読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

左側の打席なのになぜ右打ち・右バッターと言うのか

野球 スポーツ

スポンサーリンク

ぼくはサッカーをやってた方で、野球のことは正直よくわかりません(^_^;)

ルールはだいたいはわかってるつもりですけどね・・

フィルダースチョイスあたりはちょっとあやしいですが(笑)

 

昨日たまたまプロ野球の巨人軍・読売ジャイアンツの選手一覧を見る機会があったんですよ。

 

そこには選手名とポジション、それと

「右投げ・右打ち」というような情報が書いてありました。

 

そこで、なかには

「右投げ・左打ち」の選手もいたりして

右で投げるのに、左で打つなんて器用だなぁ〜〜とかなんとなく思ってました。

 

右打ち・左打ちが、ホームベースのどちら側の打席に立つかはわかってるんですが

 

その時にふと思ったこと。

 

なぜバッターからみて

右側に立つ人を左打ち

と言うのか

 

よく考えるとふしぎじゃないですか・・(笑)

 

打つ人からすると、打席に入るときに

ホームベースの左側に入る人のことを

右バッター・右打ちと言うのって。

 

しかも、バットの握りも・・

右バッター・右打ちの人は右手が上に来るわけですが

打つときには下にある左手が前に来ますよね。

 

ということは、ピッチャーが投げたボールに合わせて

バットをコントロールするのは左手な気が・・

 

右利きは左手でコントロール?

 

これ、ちょっと調べてみてわかったのですが

 

右利きの人で左打ちする人がいる理由の1つには、バットをコントロールするのが利き手の右手になるのでその方がうまくボールにバットを合わせられるから

というのがあるそうです。

 

なるほど。

逆にうしろに来る手で力を加えるから・・

 

右利きで左打ち → 技巧派が多い

右利きで右打ち → パワーヒッターが多い

 

みたいなことが大まかに言えるようです。

 

 

イチローさんは、右投げ・左打ちだそうですね。

MLB シリーズ1 I.SUZUKI Seattle Mariners

MLB シリーズ1 I.SUZUKI Seattle Mariners

 

 

左打ちは打席の位置が1塁に近いので、内野安打が生まれやすい。

また、投げる方は、野手だと左投げは外野か1塁手ぐらいしか無理・・なので、右打ちが有利だとか。(たしかに内野は左投げだと、2塁手・ショート・3塁手は捕球したあと投げる前に向き直す必要がありそうですね)

 

ということで、

野球で野手をやるなら、右投げ左打ちが有利みたいですよ。

 

 

なんだか不思議な感じがしますよね。

右利きの人はなぜか、バットのコントロールは左手でする、と。

 

これバットだけじゃなくて、たとえば斧(おの)を扱うとして

斧を持ち振り下ろす動作をする場合も同じです。

右利きの人は左手が下にきます。

 

バットコントロールを左手でしている、というよりも

力をしっかり加えるために右手をうしろに持ってきている

ということなんですかね・・?

 

 

ふむふむ。

 

だがしかし(笑)

 

左側の打席なのになぜ右打ち・右バッターと言うのか

 

ということの答えにはなってません(笑)

 

 

左側の打席なのになぜ右打ち・右バッターと言う理由

実は、簡単に調べてみたんですが、確定的な答えは見つかりませんでした(^_^;)

もしかすると

 

右利きの打ち方だから右打ち

 

と言うだけなのかもしれません(笑)

 

いろいろ説があったので、ご紹介したいと思います。

 

★軸足で考える

右打ちの場合、左手が前なんですが、打つ時に軸足になるのは右足です。

左打ちの場合は左足。

 

だから、軸足で右左が決まっていると。

ちなみに、ピッチャー投手の場合も、右投げは軸足右で左投げは軸足左です。

 

★ピッチャー視点で考える

投手からみたら、たしかに右側にいるのが右打者、左側にいるのが左打者ですよね。

ただ・・野球で言う「右」「左」が全て投手目線かというとそうでもありません。

たとえば、ライトは右翼ですが、これは打者目線だと思います。

 

★力を入れる方の手

右利きだとバットは下を左手、上を右手で握り、

バットコントロールは左手でやりつつ、力は右手で加える。

ということで、実際に打ち返すのは力を加えている右手でしょ?という。

 

 

★結局、右利きがよくやる打ち方

やっぱりコレが最も有力な説な気がします(笑)

 

英語での言い方だと

 

右バッター right handed batter

 

左バッター left handed batter

 

と言ったりするそうです。

 

right handed の英語の意味とは

右ききの、右手による、右手用の、右回りの、右旋(性)の、右巻きの

 

だそうです。

 

 

野球の本場、アメリカでこう言われているということは

やっぱり

 

右利きがよくやる打ち方

 

っていうのが最も正しいのかもしれませんね(^_^;)

 

 

ただ、正解は結局、謎ですが(笑)

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+