ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

映画「キサラギ」を観て面白かったところ。小栗旬、ユースケ・サンタマリア、塚地武雅、小出恵介、香川照之

映画キサラギの感想・口コミ・評価・評判・レビュー

 

映画「キサラギ」をWOWOWで観ました。

この映画、むかーしみたことあったんですよね。

なんとなく面白かったという記憶があったので、WOWOWで放送されていたものを録画してあらためて観てみました。

 

WOWOWはおすすめです!

こちらから詳しい情報がわかります↓

 

キサラギ プレミアム・エディション(新・死ぬまでにこれは観ろ! ) [Blu-ray]

キサラギ プレミアム・エディション(新・死ぬまでにこれは観ろ! ) [Blu-ray]

 
キサラギ (角川文庫)

キサラギ (角川文庫)

 
シナリオ版 キサラギ

シナリオ版 キサラギ

 

キサラギのストーリー・あらすじ

あるビルの一室に、五人の男達がいた。家元(小栗旬)、オダ・ユージ(ユースケ・サンタマリア)、スネーク(小出恵介)、安男(塚地武雅)、イチゴ娘(香川照之)。五人は、一年前に自殺したアイドル、如月ミキのファンサイトの常連であり、一周忌を機に、家元の呼びかけで、顔を合わせることにしたのだ。アイドルオタクの五人は、無名の如月ミキに、早くから目をかけていた。だが、如月ミキは、一年前にマネージャーの留守番電話に遺言めいた言葉を残し、自宅マンションに火をつけて焼身自殺を図ったのである。初めのうちは、なごやかに如月ミキの思い出話に花を咲かせる五人。しかし、話せば話すほど、如月ミキが自殺した理由など思い当たらない。誰もが、如月ミキは、決して自殺のよううな真似をする子ではない、と思っているのだ。遂に誰かが、如月ミキが誰かに殺されたのではないか、と口火を切る。それをきっかけに男達は、真相を知るべく推理を重ねていく。次々と、如月ミキに関する事実が明かされ、その死の謎に迫り始めると、物語は急速にミステリーの様相を呈する。そして、最後に五人は、ある一つの真実に辿り着く。

 

 

※このさき、ネタバレしている可能性もあります※

 

 

キサラギが他の映画と違う点

何が面白いって、この映画は

舞台っぽいんですよね。

 

「ワンシチュエーション」で描かれるという・・

ワンシチュエーションとは、つまり最初から最後までほとんど同じ場所での映像だけで構成されているモノです。

 

だから上映時間「108分」が、ほぼ映画の中でも同じように時間経過していく

ということ。

 

小栗旬、ユースケ・サンタマリア、塚地武雅、小出恵介、香川照之の5人が

それぞれの役であるビルの一室にいて、話をする

 

ただそれだけで進んでいくお話しなんです。

 

舞台が好きな人ならきっと楽しめると思います。

 

ド派手なモノを期待する人には・・向きません(笑)

 

 

キサラギで最も印象に残ったもの

売れないグラビアアイドル「如月ミキ」(きさらぎみき)の1周忌で集まったファンたち、という設定なんですが

集まった人たちが話をしていくうちに

なぜ如月ミキは死んでしまったのか、という謎に迫っていくことになります。

 

そして話が進むにつれ、たまたま集まった5人がそれぞれ実は

如月ミキと強い接点があり、しかも死の真相に関わっている可能性が高いことがわかり

真犯人をつきとめようとしていく・・

 

そういった話なんですけど。

 

 

この5人を虜にした「如月ミキ」がどういう人なのかがすごく気になります!!

 

がしかし、如月ミキの顔は、

ず〜〜っと明かされません(笑)

 

いったいどういう顔してるんだ・・!?が気になり、いつみられるのか?!いやもしかしたらこのまま最後まで如月ミキの顔はみられないのか!?

 

という点が、途中からはずっと気になるはずです。

 

 

ですが、最後にはこの如月ミキさんがどんな人か

やっと顔が観られます(笑)

 

 

そして・・・がっかりする(笑)

 

 

いや、がっかりというか、そりゃ売れないグラビアアイドルですから

めちゃめちゃ可愛いわけないんですよね(笑)

 

でも、やっぱりかわいい綺麗を期待しているので

観ている人はみんな、如月ミキの顔が映った瞬間に

 

「そんな顔なんかい!!」っと突っ込むこと間違いなしです(笑)

 

 

なぜそこまで、この如月ミキに、この5人の男たちは執着してしまったのか・・

そこに深い闇を感じずにはいられないんですが・・

 

でも、今も昔も、アイドル好きの人ってそういうもんかもしれないですね。

 

「自分だけの」みたいな幻想が、「自分だけがこの子の良さを理解している」的な感覚が

どんどんのめり込ませるのかもしれません。

 

・・いや、全く理解できませんけど(笑)

 

 

そして、如月ミキの「音痴な(笑)歌」も公開されますが

これが破壊力抜群(笑)

 

 

正直、映画を観終わったあと

「何が印象に残った??」と言われたら、絶対にこれを上げます。

 

この歌!

