読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

映画「藁の楯」感想・口コミ・評価・評判・レビュー、大沢たかお、藤原竜也、松嶋菜々子、岸谷五朗、永山絢斗

スポンサーリンク

映画「藁の楯」感想・口コミ・評価・評判・レビュー、大沢たかお、藤原竜也、松嶋菜々子、岸谷五朗、永山絢斗

 

もう今さら・・って感じですが

ちょっと時間ができたので観に行きました。

「藁の楯」

 

カンヌ・・でしたっけ?

福山さんの方の作品とは違い、そんなに評判が良くない・・みたいな報道をみたような気がして、実は観に行く気が失せてました。。 

 

藁の楯 わらのたて Original Soundtrack

 

 

★SPの話でした。警護の話。フジテレビ?のドラマのイメージが強いですよね。V6岡田くんのやつ。あれはスペシャルな能力の持ち主の話でしたが、この映画の主人公はそんな特殊な能力は持ってませんでした。

 

★「守るべき」かどうか疑問に思うような相手を守らなければいけない・・という葛藤に陥るという話。これは「SP」の話だと絶対に含まれてくるテーマなんでしょうね〜

 

★松嶋菜々子さん・・藤原竜也さんから「おばさん」扱い(笑)おばさんクサイとか言われて。。まあそれぐらいはよしとしないと、なかなか役がまわってきませんよね〜SP役なんだし今回は。

 

★でも、アクションに関してさほど違和感はありませんでした。松嶋さんに関しては・・そういうシーンが少なかったのか・・?いや、たぶんそれなりにこなしていたんだと思います。

 

★岸谷五朗さんが・・年とったなぁと。当たり前ですけど。昔みたような「三枚目」って役ではなく、それなりに頭も切れる役で、今後はこういう役をどんどんやっていくのかな〜とか思ってみてました。

 

★藤原竜也さん・・といえば、顔をぐしゃぐしゃにしてシャウトしてるイメージ(笑)この映画もまさにそれでした(笑)そういう役=藤原竜也さん(笑)ちなみに、けっこう悪くて変態的な役だったので、若くてそれなりのルックスでこういう悪くて変態的な役やる人は・・珍しいだろうなと。あとしってるのは、山田孝之さんぐらいか(笑)

 

★大沢たかおさんも良かったですよ!女性はこころを鷲掴みにされそうな。

 

★人がどんどんしんでいきます。そんなに簡単に??って思うぐらいにどんどん。それがちょっと現実離れしてるかもな〜〜と思いました。1つの場所で多数の人がなくなることはあっても、1連の事件で場所をかえて次々人がなくなる・・っていうのは考えにくいなぁと。

 

★日本の警察があそこまでやるか!?という点でもやっぱり現実離れしてるかなと(笑)警察が警察に対し拳銃を向けて「こちらに来るな!」とか(笑)

 

★本気で「闇をかかえる組織=警察」というのなら、たぶん特殊部隊とかを放ってすぐに殺せちゃいそうだなと。そこも現実離れ気味。

 

★まあ・・誰が裏切り者なのか?っていうサスペンス的な要素は途中までは楽しめましたけどね。

 

★新聞各紙の全面広告に「○○を殺した人に10億円あげます」っていうのが出るっていう設定は、なんか新聞に対する批判があるってこと?でも、日テレが関わってる映画だしね・・読売新聞が裏にいるわけだから・・

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+