読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

ICカード1円単位精算はJR東日本のみ、その他JR5社は10円単位

鉄道

スポンサーリンク

関東・首都圏に住んでいる人にとっては・・そろそろ当たり前になりつつある

電車の1円単位運賃。

 

消費税が5%から8%になった時に、

JR東日本が、切符は10円単位の運賃、ICカード(SuicaやPASMO)は1円単位の運賃で申請したためです。

 

2014年4月1日からですかね。

消費税が8%になり、JR東日本のICカード運賃が1円単位になったのは。

 

JR東日本がやるなら・・ということで、

関東の大手私鉄はほぼ全部、同じくICカードは1円単位の料金になっています。

 

鉄道のお得技ベストカタログ (三才ムックvol.749)

 

 

これ、他の地域から来た人には・・

あまり理解できないかもしれないですね。

 

 

JRでも、JR東日本以外の

JR北海道、JR東海、JR西日本、JR四国、JR九州の5社は

ICカードも10円単位だからです。

 

なので、私鉄に関しても、関東以外の私鉄は10円単位(だと思います)

 

 

逆に、今、東京近郊・首都圏に住んている人が地方に行って電車に乗った時

「あれ?!なんで10円単位なの!?」って思うこともありそう。

 

 

これ・・・

実際のところ、JR東日本以外の地域の鉄道会社も、本当は1円単位にしたいんですかね??

 

消費税8%になる、2014年4月時点で、この運賃の決まりに差が出たのは

ICカードの利用率に差があるから、と言われています。

 

 

関東ではICカードの利用率が8割を超えるのに対し、

関西・・大阪近郊では、4割程度ということで・・(今はもう少し上がってるかもしれませんが)。

 

関西では、割引きっぷを利用する人が多いらしいです。

 

 

地方はもっと利用率が低いみたいで。。

 

まあ、地方の場合、東京と違って、通勤が電車ではない人が多いでしょうからね。

たまにしか乗らない電車の、定期券を持ってる人も少ないのかもしれません。

定期券を持つなら、ICカードで・・という人は多そうですからね。 

naita.hatenablog.com

 

 

大阪だったら、定期券持ってる人そこそこいそうですけど、

たしか・・JR西日本のICOCAは先払いチャージ方式ですが、

PiTaPa(ピタパ)は、後払い方式と聞いたような・・なんかクレジットカードみたいですよね。

 

だから、クレカを持たない!という人がいるみたいに、

PiTaPaもやめとこ、って人が多いのかもしれませんね。

 

 

ICカードの利用者が多ければ、ICカードの方が安い!っていうのは受け入れられそうですし、今持ってない人にも「IC買えば安いよ」ってオススメできますが

IC利用者が少ないと・・難しい。

 

ということで、

 

関東・首都圏以外は、ICカードも10円単位での精算だそうです。

 

 

ただ・・鉄道会社にとって、1円単位の運賃を導入することにメリットってあるんですかね??

 

10円単位の方が高いから儲かる・・ってわけではなさそうですけどね。

8%消費税になる時の運賃値上げの際は、たぶん全体でちゃんと5%→8%の差額分だけが上がるように調整しなさい、という話だったと思いますし。

 

1円単位の運賃を導入するメリットが・・よくわからない。

 

 

精算金額がややこしくなるだけなんじゃないかと思うんですが・・

どなたか知ってたら、教えてください、鉄道会社にとってのメリット(笑)

 

 

 

ちなみに、

今度は消費税10%になる見込みですので、その時もまた鉄道運賃は上がると思います。

 

その時に、JR東日本以外の地方でも1円単位の運賃が導入されるのかは・・

 

 

あっ、ちなみに、もし10%になっても、

関東の鉄道会社でのICカードは1円単位になります(笑)

 

 

10%だから、10円単位に戻るのでは?!という気もしますが・・

 

 

たとえばですが、

東京メトロの最短経路運賃は、現在ICカードで、165円です。

(切符だと170円)

これは消費税8%になって以降の金額です。

 

では、その前は・・というと、

消費税5%で、ICカード利用160円でした。

(切符も160円)

 

つまり、本来の運賃は・・細かくいうと、約153円だったということですよね(笑)

 

だから、例えば、消費税が10%になると・・

たぶん168円になるのではないかと思われます。

切符の料金は170円のままと思われます。

 

 

ややこしくなるだけと思われる、1円単位を、

JR東日本が積極的に導入した意味は・・

 

やっぱり、Suica普及がJR東日本にとって儲かる可能性が高い!と判断したからなんですかね。

 

「Suica買いなよ」ってことなんだと思います。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+