 

 

「ラブレターはそのままで」

こちらの動画に、歌詞もあります↓

www.youtube.com

 

一応、他にもいくつか動画を貼っておきます。

www.youtube.com

 

なんか・・

耳に残るんですよね・・・(笑)

 

そしてこのなんとも言えない、ウザい感じ(笑)

 

これが目にも焼き付きます(笑)

 

 

如月ミキ役を演じたのは

酒井香奈子さんという声優さんだそうです。

 

今は「さかいかな」という平仮名の名前で活動されているようで・・

 

この酒井さんを調べてみたら・・

 

酒井香奈子水着1st写真集 KANAKO

酒井香奈子水着1st写真集 KANAKO

 
Cheer!~まっかなキモチ~

Cheer!~まっかなキモチ~

  • アーティスト: 酒井香奈子,美咲ひいろ,花見沢Q太郎,小山晃平,羽岡佳
  • 出版社/メーカー: フロンティアワークス
  • 発売日: 2006/02/10
  • メディア: CD
  • クリック: 15回
  • この商品を含むブログ (38件) を見る
 
そよかぜらいふ

そよかぜらいふ

  • アーティスト: 酒井香奈子,くまのきよみ,櫻井真一,大石憲一郎
  • 出版社/メーカー: フロンティアワークス
  • 発売日: 2006/08/23
  • メディア: CD
  • クリック: 20回
  • この商品を含むブログ (37件) を見る
 

 

あ!!!

おもったよりかわいい人だった(笑)

 

「キサラギ」では、あの突飛なキャラクターを際立たせるためか

正直、あまりかわいく撮影されていなかったように思います。

 

いや、むしろ、なんでファンになるんだ!?と思うぐらいに

微妙な見え方(笑)

 

 

歌もうたっているところをみると

正真正銘の音痴ではないんだと思います(笑)

そうすると、あの独特な、びみょうにちょうどよい音痴感は演技だと・・

 

そうすると、それはそれですごいなと思いました(笑)

やっぱり声優さんですね。

 

この如月ミキがどういう人か想像しながら観る

というだけでも、このキサラギは観る価値があると思います!

 

 

いや、この映画の面白さは

本当はそこではないんだと思いますが・・(^o^;

 

 

キサラギのオチ、ラスト、結末は?続編は??

これについてはヤフー知恵袋にまとまったのがありましたので貼っておきます。

ネタバレ質問です。映画「キサラギ」ってありましたが、あれっ... - Yahoo!知恵袋

 

要は…

 

事故死だったと。

 

 

他殺だった可能性は?

自殺したとしたら誰が追い込んだのか?

 

という風に話は進んでいくんですが

 

実は集まった五人がそれぞれ如月ミキに影響を与えていて、仕事は頑張ろと思っていた、と。

 

うっかりさんだった如月ミキの不注意(?)から、死ぬことになってしまったんですね…

 

 

でも実は違う見解もあるんだぞ!!

というのが、映画の最後の最後で、宍戸錠さんから明かされます。

これは続編への布石では?と言われていたみたいですが、どうやら続編が作られることはないようです。。

映画「キサラギ」をみたひとに質問です。ラストシーンの意味が... - Yahoo!知恵袋

 

いや、このメンバーの続編、観てみたいけどなぁ〜

 

今となっては、公開当時よりも、小栗旬も香川照之も格が上がってしまったので(笑)

 

この内容の映画に、このメンバーをそろえるのは難しいんでしょうね。。

 

キサラギの出演者・俳優

キサラギに出演した小栗旬、ユースケ・サンタマリア、塚地武雅、小出恵介、香川照之の5人ですが

かなり仲良く撮影されていたみたいですね。

 

「この5人なら何でもやれそうな気がする」

というようなことをインタビューで言ってました。

 

できれば舞台もやってみたい

とおっしゃってましたが、

 

その後舞台化された時は、出演者が一新されてました。

 

ま、これも・・スケジュール合わせられないからかなと。。

あと、このメンバー総出演での舞台は豪華すぎますしね。

 

けっこうそれぞれに個性があるので、お互いの個性を認めあい、尊重しあってたんだなぁという印象がありました。

 

 

小栗旬・・・

こういう役、けっこう似合ってるしうまいなと思いました。

実はコメディ向きかもしれませんよね。

リッチマン、プアウーマンに出演したあたりからクールな役が多い気がするので

またこういうオタクな役やってほしいなと思います。

 

ユースケ・サンタマリア・・・

踊る大捜査線のコミカルなイメージが一番強いんですけど、実はけっこう陰がある役が似合うんですよね。ちょっと病的な痩せ方してる感じとか。

真面目な人を演じると、とたんに怖さがにじみ出てくるなと。

 

塚地武雅・・・

裸の大将やってましたよね(笑)

お笑い芸人さんですけど、唯一無二の、同じようなタイプの人がいない俳優さんだなと思います。

そして、笑いのツボはもちろんおさえているし。

 

小出恵介・・・

小出さんは「代表作は?」と聞かれるとなかなか答えに困るんですが・・でも、今もずっと映画やドラマにで続けています。

このキサラギでのチョ~軽い感じの、ホストみたいな

そして、モヒカン頭の(笑)

こういう役ってあんまり観たこと無い気がするんですけど、どうでしょう??

けっこう真面目な役が多くないですかね?

JINでの綾瀬はるかさん演じる橘咲の兄・橘恭太郎のイメージが強いです。

 

香川照之・・・

「いちご娘さん」という名前のアイドルオタク・・でも実は父親だった、という(笑)

しかも、「無銭飲食」で捕まってしまうというこの役は

もはややることは無さそう(笑)

でもたしかに、香川さんって、一歩間違えると、危険な狂気を感じさせる見た目だなと思います。

ひなぴし 顔だけ黄色い人 テーマパークのブログ 鉄道のブログ 日本史のブログ Twitterツイート
このブログへメール 削除依頼について