ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

ドラマ「オールドルーキー」 考察最新 第1話登場人物解説!ストーリー予想!初回放送後第2話放送直前 日曜劇場感想解説ネタバレメタ考察!

日曜劇場ドラマ「オールドルーキー」あらすじネタバレ考察

❉この記事はYouTubeでも観られます↓

www.youtube.com

2022年夏 TBS系列で日曜21時から放送のドラマ

日曜劇場「オールドルーキー」

 

これまで「考察系」のドラマで動画を作ることが多かったのですが

日曜劇場は視聴されている方も多いですし、

サッカーには少し興味もありますので・・

「オールドルーキー」は考察系ではないですが、動画を作成してみました。

 

一緒にオールドルーキーを楽しむ仲間としてお付き合いいただければ幸いです。

 

今回はこの内容をお話しします。

動画の概要欄にも「目次」がありますので、活用してくださいね。

 

気になる2人の登場人物

「日曜劇場らしい話」というと、「半沢直樹」を想像してしまうんですが

そうなると「倍返し」的なストーリーを想像してしまいます。

 

引退した元プロサッカー選手が

「サッカー以外何もできない」状態から

少しずつ成功を積み重ねていって、最後にはいろんな人を見返す物語

 

なのか・・?

と思ってしまいますが、どうもそう単純な物語ではないようにも思います。

 

僕が注目しているのはこの2人です。

妻の果奈子と

ビクトリーの社長・高柳です。

相関図では、主人公の新町亮太郎をこの2人と

芳根京子さん演じる塔子が囲んでいます。

 

この3人がキーパーソンなんだと思いますが

今回は、果奈子と高柳に注目してみたいと思います。

新町亮太郎の妻・果奈子

榮倉奈々さんの「妻・お母さん」役は・・

同じ日曜劇場「テセウスの船」の印象が強いですね。

「テセウスの船」のときは、こんな老けメイク姿も披露されていました。

 

つらい状況にあったとしても、明るく、主人公を盛り立てる役

ということで今回のオールドルーキーと共通点があるように思います。

こういう役が適役だと感じますね。榮倉奈々さん。

 

僕が妻・果奈子に注目するのは

「商品価値がありそう」

だからです。

 

亮太郎は「商品価値がない」とはっきり言われてしまっていました。

 

果奈子はというと・・

「人気の女子アナ」だったそうです。

 

人気の女子アナが、なぜ亮太郎と結婚したのか・・?についても今後描かれますかね??

亮太郎は日本代表にも招集されたことがあるとはいえ、4試合の出場にとどまるぐらいの選手ですので、そこまでの選手では・・無い気がしています(~_~;)

 

 

ただ、よくみると

日本代表の試合に4試合出場して、2得点を上げているんですよね。

 

4試合出場して2得点だとすると、

けっこうインパクトある働きをしていると思うんですが・・

それでもそのあと起用されなくなったのはなぜなのか・・?

 

そのあたりにも、新町亮太郎が道を誤ってしまった理由がありそうな気がしています。

 

・・と思っていたら

ここは公式サイトで説明されていました。

日本代表まで上り詰めて、決定的な場面でゴールも決めたが、その後は怪我の影響で低迷。まさに“記録より記憶に残る男”だった。その後、J3のチームに所属していたが、37歳で突如現役引退に追い込まれてしまう。

ということでしたので・・サッカー選手としては一流だったが「運が悪かった」ということになるんですかね・・。

 

 

「人気女子アナ」は・・

おそらく、結婚して、しばらく表舞台から離れていたとしても

商品価値ありそうな気がするんですけど・・いかがでしょうか(^_^;)

 

もしかしたら収入になるかも・・的に、お弁当の写真を撮っていたと思うんですが

 

そういうので、人気が出そうですよね。

 

「商品価値のない」亮太郎と

「商品価値がある」果奈子

 

プロサッカー選手・亮太郎をサポートする必要がなくなった果奈子が・・どんどん成功していく??

みたいなことも想像されますね。

ビクトリーの社長・高柳

このドラマには「ラスボス」的な人がいるんでしょうか??

さきほど言った「半沢直樹」的な展開だと考えたら・・

一番「倍返し」されそうな対象者は、高柳雅史になりそうです。

 

そういえば「雅史」という名前から

中山雅史さんを想像してしまいますよね。

 

一部では、オールドルーキーの主人公・新町亮太郎のモデルが中山雅史さんではないか?という話もあるようですが・・

おそらく、「特定の誰か」がモデルではないような気がしますね。

いろんな人の、いろんな経験を少しずつ参考にされているんじゃないでしょうか。

 

でも、「雅史」という名前を使っているあたりは、何か中山雅史さんと関係があるのでは?と思わされますね。

 

ちなみに、中川大志さんの役は「城」ですよね。

 

 

 

高柳が新町に興味をもったのは・・履歴書をみたときでした。

 

ぼくはこのときに「奥さんが元女子アナと知って・・何かに使える!?」と考えたんじゃないか、と思っていたんですが

そうではなく、卒業した高校をみていたんですね。

矢崎のしごとを取るために、矢崎の先輩である新町を利用しようとした、と後から明かされました。

 

何かもっと大きな「裏」があるのか、と思っていましたが、

あっさり1話の終わりには新町を採用した理由が明かされたので・・

そう考えたら、高柳も実はそれほど悪いやつではないのかもしれません。

 

ただ、あくまで想像ですが・・

ここから新町を「認める」状態になるにはかなりのことが必要そうな気はしました。

 

