読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

Excelは何列目・何行目まであるのか?

PC アプリ

スポンサーリンク

Excelのシートは何列目・何行目まであるのか?

 

表計算ソフト・MicrosoftのOfficeの一部「Excel(エクセル)」はほとんどの人が使ったことがあると思います。

とくに仕事現場ではよく使われますしね・・

 

Excelが得意だと重宝がられたりします(笑)

 

大きい会社であれば、あらゆるファイルがテンプレート化されていたり

会社にあるシステムを使えば済むことが多いと思いますが

小さい会社の場合は、その都度、それに必要なファイルを作る必要があります。

 

資料を作ったりする場合は表計算が必要になったりするので・・

マイクロソフト・オフィスの中でも

WordよりもExcelを主に使う、というのが多いんじゃないでしょうか。

 

 

さて、エクセルをすこーししか使っていない人からすれば

とくに気にならないことだと思いますが。

 

ある程度使うようになってくると

「そういえば、Excelの列や行って、いったい何列目、何行目まであるの??」

が気になったりするかと思います。

 

シートをずっと右や、ずっと下に進めてみても、

永遠に続くような感じが・・(笑)

 

でも、さすがに永遠ではないんですよ。

限界はあります。

 

 

たった1日で即戦力になるExcelの教科書

たった1日で即戦力になるExcelの教科書

 
Excel 最強の教科書[完全版]――すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術

Excel 最強の教科書[完全版]――すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術

 

 

 

 

これを調べるために、ず〜〜〜〜〜っと下まで、スクロールしていった強者がいるそうです(笑)

 

www.gizmodo.jp

 

www.youtube.com

 

この方、ひたすら9時間36分、

矢印キーの「↓」をずっと押し続けて

Excelの限界に到達したそうです(笑)

 

 

Excelの限界を知るには、ここまでの時間が必要なのか・・

 

と思いきや、

 

実はExcelの限界は、本当は一瞬で知ることができるんですよ(笑)

では、この人は何のためこんなことをやったのか(笑)

 

Excelの最終列、最終行に到達する最も簡単な方法

実は、一瞬で最後の列や最後の行にいけるんですよ!!

 

Ctrl + →    ・・・ 最終列

Ctrl + ↓     ・・・ 最終行

 

これですぐに行けますよ!!

教えてあげたい!上の動画の人に(笑)

 

ただ注意点が。

もしデータが入っているExcelシートの場合は

上の操作で、データが入っているセルの端に飛びます。

もし最終行や最終列がみたいなら、データが入ってないシートでやってみましょう。

 

ちなみに下の写真が、最終行と最終列です。

 

f:id:AR30:20170116074232p:plain

f:id:AR30:20170116074237p:plain

 

最終行は、上の写真どおり

1,048,576 行

ということで、100万行を超えます(笑)

 

そして、最終列は「XFD」

・・ってなんやねん(笑)

と言われそうですが(笑)

 

列は「A/B/C・・・」と続いて、「X」の次は「AA/AB/AC・・」と続くんですよね。

これが延々続いての「XFD」

これは何列目かというと

16,384列

です。これが最終列。

 

 

ということは・・セルの最大数(最多数)は・・

1048576 ✕ 16384 = 17,179,869,184

 

171億以上(笑)

 

使い切ってみたい・・使い切るような人間に、そういう仕事をやってみたい・・

 

いや、もとい!

絶対にやりたくない(笑)

 

1セルに入れられる文字数の限界

Excelは、何行まで?何列まで?シートはいくつまで? | ハロー!パソコン教室日吉校・東戸塚校・中山とうきゅう校のブログ

※ちなみに、一つのセルに入れられる文字数は、32,767文字

 だそうです(笑)

 

これは調べるのが面倒でしたので・・(^o^;

こちらを紹介させていただきました。

 

 

 

おそらく、動画の人も

このやり方は知っているけども、「単にExcelの限界をみるために」矢印キーを押し続けたわけではなくて

きっとExcelとの勝負をした、ということなんでしょうね(笑)

 

パソコンに入った1ソフトと俺と、どちらの限界が先にくるか・・みたいな(笑)

そうでなく、ただ最終行をみるためだけにやったのだとしたら

かわいそうです(笑)

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+