読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

aiko「恋人から歌詞と全然ちゃうと言われたことある」「ボクらの時代」有野晋哉、木本武宏

TV 芸能人

スポンサーリンク

フジテレビ「ボクらの時代」の内容まとめです。

 

・歌手、aiko

・芸人、TKO  木本武宏

・芸人、よゐこ 有野晋哉

 

この3人ってaikoさんがデビューする前から知り合いだったそうです。

知り合いというか、もともとaikoがよゐこ、というか有野のファンだったとか。

 

番組内では、その頃送られたファンレターも読まれていました。

 

もちろんファンなのでライブとかを観に行って、有野の出待ちなんかもしてたそうです。

 

たぶん、純粋に好きだったみたいですね〜

 

 aiko

プラマイ(初回限定仕様)

プラマイ(初回限定仕様)

 

 

 TKO木本 (左)

 

 よゐこ 有野

 

 

 

よゐこが出演するライブにはTKOも出演しており

高校生だったaikoは「歌手になりたいんです」というような話をしていたそうです。

 

ある時からライブに来なくなったな〜と木本が思っていたら

ラジオ局で新しく始まる番組のMCを紹介しますと言われて出てきたのがaikoだったとか。

 

その頃のaikoはまだ駆け出しだったので

カラオケに行ったりすると「売れたい〜〜!!!」とか叫んでいたそうですが(笑)

木本が「頑張れ!!」と言っていたものの、あれよあれよと、TKOはほったらかしてすぐに大スターになっていったそうです。

 

 

木本&aikoは連絡先をお互いに知っているそうですが

有野&aikoは知らないそうで。

というのも、有野が教えないそうです。

 

というのは、「ファンには手を出さない」という考えからだそうですが・・(^_^;)

仲は良いみたいですよ。木本経由で連絡を取り合うそうです今は。

 

 

aikoはけっこう独りで過ごすのが好きみたいです。

なので芸能界の友達は少なそうですが、最近仲がよくなった人として

PUFFY亜美が挙げられていました。

 

 PUFFY亜美 (右)

amiyumi

amiyumi

  • アーティスト: PUFFY,奥田民生,大貫亜美,八熊慎一,吉村由美,井上陽水
  • 出版社/メーカー: エピックレコードジャパン
  • 発売日: 1996/07/22
  • メディア: CD
  • クリック: 9回
  • この商品を含むブログ (29件) を見る
 

 

東京へいって、遊びすぎて曲がかけなくなった人をたくさん知ってるから

交友関係をどんどん広げようとは思わないそうです(笑)

 

普段はマネージャーと近くの和食屋さんで食事をして・・

自宅に帰ったら、AMラジオを聴いて・・というような毎日だそうです。

けっこう夜更かしで、いつも朝の8時〜9時まで起きてるとか。

 

 

有野「ずーーっと貯金してんねや?」

 

wwww

 

aiko「(笑)そう、貯金してる。何があるかわかれへんし」

 

とのこと(笑)

 

 

ちなみに有野はお金を使うのかと聞かれ、披露した話は、

結婚祝いに炊飯器を贈ったという話。

 

贈った相手は千秋。

贈ったものは炊飯器。

 

でももう1人に贈っていてそれがココリコ遠藤章造(笑)

 

実は同じ炊飯器を色違いで贈ったそうです(笑)

 

 

楽曲に自身の経験が反映されているかという話には

反映されているが、そのままの自分ではない、と。

 

昔、恋人から

「歌詞と全然ちゃう」と言われたことがある

と言ってました。

 

 

・・これは・・TOKIO国分太一さんなのか・・

と想像してしまいますが、まあもう40歳ですからね、他にもいっぱい恋愛してますよねそりゃあ(笑)

 

 

実体験から歌詞は作っていくそうですが

そこから発展してその先まで想像してかいていくそうです。

 

 

楽しいときは、こんな楽しいことはすぐ終わってしまうんじゃないか

と想像して曲ができるそうです。

 

だから悲観的な曲が多いと。

 

 

両親が離婚して小5ぐらいから親戚の家で育った。

そこでは部屋に閉じこもってラジオを聴いて、学校ではワ~っと遊んで

毎日夜更かしして・・

という子だったそうです。

 

孤独をいつも感じていて、恋愛をすると

もう2人でいられたらいい、という感覚になるとか。

 

 

スタッフからはもう少し明るい曲がないと

「あいつ大丈夫か?」とか思われるで、と注意されるそうです(笑)

 

 

「年甲斐もなく恋愛の曲とかかきやがって」というネットの書き込みに

「ちっ(舌打ち)まじかよ・・」

と凹んだりもしたそうですが、

 

まあかきたいものを書かないとダメか、と

今は思い直したんだそうです。

 

 

TKO木本が感謝していたこととして

aikoがライブでTKOの名前を出してくれて宣伝してくれたりということがあって

すごく嬉しかったと。

 

ただaikoからすると宣伝するつもりがあったわけではなく

単純に自分は知ってるのにみんなは知らんの?!みたいな感覚だったとか。

 

 

 

ということで、aikoさんは

今も高校生のまんまなのかもな〜

という印象でした。

 

 

よゐこのシュール系の笑いが好きっていうのは意外(笑)

おっかけまでやってたということはかなり本気ですもんね。

 

自分で曲をかいたりする人ってあんまりそういうイメージがない

(自分が一番で、他の人に憧れたりしない?)

ので、

なんとなく親近感がわく、そういうアーティストだな〜と思いましたね。

 

50歳になっても、恋愛の曲、かけますよ!きっと(笑)

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+