ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

「出会い」と「出合い」の違いとは?「本との“であい”」さてどっち?




★日本語は変化していくものだー

★一般的に使われるようになれば、それはもはや正しいと言える


この考え方からいけば、「であい」は全部「出会い」と書いても間違いなさそうですが(^^;

辞書とか新聞ではどのように使われるのか

という観点から調べてみました。


ちなみに、辞書でも違う場合はあるので、あくまで参考にということで。。


★「あう」という漢字の意味

「合」
=互いに同じ動作をする、一緒になる、一致、合致、程度、調和
=両方がくいちがわずにぴったりと合わさる、符合

「会」
=主に人と人のであい、対面、立ち入り、立ち会い
=ある所に集まってあう


★出会い

であうこと。思いがけなくあうこと。めぐりあい。


★出合い

川や沢などの合流する所。「本流との―」

男女が密会すること。あいびき。

取引で、売り手と買い手の値段・数が一致して、売買が成立すること。「―がつく」


▼日本新聞協会の新聞用語集 書き分けの例

出合い : 売り買いの出合い、新聞との出合い、出合い頭、出合残高、出合い茶屋

出会い : 人と人との場合



う〜ん・・・

おおまかに言うと

人と人の場合は“会”

人とモノ、モノとモノは“合”

という使いわけをする場合が多いようです。


だから、「本とのであい」は

本との出合い

なんでしょうね!


とは言うものの・・・どの辞書にも「出会い(出合い)」のような表記が(笑)

すでに明確なわけは無いと言ってよいのかもしれません。


まあ、知識として知っておいてもいい話かもとは思いました。


いや、この本を知ったことはあえて「出会い」と言いたい。。

そういう人もいるでしょうし、それも「間違いです」というほどのことはなさそう。

ただし、「その場合は出合いが正しい」って言ってくる人がいる可能性があるってことですね。


「出合い」で「男女が密会すること。あいびき。」や「出合い喫茶」が使われるのはなぜかという疑問が残りますが・・・


◆「男女が密会すること。あいびき。」の場合

その時に初めて顔をあわせるわけではない・・・「会う」は初めて顔をあわせるというような意味があるのかな・・・


◆「出合い喫茶」

あるところに集まろう!と特定の相手と約束をして顔を合わせるわけではない・・・「会う」は約束の上で顔をあわせるという意味があるのかな・・・互いに同じ動作をするという意味が強いのかな・・・



下記のページを参考にさせていただきました。

本との出合い?出会い? - 国語 - 教えて!goo
『出会い』と『出合い』の違いを教えてください。 - Yahoo!知恵袋
日本語(11月13日付):佐賀新聞ニュース/The Saga Shimbun :佐賀新聞のコラム 有明抄

このブログへメール 削除依頼について