ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

M-1グランプリ歴代優勝者と決勝進出者・敗者復活戦の一覧、2017年結果、出囃子・登場曲の動画、THE MANZAIも

M-1グランプリ、毎年楽しみにしています。

よく知っている漫才師から、今まで知らなかった人までが

決勝まで進出してきたりするので、毎回おもしろいだけでなく新しい発見もあります。

 

この曲を聴くと・・あ!M-1やな!って思いますよね〜〜

出囃子、漫才師の登場曲です。

www.youtube.com

 

▼こちら、原曲??

www.youtube.com

 

出囃子の効果音聞いて気分が盛り上がったところで。

 

M-1グランプリ2017の優勝者結果予想

下の、過去の情報をみてもらえばわかりますが

基本的に、前年にそれなりの成績をおさめている人が今年優勝する

という雰囲気があります。

とくに2016年までの3回は全回2位のコンビが優勝

()内は前年の成績

  

2001年 中川家
2002年 ますだおかだ(4位)
2003年 フットボールアワー(2位)
2004年 アンタッチャブル(3位)
2005年 ブラックマヨネーズ(準決勝敗退)
2006年 チュートリアル(5位)
2007年 サンドウィッチマン(準決勝敗退)
2008年 NON STYLE(初出場)
2009年 パンクブーブー(準決勝敗退)
2010年 笑い飯(2位)
2015年 トレンディエンジェル(2位)
2016年 銀シャリ(2位)

2017年    とろサーモン(準決勝敗退)


※2015年のトレンディエンジェルは2014年の『THE MANZAI』の成績です

 

2017年の決勝進出者は

ジャルジャル、かまいたち、カミナリ、マヂカルラブリー、ミキ、さや香、とろサーモン、和牛、ゆにばーす

 

2016年の成績から考えると・・

和牛

カミナリ

この2組が優勝の本命かなと思います!

 

敗者復活組の優勝も過去にはありますが

2017年からは敗者復活組が最後にネタを披露するという仕組みがなくなるそうなので(その都度、くじでネタ順が決まる)

 

おそらく、和牛、カミナリあたりが一番可能性が高いかなと思います!

 

 

❉2017年の優勝は、

とろサーモン

でした!!

 

 

それでは、過去のM-1の情報を振り返ってみたいと思います。

歴代優勝者の情報はよく書かれているのですが

決勝進出者や敗者復活から勝ち上がった芸人さんの一覧はあまりみかけません。

なので、ファイナリストをまとめます!

 

それにしても、書き出してみたら

本当にこの大会をきっかけにして知名度が上がり有名になっていたコンビがたくさんいますね。

 

ただ、おそらく漫才がうまいだけではダメで

トーク番組で活躍できたり、一芸があったりするコンビがやっぱり売れています。

 

 

今となっては「このコンビなんだったっけ?」というコンビニついて

一言ずつ説明を加えています。途中から面倒になって印象的なネタやフレーズだけ書いてます(笑)

 

敗者復活戦を勝ち上がったコンビ名には「★」をつけています。(THE MANZAIについてはワイルドカード決定戦勝者)

 

 

なお、2011年〜2014年まではM-1グランプリの開催はなく、代わりといってはなんですが、THE MANZAIが開催されていました。

出場条件等が違いますが・・参考にこちらも書き出しておきます。

 

M-1グランプリ2017 決勝進出者・優勝者

1位 とろサーモン
2位 和牛
3位 ミキ
4位 かまいたち
4位 スーパーマラドーナ
6位 ジャルジャル
7位 さや香
8位 ゆにばーす
9位 カミナリ
10位 マヂカルラブリー

和牛ととろサーモンが3票と4票という僅差の最終決戦でした。

和牛の方が良かったという声もけっこう聞くんですが・・好みの差ですかねぇ。

やっぱりこういう賞レースは、どうしても、何度も出場している人が有利になるという部分がどうしてもある気がします。

和牛は、来年の本命でしょう。2017も本命だと思ってたんですけどね〜

本当に接戦でした。

個人的には、ジャルジャルが良かったです。

松ちゃんもけっこう絶賛してましたが、やっぱり好みが分かれるネタだったということですかね。

あのネタは、笑う方も賢くないと笑えない(オール巨人)ですし、もちろんやる方も賢くないと無理だと思いますので。高度な笑いだな〜と感心しました。

ジャルジャルの世界観は漫才としては認められにくいかもしれませんが

他のコンビとは明らかに違うものをみせてくれるという大きな期待感を持つことができるコンビだと思います。

 

M-1グランプリ2016 決勝進出者・優勝者

1位 銀シャリ
2位 ★和牛
3位 スーパーマラドーナ
4位 さらば青春の光
5位 アキナ
5位 ハライチ
7位 カミナリ
7位 スリムクラブ
9位 相席スタート

