてしまいました。

 

 

・・が、いろいろ総合的に考えても

 

国産うなぎをこの量でこの価格で食べられる

というだけでコストパフォーマンスは最高クラスだと思います。

 

 

隣のおっちゃんはうな丼を食べながら、昼からビール飲んでました。

 

うな丼ダブル頼んでる人も多かったですよ。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+