読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

iPhone7/Plus 本革手帳型ケース、Amazon人気オススメランキング!ぼくは本革レザーにしました

iPhone

スポンサーリンク

iPhone7、iPhone7プラスを予約・購入した人は

もうすでにケースカバーも用意されてますか??

 

届いたその日から、破損故障の可能性があるので

届く前から準備しておくことをオススメします。

 

 

さて、ぼくは広くいろんなケースをいつも見ているのですが

僕が今回のiPhone7プラスに使うケースとして選んだのは・・

 

本革の手帳型ケース

 

です。

 

正直、ちょっとデメリットもあるんですよ。

それは、

本体の形状や色を楽しみにくいところ。

 

まあ、形状についてはあえて楽しまなくてもいいんですが

色についてはちょっと楽しみたい気も・・というのも、今回買っているのは新色のジェットブラック。

 

せっかく新しく、しかもかなり綺麗な見た目であろうジェットブラックをせっかく買うのに、それが・・手帳型ケースはちょっと楽しみづらいんですよね。

 

というのは、手帳型ケースはほぼ全面を覆うタイプのものだからです。

だから普段からいつもそのiPhone7Plusの色を目にする、ということはないかもしれません。

 

ただ、まずAppleの公式発表で

「ジェットブラックはかなり傷つきやすいから、それを避けたいならケース・カバーをつけた方がいいよ」

というのがあって、ということは色がハッキリみえるような使い方だと、きっと本体の色がはげちゃったり傷がついたりするんだろうなと思いました。

色がハッキリみえる使い方とは、本体そのままで使う場合もあるし、ケースでもけっこう薄めのものとか。

 

・・傷はつけたくないので、この考え方から、ケースは必須。。

 

また、色は自分が楽しめればいいか、という考え方もあるし、ずっと見ているものでもないので、楽しみたいというときだけ、慎重にケースを外せば良し!

そう思いました(笑)

 

まあ・・色を楽しむことよりも「壊れない」ことの方が大事ですからね・・(笑)

 

これまでの経験上、いろんなケースがありますが

傷がつきにくく壊れにくさでいうと、レザーとかフェイクレザーのケースはかなり能力が高い。

 

 

また、メリットとしてけっこう大事なのが

 

・安っぽくみえない

 

ということ。

せっかくのiPhoneでも、ケース1つで安っぽく見えます。なので、そうならないようにする。これも手帳型ケースだと成し遂げられることが多いです。とくに本革だと。

 

また、

 

・手触りの良さ

 

これ、けっこう大事で。

毎日、長い時間手にもつものなので、手触りが良いというのはけっこう重要なポイントで。

レザーケースは手触りが良いんですよ。

 

 

ということで、ぼくはレザー・本革ケースがオススメです!

 

iPhone7/Plus 本革手帳型ケース、Amazon人気オススメランキング

僕が選んだiPhone7Plusケース

まず、最初に、僕が今回iPhone7Plusに使うことにして買ったケースをご紹介します。

これです↓

 

 

 

・安っぽくない ・手触りが良さそう

が購入決定理由ですが、一番気にいったのは、色ですかね(^_^;)

色はブラック・ブラウン・ピンクもあるんですが、ぼくはこの「ブルー」が革の色としてはすごく好きで。

高級感あるんですよね〜。

 

ということで、ぼくはこれを使うことにしました。

 

他にも、本革のiPhone7/iPhone7ケースがアマゾンにはたくさんありますので

人気のものをオススメ順にご紹介します。

 

iPhone7 本革ケース

 ビンテージレザーがめちゃかっこいいです。

 

 マグネット式が使いやすい

 

 ELECOMなら安心

エレコム iPhone7 / アイフォン7 レザーケース 本皮 ブラウン PMWA16MPLFHBR

エレコム iPhone7 / アイフォン7 レザーケース 本皮 ブラウン PMWA16MPLFHBR

 

 

 衝撃防止をうたったケース

 

 

iPhone7Plus 本革ケース

 ビンテージレザーは高級感高し

 

 ブックタイプで本当に手帳のように

 

 衝撃防止保護が可能

 

 財布型がかっこいい

 

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+