昭和の漫才師!という感じの銀シャリが優勝。

銀シャリも・・少しパンクブーブーっぽい雰囲気が・・・

つまり、イケメンでない、トーク番組で活躍できない・・→全国区で露出が増えない・・

 

M-1グランプリ2015 決勝進出者・優勝者

1位 ★トレンディエンジェル
2位 銀シャリ
3位 ジャルジャル
4位 タイムマシーン3号
5位 スーパーマラドーナ
6位 和牛
7位 メイプル超合金
8位 馬鹿よ貴方は
9位 ハライチ

過去のM-1優勝者が審査員に

結成15年以内のコンビに、条件が変更になりました。

 

THE MANZAI2014 決勝進出者・優勝者

 

学天即

囲碁将棋

馬鹿よ貴方は

磁石

ダイアン

博多華丸・大吉(優勝者)

アキナ

和牛

エレファントジョン

2丁拳銃

トレンディエンジェル

★三拍子

 

THE MANZAI2013 決勝進出者・優勝者

レイザーラモン

チーモンチョーチュウ

オジンオズボーン

千鳥
学天即

風藤松原

銀シャリ

ウーマンラッシュアワー(優勝)

天竺鼠

NON STYLE

東京ダイナマイト 

★流れ星

 

THE MANZAI2012 決勝進出者・優勝者

テンダラー
ウーマンラッシュアワー
ハマカーン(優勝)
オジンオズボーン
トレンディエンジェル
NON STYLE
磁石
千鳥
スーパーマラドーナ
アルコ&ピース
笑い飯

★エルシャラカーニ

 

THE MANZAI2011 決勝進出者・優勝者

 アルコ&ピース
 囲碁将棋
 ウーマンラッシュアワー
 エルシャラカーニ
 学天即
 磁石
 スリムクラブ
 チキチキジョニー
 千鳥
 テンダラー
 ナイツ
 Hi-Hi
 博多華丸・大吉
 ハマカーン
 パンクブーブー(優勝)

 ★銀シャリ

 

M-1グランプリ2010 決勝進出者・優勝者  

1位 笑い飯
2位 スリムクラブ
3位 ★パンクブーブー
4位 ピース
5位 銀シャリ
6位 ナイツ
7位 ハライチ
8位 ジャルジャル
9位 カナリア

結成10年目でいよいよ最後の挑戦になった笑い飯が優勝。

この大会で、一旦、M-1グランプリは幕を下ろすことになりました。

 

ピース・・作家として有名な又吉直樹さんとアメリカ行く行く詐欺の綾部祐二

カナリア・・イケメンと金色モジャモジャ頭のコンビ

 

M-1グランプリ2009 決勝進出者・優勝者  

1位 パンクブーブー
2位 笑い飯
3位 ★NON STYLE
4位 ナイツ
5位 ハライチ
6位 東京ダイナマイト
7位 モンスターエンジン
8位 南海キャンディーズ
9位 ハリセンボン

パンクブーブーは優勝したわりに露出が少ないコンビ(笑)

華がない、トークがうまくない、が原因ですかね・・

漫才は抜群に面白いんですけど(^_^;)

劇場向きの漫才師ですね

 

M-1グランプリ2008 決勝進出者・優勝者 

 

1位 NON STYLE
2位 ★オードリー
3位 ナイツ
4位 笑い飯
5位 U字工事
6位 ダイアン
7位 モンスターエンジン
8位 キングコング
9位 ザ・パンチ

決勝進出の上位3組が全て初出場。

 

モンスターエンジン・・上半身裸、黒スパッツの「暇を持て余した神々の遊び」

ザ・パンチ・「はいチャース、チャッチャチャース」「死ねよ〜」や「お前マジ気持ち悪いんだけど〜」

 

M-1グランプリ2007 決勝進出者・優勝者  

1位 ★サンドウィッチマン
2位 トータルテンボス
3位 キングコング
4位 ハリセンボン
5位 笑い飯
6位 ザブングル
7位 ダイアン
8位 千鳥
9位 POISON GIRL BAND

敗者復活戦を勝ち上がったサンドウィッチマンが優勝するという劇的な展開でした。

 

ダイアン・・漫才はうまいが華がない、人気がないと言われるコンビ。吉本の養成所では「自分ら、おもろなかったら即死やで」と宣告された

 

M-1グランプリ2006 決勝進出者・優勝者  

1位 チュートリアル
2位 フットボールアワー
3位 麒麟
4位 笑い飯
5位 トータルテンボス
6位 ★ライセンス
7位 ザ・プラン9
8位 変ホ長調
9位 POISON GIRL BAND

審査員全員から1位評価を受けたチュートリアルが史上初の完全優勝を成し遂げた。

 

