ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

赤いナースコール 考察最新 ベッキーが暴露!犯人は決まっていなかった!最終話 最終回感想 第12話 黒幕真犯人あらすじネタバレメタ考察!

赤いナースコール考察解説感想ベッキー

❉この記事はYouTubeでも観られます↓

www.youtube.com

ベッキーさんが出演していた「赤いナースコール」について話している動画が公開されています。

もし観ていない方はぜひ観てみてください。

www.youtube.com

ぼくは3ヶ月間、赤いナースコールを考察してきていましたが、

そんな考察者たちが注目するようなことをベッキーさんは語っていました。

 

その内容をお話ししたいと思います。

 

このチャンネルでは、

ドラマ考察のほか、いろんなまとめ動画など、

みんなが「観たい」と思う情報を、効率よく観ていただける動画を投稿しています。

www.youtube.com

他のチャンネルとは違う情報が得られますので、
ぜひチャンネル登録をして次の動画をお待ちください。

山根がどういう役か初めから知ってたの?

かなり面白いことを語っていらっしゃいました。

その中からいくつかご紹介します。

 

「サイコパスっぽい役と最初から知っていて役作りされたんですか?」

というファンからの質問にベッキーさんは

 

ううん、何も聞かされてなかったです。

とりあえず山根は最後まで生き残る

で、犯人ではなく良い人ですって聞いたんですけど

 

と答えられていました。

山根は犯人ではない、と当初から聞いていたみたいです。

出演者の中には「自分が犯人かどうかもわからない」とおっしゃっていた人もいたと思うので、人によって聞いてる内容に差があったってことですかね・・?

 

撮影前から犯人を知っていた?

ここがとくに面白いコメントをされていました。

 

「撮影前から犯人を知らされていましたか?」

という質問に対して

 

知らされるも何もスタッフさんもわかってなかった

オンエアをみて秋元先生が

じゃあこの人こっちの方向にしようみたいな感じで

やってたらしいから本当に

 

プロデューサーさんも、ベッキーさんが犯人になる可能性もありますみたいなことをおっしゃってたから

とりあえず台本に書いてあることを忠実にやってました

 

これ・・かなりのぶっちゃけじゃないですか?

撮影開始前には「犯人ではない、良い人です」って聞いていたのに

そこからあとは「犯人になる可能性もあります」と言われていたと(笑)

 

ということは・・

おそらく、放送後のTwitterやYouTubeなど、いろいろなところでの視聴者の反応をみながら、内容を変更していった可能性が高い、ということになりますね・・

そうだとすると、

このドラマはやっぱり、「犯人を当てられる」ドラマではなかった

ということになると思います(笑)

 

まあ、、そんな予感はしてましたが・・

 

アリサ犯人はあとづけの可能性

アリサが初めから院長とつながってた、というのは

アリサが入院してすぐにしていた院長との会話をみると・・かなりおかしいですもんね・・

まあ、このシーンに関しては、

例えばアリサは、事故で病院に運び込まれるという院長の計画を全く知らなかった、院長が勝手にやったことだとしたら

このシーンで他人行儀に話していることもある程度は理解できます。

ほぼ、事故で自分の顔がどうなってるのか、ということしか聞いてないですから。

 

ただ・・それにしても、運び込まれたのが榎木田病院で、かつ翔太朗と一緒に運び込まれたら、まずは榎木田に食ってかかりますよね(笑)

事故で運び込むってかなり無理がある計画で、下手したらアリサも翔太朗もしんでますから(笑)

 

だから、やっぱりアリサが榎木田と前から関係があって翔太朗を恨んでいるという設定は無理があると思います。

 

犯人の顔みたの・・?のところも

どう考えても院長でしょ、ってなるはずですから(笑)

こんな会話してるのがおかしい。

 

さきほどのベッキーさんの発言から

「秋元先生が放送をみてから、その後のストーリーを決めていた」

とありましたので・・

そこから考えると、アリサが最後に翔太朗に恨みをもっていた設定は

あとづけの可能性が高そうですね。

 

ただ、楽しめるドラマでした

おそらく秋元先生は、「赤いナースコール」というドラマの完成度を高めることよりも、

TwitterやYouTubeで、このドラマが盛り上がることを優先されたのだと思います。

そのため、いろいろ試行錯誤して

もしかしたら実験的に、ストーリーを流動的にしたのかもしれない、と思いました。

 

ストーリーが流動的で、犯人が定まっていない物語をみていたら

犯人考察なんてできません(笑)

 

だから、我々のように「考察する者」たちはみんな、秋元先生の手のひらで踊らされていたってことですね。

 

でも、それが悪いとは感じませんでした。

3ヶ月間、ああでもない、こうでもない、と言って楽しめたので。

 

「こんなん考察できるか!」って怒ることもできるんですけど

それよりは、楽しく過ごせたことに感謝したいなと思います。

 

こういうドラマだったので、犯人を当てた!動機を当てた!ってあとから言うのは無意味ってことですね😅

 

 

当てた、外れたよりも

楽しくドラマをみる

 

そのために、いろんな視点でドラマを見つめる

 

をこれからも続けられたらなと思います。

 

 

ベッキーさんの動画、まだ観ていない人はぜひご覧くださいね。

www.youtube.com

 

 

ーー

ここまで、

なるほど!と思うところがあった方は高評価ボタンを押して、教えてください。

今後の動画作りの参考にします。

ベッキーさんの演技はどう思いましたか?

ぜひコメント欄に、考察・感想をお願いします!

コメントには、できる限り返信します!

関連記事

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