ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

朝ドラ #半分青い 批判と応援の感想・口コミをそれぞれTwitterでみる方法 #半分青い反省会

朝ドラ「半分、青い。」ですが・・びっくりするぐらい評価が二分しています(^_^;)良い反応と悪いクチコミ(笑)

で、もっと驚くのが「評価が二分しているからといって、視聴率が低いわけではない」ということ。

 

「悪い」「面白くない」「みたくない」「消えろ」という書き込みをTwitterにしている人も相当するいるのですが、それでも視聴率は高いという不思議・・

 

やっぱり、「何の感想も持たれない」よりは「悪い」と言われようが、何らかの反応を持ってもらうことが大事、ということなんでしょうね・・(^_^;)

まあ、とても「おもしろい」という評価をしている人もたくさんいるのであたりまえといえば当たり前なんですが。

 

そうなってくると、いちいち悪い反応を気にする必要もないのでは?という気がしてきます。むしろ何も言われない作品だったら問題ということで。

 

 

とくに「半分、青い。」については、脚本家である北川悦吏子さんがTwitterでかなり積極的に発信されていて、作品の裏側を語ったりしていることで、よりTwitterでの反応が大きくなっているようです。

その脚本家の書き込みに対する評価も本当に二分されているんですよね。

「黙れ」という人もいれば「どんどん裏話を教えてください」という人も。

 

ぼくとしては、脚本家さんがいろいろ発信することは良いことだと思うんですけどね・・こういうのって、今までは聞きたくても聞ける場がなかったわけで、Twitterがあって、脚本家本人が発信してくれているから聞けるわけで。

聞きたくない人は聞かなきゃいいんじゃないの?(フォローはずしてブロックすれば?)と僕は思います。

まあ、それでも影響力ある人のツイートはどこかしらから伝わってはしまうと思いますけどね・・それでも「黙れ」という権利はないでしょう(笑)

そんなこと言い出したら、言っている人も誰かから「黙れ」と言われたら素直にTwitter辞めるんですかね(笑)

 

「こうあるべき」なんて自分の考えを押し付けることはできません。

ただ、「こうあるべき」をTwitterでつぶやくのは自由。脚本家への批判も、ドラマへの辛辣な感想も、ツイートするのは自由だとおもいますので、書き込みはどんどんすれば良いのではないでしょうか。

 

おそらく、Twitterを活用している製作者であればあるほど、一般の人のツイート内容も届きやすいと思いますので。

 

  

※こちらのノベライズ本下巻を読めば、最後までのあらすじ・ストーリーがわかります↓

半分、青い。 下 (文春文庫 き 42-3)

半分、青い。 下 (文春文庫 き 42-3)

 
半分、青い。 上 (文春文庫)

半分、青い。 上 (文春文庫)

 

 

 

朝ドラ「半分、青い。」の悪い口コミをTwitterでみる方法

半分青いに対して批判的な書き込みをしている人たちは、それはそれで同じような書き込みをしている人たちを発見しやすくするために同じハッシュタグを使っています。

それが #半分白目 と #半分青い反省会 です。

これらのハッシュタグをTwitterで検索すると、脚本家・北川悦吏子さんや作品そのもの、主人公である楡野鈴愛(永野芽郁)の性格などについて批判している悪い口コミ、感想が盛りだくさんです(笑)このドラマが好きな人も、こういう悪い感想もみてみると「あーこういうとらえ方もあるかー」と、ちょっと楽しめるかと思います。

 

こちらのリンクから、それぞれの検索結果をTwitterでみることができます☟☟

 

#半分白目 - Twitter Search

 

#半分青い反省会 - Twitter Search

 

朝ドラ「半分、青い。」の良い口コミをTwitterでみる方法

応援や、楽しかった、頑張ってほしい、など、好意的なコメントをみる方法です。

 

この場合は、 #半分青い というハッシュタグで検索しましょう。ただ、これの場合は一部良くない方のコメントも含んでしまいます。しかし、たいていは良い方ですし、作品自体の全体的な感想を知りたいのであれば、このハッシュタグが良いでしょう。

 

こちらのリンクからどうぞ☟

#半分青い - Twitter Search

 

 

ちなみに「半分、青い。」に関する、Twitterで話題になっていることを知るにはこちらのリンクからどうぞ↓

News about 半分青い 半分、青い on Twitter

 

 

やっぱり、

「興味がない」「知らない」と言われるよりも「嫌い」と言われる方がまだましってことなんですかね(笑)

 

認識されないのが一番良くないんでしょうね。

このブログへメール 削除依頼について