ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

電車 定期券 の1ヶ月は何日分?来月の何日までが期限なのか?終了日は?応当日とは?

鉄道の定期券の1ヶ月分って、いったいいつまでだか、即答できますか?

これ、実はけっこう難しい質問です。

 

というのも、鉄道独特のルールで決まっているためです。

 

 

なお、「買った日」と「定期券の使用開始日」は同じとは限りません。

「7日前」とか「14日前」から定期券は買えたりするからです。

 

これは当然わかると思いますが、1ヶ月分といっても

「買った日」から1ヶ月ではありません。

「使用開始日」から1ヶ月です。

 

 

では、使用開始日を例に挙げて、期限をみていきましょう。

 

使用開始日  →  定期券の使用期限(終了日・この日まで使える)

 

1月1日   →  1月31日

 

3月15日  →  4月14日

 

3月20日  →  4月19日

 

3月31日  →  4月30日

 

2月1日   →  2月28日(うるう年は29日)

 

2月28日  →  3月27日

 

2月29日  →  3月28日

 

1月28日  →  2月27日

 

1月29日  →  2月28日

 

1月30日  →  2月28日(うるう年は29日)

 

1月31日  →  2月28日(うるう年は29日)

 

 

・・ということで・・

え?!と思う部分がけっこうあったんじゃないでしょうか(^_^;)

 

 

定期券の1ヶ月は何日分?来月の何日までが期限なのか?というルール

・定期券の1ヶ月とは、使用開始日の翌月の同じ日付(これを「応当日」といいます)の前日までが使用終了日となる

・なお、応当日がない場合は、翌月の末日が使用終了日になる

・日数は関係ない、日数が短い場合も金額が安くはならない

 

3ヶ月定期は、使用開始日の3ヶ月後の月の同じ日付(これを「応当日」といいます)の前日までが使用終了日

 

6ヶ月定期は、使用開始日の6ヶ月後の月の同じ日付(これを「応当日」といいます)の前日までが使用終了日

 

 

1月31日の応答日は2月30日になるはずですが

2月30日は存在しないので、末日の2月28日(うるう年は29日)になります。

 

 

・・というのがルールです(笑)

 

2月は日数が明らかに少ないし、30日しかない月も31日ある月より損じゃないか!と言われるかもしれませんが(笑)

そもそも「30日分」とかいうふうには書いていませんので、鉄道会社のルールにしたがうしかありません(^_^;)

 

定期券有効期限の表

有効開始日 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
2020年6月1日 2020年6月30日 2020年8月31日 2020年11月30日
2020年8月31日 2020年9月30日 2020年11月30日 2021年2月28日
2020年9月30日 2020年10月29日 2020年12月29日 2021年3月29日
2020年10月10日 2020年11月9日 2021年1月9日 2021年4月9日
2020年12月1日 2020年12月31日 2021年2月28日 2021年5月31日
2021年1月31日 2021年2月28日 2021年4月30日 2021年7月30日
このブログへメール 削除依頼