ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

東京ドームシティアトラクションズ、ジェットコースター「サンダードルフィン」ボルト落下事故。女児が軽症。指切断の事故に続き・・・



12月5日午後12時35分ごろ、女児のお父さんから110番通報。

「ジェットコースターから落下してきたボルトが娘に当たった」

その女の子は小学3年生(9歳)
右脇腹を打撲する軽傷を負ったそうです。

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jiji-05X517/1.htm

運転中だったジェットコースター「サンダードルフィン」の車両と車輪をつなぐボルト1本が落下したようです。

ボルトは鉄製で長さ約26センチ。
高さ約13メートルから落下したということで・・・不幸中の幸いというべきか、脇腹の軽症だったわけですが、もし頭に当たっていたら・・と思うと非常に怖い事故です。

1月〜2月ごろの定期点検で新品に交換されていたとのことですが、原因を究明し再発防止に努めてもらいたいと思います。

これも読みたい

11月29日に「従業員の方が指を切断する事故」が起こったところですし、
東京ドームシティアトラクションズ・タワーハッカーで指3本を切断する事故。 - ひなぴし
続いているので、安全管理上、何らか問題があるのではないかと勘ぐってしまいますね。


 iPhoone3gをフォローしましょう このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterフォローお願いします

このブログへメール 削除依頼