ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

JR東日本ビューカードへ普通のSuicaから定期券を移行する方法、移し替えたあとのSuicaはどうなるのか

JR東日本を通勤経路などで使っている人は、ビューカードを持つのが良いと思います。

定期券を買う場合に通常より多くポイントがたまりますし、定期経路以外にSuicaで乗車する際にもポイントがもらえる、オートチャージを使えるなど、おすすめのポイントがたくさんあります。

すでにJRの定期券を持つためにSuicaを持っているなら、それがビューカードに置き換わるだけなので、持つカードの数も多くなりません。なので、もしまだ持っていない人がいたら申込みましょう!

・・と、JRの回し者のような話はさておき(笑)

 

最近申し込んだビューカードが手元に届きました。

これまで使っていた定期券が載っているSuicaが手元にあります。

 

この定期情報はどうやってSuicaへ移し替えればよいのか・・・

 

その方法は簡単です。

 

普通のSuicaからビューカードへ定期情報を移行するには

駅の券売機に行けばOK

定期券が買える券売機にいきましょう。

 

券売機を操作すれば、定期券の情報を今持っている普通のSuicaから、Suica定期券機能付きビューカードへ移行することが可能です!

 

券売機の操作はこちらを参考に・・

 

「定期券」

Suicaからビューカードへの定期券移し替え移行方法

 

「発行替え」

Suicaからビューカードへの定期券移し替え移行方法

 

「SuicaからSuica付きビューカード・・」

Suicaからビューカードへの定期券移し替え移行方法

 

では、移し替えたあとのSuicaはどうなるのか?

 

「払い戻し?でも、Suicaを払い戻すときにはSF残額が残っていると手数料220円が差し引かれると聞いたし・・

そのまま元のSuicaは持っておいて、残額を使い切った方がいいか・・」

 

と思っていたのですが、これは全くの勘違いでした!

 

定期券の移行をすると、古いSuicaは回収され

チャージ残額はビューカードへ移し替えられます。

また、古いSuicaは回収されるので、券売機からSuicaの預り金(デポジット)の500円が返金されます。

 

詳しくはこちらのページで詳しく説明されていました。

Suica定期券機能付きビューカードへの定期券情報の移し替え:ビューカード

 

便利ですね・・まさか、デポジットの返金まで行ってくれるとは思っていませんでした。

 

ちなみに、移行したあとのビューカードを使って「履歴」を出す操作を券売機ですれば、ちゃんとこれまで古いSuicaで使用した分の履歴も印字されました。

 

上のページに注意事項が色々記載されていますが、

とくに注意が必要なのが「次の場合は定期券情報の移し替えができません。」の項目にある次の項目です。

「券機能付きビューカードに定期券情報を移し替える前に、ビューカードのSuica機能(Suicaへの入金(チャージ)、定期券購入を含む)をご利用された場合。」

 

ということは・・

ビューカードが届いたら、Suicaとして使う前に必ず定期券の移し替えをすること、が大事ということです。

 

 

ちなみに、ビューカードのオートチャージの設定は券売機ではなく、「ビューアルッテ」という機械の方で行うみたいです。

ビューアルッテにビューカードを入れて設定しましょう。

このブログへメール 削除依頼