ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

セブン・ローソン・ファミマの冷凍食品つけ麺を食べ比べてみた

自分でつけ麺を作りたい

という思いから、「そもそもあまり、お店でつけ麺を食べたことがない」ということに気づき、

お店へ行けばいいものを、なぜかコンビニの冷凍食品つけ麺を食べる

という行動を繰り返してしまいました(笑)

 

ローソン

セブンイレブン

ファミリーマート

 

の順番だったと思います。

(あ、ブログ公開順はこのままではないと思いますが)

 

それぞれの記事へのリンクはこちらです↓

 

#ローソン #冷凍食品 「焼豚つけ麺」写真感想口コミレビュー、カロリー・値段 - ひなぴし

 

ファミリーマート 冷凍食品 炙り焼豚の極太つけ麺 値段・評価・具・作り方 - ひなぴし

 

セブンイレブン冷凍食品「具付きつけ麺」食べてみたレビュー - ひなぴし

カロリーの比較 

セブンイレブン

608kcal

 

ローソン

638kcal

 

ファミリーマート

657kcal

 

ファミリーマートがセブンイレブンより内容量は少ないのにカロリーは高いという。

50kcal違うというのはけっこう大きい気がします。

まあ、つけ麺食べる人がカロリーを気にはしないと思いますけど(^_^;)

 

値段の比較 

セブンイレブン

223円(税込240円)

 

ローソン

230円(税込248円)

 

ファミリーマート

230円(税込248円)

 

ぼくの中では最も評価が高いセブンイレブンが一番安いということで(笑)

ローソンは魚粉、ファミマは肉の量を増やす、と特徴を出すために若干費用がかかっているのではないかと推測します。

 

内容量の比較

スープを溶くお湯の量はどれも100mlなので、スープは同じかと。

内容量は・・正直、誤差の範囲ではないでしょうか。

 

セブンイレブン

369g

 

ローソン

360g

 

ファミリーマート

363g

 

一番美味しいのはどのコンビニの冷凍つけ麺か!?(個人的な見解)

最初にズバリ言ってしまいます。

一番ぼくが好きだったのは、

セブンイレブン「具付きつけ麺」です。

セブンイレブン冷凍食品「具付きつけ麺」

 

正直言うと、どれも「似たような味」なので

別にローソンのでも、ファミマのでもいいんですが(^_^;)

 

あえて1つを選ぶとしたらセブンの冷凍つけ麺を選びます。

 

 

セブンイレブンのつけ麺は

「総合力が高い」と思います。

 

麺、スープ、具(肉)

のどれもが平均してレベルが高いのがセブンイレブンのつけ麺だったという印象です。

 

なお、麺に関しては

セブンイレブンの麺が美味しかったと感じています。

太さが十分にあり、電子レンジで加熱したあとの出来上がり状態の麺の硬さもちょうど良かったので。

 

 

では、ローソンとファミマはよくないかというとそうでもなく・・

 

実はローソンとファミマのつけ麺にもそれぞれ良いところがあります。

 

 

ローソン「焼豚つけ麺」

ローソン冷凍食品「焼豚つけ麺」

 ローソンのつけ麺の良いところは、「魚粉」です。

セブンとファミマのつけ麺にはついていない別の袋で「魚粉」が入っています。

これをスープに加えることにより、魚介系の味わいがかなり増します。

まあ、セブンやファミマのつけ麺スープも十分魚介の味わいはあるんですけど

やっぱり別入れというのは大きいです。

わざわざ別の袋をつけるぐらいなので、力を入れていることは間違いありません。

 

ということで、ローソンのつけ麺は、スープが美味しい

だと思います。

 

 

ファミマ「炙り焼豚の極太つけ麺」

ファミリーマート 冷凍食品 炙り焼豚の極太つけ麺

ファミリーマートのつけ麺は具が多いです。

とくに肉・・焼豚の量が多かったです。

 

さすが商品名で「炙り焼豚」というだけのことはあるなという印象です。

麺とスープ以外の楽しみとして、具もたくさん味わえる

というのが良いところかなと。

 

 

・・・とここまで書いてみて思うのは

 

セブンイレブンの麺

ローソンのスープ

ファミリーマートの具

 

これを組み合わせたら最強の冷凍食品つけ麺になるんじゃないかと(笑)

 

 

いつか・・この組み合わせで食べてみようと思います!

このブログへメール 削除依頼について 
//スムーズスクロール