ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

コインパーキング24時間以上駐車する場合の注意!

コインパーキング24時間以上駐車する場合の注意!

 

 

 

車を運転してどこかへ行った時、もしくは電車を利用するために

 

駅まで車で行った時に、

 

コインパーキングを利用することがあると思います。

 

 

 

コインパーキングの料金の仕組みってちゃんと理解できていますか?

 

よくある勘違いをご紹介したいと思います。

 

 

 

 

★その1 「当日最大」と「24時間最大」の違い

 

 

一定以上の金額になった時点で料金が打ち止めになる

 

コインパーキングありますよね??

 

 

 

「当日最大1,000円」とか「24時間最大1,000円」とか。

 

 

 

この2つ、同じようで、同じではないので注意してください!

 

 

 

「当日」とは、24:00までつまり深夜0時までを指します。

 

つまり、深夜0時を過ぎたら次の日になり、また新たに料金が

 

発生するということ。

 

 

 

「24時間」というのは、その言葉どおり、

 

停めた時間から24時間後までその料金ということ。

 

 

 

これを知らずに、「当日最大1,000円」のところに

 

昼の12時に駐車して、翌日の昼の12時に出庫したら・・

 

はい、1,000円ではありません!!

 

 

 

2,000円とか、それ以上の金額になります!!

 

 

 

ご注意を。。

 

 

 

★その2 最大料金を過ぎたら??

 

 

はい、これはコインパーキングによって違いますが

 

よくある大変高額な支払いになってしまうパターンです。

 

 

 

例えば

 

「30分毎に200円、ただし24時間まで最大1,000円」

 

という駐車場に、朝の6時に駐車して、翌日の夜22時に出庫した時。

 

 

 

朝6時~翌日朝6時・・・1,000円

 

なんですが、このあと、、、

 

 

 

翌日朝6時~夜22時・・・6,400円!!

 

合計 7,400円

 

 

 

となる可能性があります!!

 

 

 

え??2,000円じゃないの??

 

と思ってしまいますが・・

 

 

 

実は、このコインパーキングの料金表示看板に小さく

 

「ただし、24時間を超えた場合には通常料金とさせていただきます」

 

という表記が。。

 

 

 

これに気づかずとめてしまうと・・

 

 

 

朝6時~翌日朝6時・・・1,000円

 

なんですが、このあと、、、

 

翌日朝6時~夜22時・・・

 

16時間 × 400円(30分200円)=6,400円

 

 

 

となってしまうんですね~~。

 

 

 

全てのコインパーキング・駐車場が

 

これと同じというわけではないと思いますが

 

かなりの確率でこの仕組みになっていると記憶しておきましょう!!

 

 

場所によっては「最大料金が繰り返し」というところもあるようですが、看板をみないとどういう仕組みなった駐車場かはわかりません。

 

 

だから、必ず駐車場入口の料金看板は必ず確認すること。

 

駐車するときは急いでいて時間がない場合も多いかもしれません。

そんなときは、

スマホのカメラで看板全体の写真を撮っておきましょう。

そうすればあとから確認することができます。車をとめるときには「ちょっととめるだけ」のつもりだったのが、何らかの理由で長くとめることになった場合など。本当にそのまま駐車しても料金が大丈夫か、確認できるようにしておきましょう。コインパーキングのルールは場所ごとに千差万別です。

 

 

駐車場の経営者側の視点で考えると

 

この料金体系になるのは当然ですよね。

 

 

 

どんどん新しい車がやってきて、

 

定額ではない料金を支払ってくれた方がお金になるわけですから。

 

 

 

同じクルマに長時間停めてほしくないわけです。

 

コインパーキングはみんなそう思っています。

 

 

 

この罠にはまる人・・多数いらっしゃるようです。

 

車に乗る人、コインパーキングに止める可能性がある人は

 

留意しましょうね。

このブログへメール 削除依頼について