読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

東急電鉄が天然アロマで改札口を演出する意味がわからないww

鉄道

スポンサーリンク

2016年1月25日に、東急電鉄さんが

東急線の改札口や渋谷駅構内の観光案内所など
17駅23カ所で天然アロマによる香りの空間演出を開始します!

 というニュースリリースを出しました。

東急電鉄―街と駅の1世紀 懐かしい沿線写真で訪ねる

www.tokyu.co.jp

 

概要は・・・こんな感じです。

 

【運用開始日】 2016年 2月 1日(月)


【設置場 所】 渋谷駅(ヒカリエ1改札、ヒカリエ2改札、宮益中央改札、ハチ公改札、
東急東京メトロ渋谷駅観光案内所、渋谷ちかみち総合インフォメーション)、
中目黒駅、自由が丘駅、田園調布駅、綱島駅、菊名駅、横浜駅(正面改札、南改札)、
大岡山駅、三軒茶屋駅、二子玉川駅、鷺沼駅、あざみ野駅、青葉台駅、長津田駅、中央林間駅
大井町駅、蒲田駅


【運用時 間】 初電から終電まで
※東急東京メトロ渋谷駅観光案内所 10:00~19:00(年末年始を除く)
渋谷ちかみち総合インフォメーション 10:00~20:00


【運 用】 毎月駅毎に12種類のブレンドアロマから駅の判断で使用する香りを選定します。
使用するブレンドアロマの種類は改札付近に表示します。


【使用 アロマ】 天然100%エッセンシャルオイルブレンド
・オレンジグレープフルーツ
・フラワーオレンジ
・ホーウッドオレンジ
・シトラスライム
・グレープフルーツミント
・レモンユーカリ
・ユーカリラベンダー
・フォレスト
・グリーンミント
・ピュアグリーン
・ラベンダーハーブ
・サンシャイン 全12種類


【使用機 器】 アロマディフューザー「all in one type 145S」


【協 力】 アットアロマ株式会社(東京都世田谷区三軒茶屋)

 

 

えっと・・(笑)

これ、何のためにやるんですかね(笑)

 

 

改札口って・・・人がたまったら、困りますよね(^_^;)

鉄道事業者としては。

 

できるだけ早く通り抜けてもらいたいところで

「香りを楽しんでいただきたい」とはどういう意味なのか・・(笑)

 

 

香りのサービス

という気持ちかも・・しれないんですけど、

香りってサービスにならないと思うんですよね。。

 

というのも、電車に乗る人達は、香りを選べないわけじゃないですか(笑)

 

田園調布駅から乗る人が、この香りがイヤだから、

自由が丘駅からの通勤に変えます!!

 

ってありえないわけですし(笑)

 

 

香りって・・好きな人は好きですが、

イヤな人はイヤですからね。。

 

これがOKなんだったら、駅員の香水もOKなんじゃないか?

と思ってしまいますけど(笑)

 

どう考えても、サービス業で、接客する人が香水をつけるとかありえない。

なぜなら、「イヤと思う人もいるから」です。

 

 

駅なんていう公共の場といえるところで香りって・・

 

微妙だな〜〜と思いました。

 

 

まあ、「あっいい香り♪」と思う人もいるんでしょうけどね。

 

 

・・・と、まじめに考えてしまったんですが

これってもしかして、最後に書いてあった会社のプロモーション・・

つまり、アロマディフューザーの宣伝だったりして・・

 

いやぁ・・だとしたら、なおさら・・(笑)

 

 

あと、ふと思ったんですが、

外国人の人ってこういうの、どう思うんですかね。

 

どちらかというと、日本人よりも外国人の方が、香水を使ってる人は多い気がします。

 

たぶんですが、体臭が濃いめの人が多いからかなと思うんですが。。

 

 

ただし、外国人の人の好きな香水って、

日本人とはほぼ違うと思います!!!

 

 

外国人の人が乗っていて、降りてすぐの観覧車ゴンドラへ

「はい、どーぞー」と案内されて中に入ったとき

 

モワッと、すごい勢いで香水のにおいがやってきました(^_^;)

 

ココナツですかねあれ。。

 

 

あれが好きな人にとっては、逆に、オレンジとかミントって

嫌なんじゃないの、みたいな(笑)

 

いや、香水は全般好きなんですかね??

 

 

もし単純に「お客様のため」と、費用をかけてやってる取り組みだとしたら

鉄道会社としてはそこじゃないでしょー金かけるとこは。。と思っちゃうんですが。

いかがでしょうか(笑)

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+