読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

ひまわりを無料で持ち帰りできるオライ蓮沼!子供にひまわり畑を体験させる

子育て お出かけ

スポンサーリンク

千葉県・九十九里浜の殿下海水浴場へ遊びに行った帰り道、

高速道路に乗る前にあった道の駅・オライ蓮沼に立ち寄りました。

 

 

ここが良かったので、ちょっと感想レビューなど。

 

oraihasunuma.com

 

こんなにすごいイベントをやっているのに、公式サイトには一切情報が載っていないようなんですが・・

 

 

このオライ蓮沼の裏手にはひまわり畑があり、

そこで写真撮影するのもとても良い記念になるのですが

それだけでなく、ここに咲いているひまわりを1人5本まで摘んで帰って良い

 

というスペシャルなイベントが開催されていました!!

 

 

裏手には、すごい数のひまわりが咲いていました。

 

このひまわりを、なんと

「ご自由にお摘みください」とのこと!

 

これはすごい。

 

こういう看板で誘導してくれます。

 

このイベント毎年行われているのかは定かではないのですが

ネット上の情報によると、2014年の夏にも「ひまわり摘んでOK」があったようなので・・

最近はけっこう開催されているのかもしれません。

ちなみに、2014年は「1人2本」と書いてあったそうな。

もしかしたら、けっこう余ったから、「5本」に増やしたのか・・

 

とにかく、かなりの数のひまわりがみられます!

 

 

これ、子供にもすごく良いと思いました。

まずはたくさんのひまわりを見て綺麗ですし、それだけで夏を体感できる気がしますし

また、ひまわりを摘む体験もできます。

 

これがしかも・・無料・・すげえ・・

 

 

ちなみに、現地に貼ってあった情報によると

千葉県内の道の駅で、このオライ蓮沼は集客数2位とのことでした。

 

なのに、ひまわり5本まで無料!?

これ、数百円でも参加しますよ!!!

 

もっと子供連れにアピールした方がいいんじゃないですかね??

 

 

ぼくらは殿下海水浴場へ行った帰りに寄ったんですが

 

www.hinapishi.com

 

みんな来ますよ、これ。

 

まあ・・駐車場に限りがあるので、みんな来られても困るのかもしれませんけど(笑)

 

 

このひまわり無料摘み体験、いつまでか記載はなかったんですけど

きっと「無くなるまで」もしくは「ひまわりの時期が終わるまで」なんでしょうね。

 

 

もうけっこうな数が摘まれてはいましたが、それでもまだまだたくさんありました。

 

 

 

 

それ以外にも、これは行ったタイミングが良かったのか

たまたま、カブトムシが木に離されていて、触ることができました。

 

f:id:AR30:20160807132857p:plain

 

うちの子、つい最近もカブトムシとふれあう機会はあったんですが

しっかりつかまえることができたのは、今回が初めて。

本人もすごく喜んでました。

 

ただ、このカブトムシは、ひまわり畑から帰ってきたらいなかったので

時間限定で開催されていたのかもしれません。

 

 

また、このオライ蓮沼では、果物や野菜を買って帰りました。

たぶん、近隣農家から持ち込まれたのかなという夏野菜が

全般に相当やすかったです!

 

トウモロコシはたぶん採れたてっぽくて

帰宅後食べたらすごく甘かった・・

「ゴールドラッシュ」という美味しい品種のものが3本300円でした。

 

梨は10個で1000円。

ほかにもいろいろ。

 

 

ということで、大人がお土産(というか野菜・果物)を買うのにも楽しい。

 

 

殿下海水浴場や蓮沼ウォーターガーデンへ行った帰りにはぜひ

オライ蓮沼へ(笑)

 

あ、回し者ではありません(笑)

単純に楽しかったので。

 

 

ちなみにうちは

 

殿下海水浴場→オライ蓮沼→酒々井プレミアム・アウトレット

というコースで1日遊びました。

 

このコースお子様連れにも大変オススメですよ★

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+