契約社員としての採用で、しかも何かあったら

推薦した塔子のボーナスをカットするという・・

 

なんとなくですが

高柳には新町を認めたくな理由があるのかもしれないですね・・

 

もしかしたら自分も昔サッカーをやっていたとか。

プロサッカー選手になりたかったが挫折した、とか。

 

そこから努力して、這い上がって・・ここまできた高柳は、かんたんには新町を認めてくれないのかもしれないですね。

まあ、でも、焼肉屋のしごとから新町を戻してくれたあたり

話がわからない人ではなさそうですよね。

第一話のゲスト・横浜流星

第一話のゲスト出演者が横浜流星さんであることは、事前には告知されていなかったと思いますので、観た人はみんな驚いたと思います。

そしてとくに驚いたのが

横浜流星さんが、「とても嫌なやつ」を演じていたことです。

いや〜〜これは、かなり嫌な役やってるな〜〜と思ってみていたんですが

「実は悪いやつじゃなかった」が最後に明かされ、

やっぱりそうなるよね、と思いました(笑)

 

ちなみに、サッカー監修として入っている大久保嘉人さんが横浜流星さんにもサッカーを教えていたそうですが

横浜さんは空手をやっていて身体能力がすごいし、サッカーが想像以上に上達していた、と話されていました。

topics.tbs.co.jp

 

この「胸トラップ」

けっこううまいな!と思ってみてました(笑)

 

1つ言うとしたら、横浜さん演じる矢崎はドイツリーグ(ブンデスリーガ)で活躍する選手、ということだったんですが

痩せてて、スタイル良すぎて(笑)

ちょっとブンデスリーガでの活躍は厳しいんじゃないか、と思ってしまいました(笑)

 

そこはドラマですから、気にしないでいきましょう。

 

 

今後ももしかしたら、豪華なゲスト出演者がいるのかもしれないですね。

トップアスリートとか。

 

 

そう考えると・・

もしかしたら、このドラマの「ラスボス」にあたる人は

今の時点では相関図にはいなくて

最終話近くに初めて登場する「大物ゲスト」だったりするのかもしれないですね。

日本代表戦でボレーシュートを決めるシーン

日本代表戦のシーンの撮影は、実際のサッカー選手も参加して、何度もトリなおして撮影されたものだったそうです。

 

そのシーンで、1つだけ突っ込ませてください(笑)

右サイドからセンタリングが上がって、キーパーがボールを弾くシーン。

このあと、新町がボレーシュートを決めるんですが

その直前

新町、どフリーなんですよね(笑)

誰にもマークされてない(笑)

 

これ、相手チームのディフェンダーは何やってるんだ!!と怒られる状態だと思います(笑)

 

このシュート・・たしかにダイレクトで打つのは難しくはあるんですが

ここまでドフリーだったら、

もし外してしまってたら・・新町やばかったですね(笑)

当日に解散を告げられたり、セカンドキャリアをほったらかされたり

さすがに、「今日をもって解散!」という状況は、無いと思います。

また、Jリーグはセカンドキャリアの支援もしているようなので、

新町亮太郎のように「何もできない」「誰も助けてくれない」というようなことは、実際にはないんじゃないか?と思います。

これは、ドラマをわかりやすくするために作られた設定でしょうね。

 

でも、サッカー選手からみても「思い当たる」ということもあるようで・・

 

「そのまま」ということは無いものの、

「それに近いことは実際にある」ということなんでしょうね。

 

新町亮太郎は「ビクトリー」という会社に拾ってもらえただけ

まだ救いがあるようには思いますが

このあと、おそらく次々と困難が襲ってくると思いますので

最後まで新町が成功することを願って見届けていきたいと思いました。

 

鎌倉殿の13人と出演者がかぶっている?

同じ日曜日の大河ドラマも観ている人なら「おや?」と思ったと思いますが

 

鎌倉殿の13人で

大江広元を演じる栗原英雄さんが、ジェンマ八王子の監督

畠山重忠を演じる中川大志さんが、同僚の城

 

あと、健康食品会社の社長を演じていたのは

鎌倉殿の13人で安達盛長を演じる野添義弘さんでした。

 

ドラマで出演者がかぶることは少なくないとは思うのですが

同じ日曜日で、しかも今放送中のドラマでかぶるというのはあまりなさそうですよね。

 

綾野剛さんに重なる新町亮太郎

公式サイトにこういう言葉がありました。

これ・・リアルの綾野剛さんに少し重なるような・・

人生の後半戦には、何が待っているんだろう。
順風満帆とは限らない。思い描いた未来とは違っているかもしれない。
それでも、
挫折や葛藤を乗り越え、挑戦者として生きる人がいる。
かっこ悪くても、もがき続ける人がいる。
そう、自分の人生を生き切る覚悟と勇気を持った人だけに新しい道が生まれるのだ。

 

今、YouTuberの方がいろいろ言われていることが本当のことかどうかはわからないのですが

あれだけのことを言われても放送できているということは

「問題ない」と判断されている、ということなんですかね。

 

今のところマスメディアでは報じられておらず

「日曜劇場」を観る層と、YouTuberの暴露をみている層はかぶらない気もするので、それでなんとかなっているのか?とも想像するんですが・・

ただ、スポンサーもテレビ局もリスクは考えそうですよね。

このあと・・選挙を超えたら・・どうなるんでしょうか・・?

 

このブログへメール 削除依頼