ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

綺麗な字の簡単な書き方ルール

字がうまく書けるようになりたい・・

 

昔と違って、たしかにえんぴつを持って字を書く回数は減りました。

が、なおさら、字がキレイに書ける人はそれだけ目立つというか。

逆に字が下手、うまくないのもすごく目立つんです。。

 

字がきれいなだけで、すごくよくできるようにみえる

と言っても過言ではありません。

 

しかもこの字のうまさは年齢関係ありません。

 

ハタチそこそこで社会人なりたての人の方が

50歳の部長よりも字が丁寧でうまい・・なんてことはザラ。

 

ぼくも字が下手なので、あ〜〜うまくなりたいな〜〜

なんて思いながらも

とくに努力はしていないという(笑)

 

でも、少しのことを気をつけるだけで

簡単にきれいな字がかける、ということらしいので

それを意識するように心がけることにしました。

 

 

まず一番大事なこととして、

3つのルールを守ることが大事みたいです!

 

f:id:AR30:20150106141512p:plain

 

1.右上がり6度に書く

2.右下に重心をおく

3.等間隔にする

 

こちらの動画で詳しく紹介されています。

続きの動画もあるようです。

 


簡単ルールで 一生きれいな字 01/15 - YouTube

 

 

ちなみに・・

いろいろ調べてわかったというか、たぶんこうだろうと思うのは

 

字をうまく書けるようになるためには

綺麗な字を明確に思い浮かべることができるようになること

これが大事みたいです。

 

たしかに・・

今から書こうとしている字が、どういう形だったらキレイと言えるのか

明確にくっきり想像しようとしても・・字が下手なぼくには・・できない。。

 

つまりは、うまい字をたくさんみてみる。

小学生の硬筆のようになぞってみる。

 

たぶんこれが大事なんでしょう。

 

そしてその字が想像できるようになれば

それをそのまま文字で表せばいいんです。

 

 

これって、たぶん絵を描くのも同じことだと思うんですよね。

 

絵がうまい人っていうのは、それだけイメージが鮮明にできてるということ。

 

大人だったら、モノをみながら描けば・・それなりの絵が描けますよね?

それを直接モノをみるのではなく、想像で描くことができる

これが絵のうまい人だと思います。

 

人物の顔とか、どれだけうまくイメージできてるか

それだと思います!

 

 

やっぱり頭で理解できてないことは

身体でもできないってことですよね。。

 

ぼくは「身体で覚える」っていう言葉は迷信だと思ってます(笑)

まずは頭で理解する、イメージする、何事もそれが上達の近道だと思います。

ひなぴし 顔だけ黄色い人 テーマパークのブログ 鉄道のブログ 日本史のブログ
このブログへメール 削除依頼について