読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

カップラーメンレビュー「CoCo壱番屋とろ甘カレーうどん」感想・口コミ・カロリー・写真

カップラーメン

スポンサーリンク

甘口派に捧げる

という言葉にやられました(笑)

 

カレーは甘口を選ぶタイプです。

 

まあカレーうどんでめちゃめちゃ辛いっていうのは

あんまり出くわしたことないんですけどね。

 

ココイチでも甘口を選びます。

 

 

どうやら、後入れソースで甘くするものみたいです。

 

お湯の量は500mlと多めなので注意。

 

 

カロリーは

500kcalです。

 

 

そしてこちらがとろ甘ソース

 

で、これはすでに、とろ甘ソースを入れてまぜた状態です。

 

とろ甘ソースは・・

茶色のどろっとした液体です。

 

なめてみたら・・

 

これは、カラメルソースっぽかったですね。

あのプリンの黒い所みたいな感じ。

 

これを入れる量が多くなればなるほど甘くなると。

全部入れてみましたが、全部入れると相当甘くなります(笑)

ちなみに、辛さは甘みとは別にありますね。

 

甘さっていうのが最初に感じられて、そのあとに辛みがくるようなので

甘みと辛みって別に感じるものなんですね。

 

なので、甘さと辛さが共存している状態です。

 

 

食べてみて思ったのは

ここまで甘くなくてもいいかなということ(笑)

 

たぶん、とろ甘ソースの量を調整すればよかったんですかね(^_^;)

 

 

カレーうどんは、やっぱり

家で作ったカレーの残りで作るのが美味しいかもしれないです。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+