ザ・プラン9・・なだぎ武も参加していたユニット。今は3人組。シェイクダウン、デモしかし、君と僕、シンドバット、スミス夫人を解散して組まれた。

変ホ長調・・アマチュア漫才コンビ

 

M-1グランプリ2005 決勝進出者・優勝者  

1位 ブラックマヨネーズ
2位 笑い飯
3位 麒麟
4位 品川庄司
5位 チュートリアル
6位 ★千鳥
7位 タイムマシーン3号
8位 アジアン
9位 南海キャンディーズ

ブラマヨの小杉が痩せてた(笑)

ブラックマヨネーズは見た目がちょっといかついからか、M-1後にすぐに全国区の人気が出たわけではないみたいで。

しばらく経ってからよくテレビでみかけるようになりました。

 

アジアン・・馬場園はたまにみかけるが、隅田はみかけない。「ビジネスブス」を標榜していて、婚活に響くということでブスいじりは現在厳禁となっているらしい

 

M-1グランプリ2004 決勝進出者・優勝者 

1位 アンタッチャブル
2位 南海キャンディーズ
3位 ★麒麟
4位 タカアンドトシ
4位 笑い飯
6位 POISON GIRL BAND
7位 トータルテンボス
8位 東京ダイナマイト
9位 千鳥

関西出身ではないコンビが優勝したのは初だった。

南海キャンディーズは結成1年半での決勝進出で、記録に残っている。

 

トータルテンボス・・半端ねえ、やんごとねぇ、しのびねぇ、かまわんよ、辺りの言葉を多用する漫才である。ツッコミはアフロヘア(一時期やめていた)

 

M-1グランプリ2003 決勝進出者・優勝者

1位 フットボールアワー
2位 笑い飯
3位 ★アンタッチャブル
4位 2丁拳銃
5位 りあるキッズ
6位 スピードワゴン
7位 アメリカザリガニ
8位 麒麟
9位 千鳥

 

笑い飯が「奈良県立歴史民俗博物館」という伝説のネタを披露した(笑)

 

りあるキッズ・・2014年で解散。11歳でコンビ結成。子供ながらに本格的な漫才を行うコンビだった。

 

M-1グランプリ2002 決勝進出者・優勝者

1位 ますだおかだ
2 フットボールアワー
3 笑い飯
4 おぎやはぎ
5 ハリガネロック
6 テツandトモ
7 ★スピードワゴン
8 ダイノジ
9 アメリカザリガニ

 

ますだおかだもこの年が結成10年目でした。まだ岡田は滑る芸ではなかった模様(笑)

敗者復活戦がこの年から導入されました。

 

ダイノジ・・今も活動を続けている。ツッコミの大地は世界エアギター選手権で大会2連覇を達成している

 

M-1グランプリ2001 決勝進出者・優勝者

1位 中川家
2位 ハリガネロック
3位 アメリカザリガニ
4位 ますだおかだ
5位 麒麟
6位 フットボールアワー
7位 キングコング
8位 チュートリアル
9位 DonDokoDon
10位 おぎやはぎ

 

結成10年以内が出場条件でちょうど10年目だった中川家が優勝。

おぎやはぎに対する大阪地区の一般審査員の評価が低すぎたので、翌年からこの制度は廃止になったそうです(笑)

 

ハリガネロック・・2014年に解散したコンビ。ボケのユウキロックは構成作家、ツッコミの大上は芸人引退後、MCタレントとして活動しているとか

 

DonDokoDon・・・山口智充ことぐっさんのコンビ。現在は事実上の解散状態。平畑は芸能界1のサッカー通として静岡でメインの番組を持ち抜群の知名度を誇る

 

M-1の過去の放送を全部まるごと動画でお得に観たい人はAmazonプライム会員になろう

M-1の過去の放送を振り返って観てみたい!という人は・・

Amazonプライム会員になれば観られますよ!

 

▼ここから

http://amzn.to/2zvVMqE

 

Amazonプライム会員には動画を観る以外にもオトクなサービスが満載です。

満載すぎます。おすすめの会員サービスですよ。

▼Amazonプライム会員について詳しくはこちら

http://amzn.to/2BillM5

 

 

M-1グランプリ関連の記事一覧

 

M-1グランプリとTHE MANZAIの違いとは?M-1が終了・復活した理由 - ひなぴし

 

M-1グランプリ歴代優勝者と決勝進出者・敗者復活戦の一覧、前年結果から2017年予想、出囃子・登場曲の動画、THE MANZAIも - ひなぴし

 

M-1グランプリの出囃子・漫才師登場曲 何と言ってる?/原曲/歌詞/和訳/意味/トヨタ アクアTVCMで使われた - ひなぴし

 

M-1グランプリ歴代司会進行・審査員の一覧、人数の変遷、THE MANZAI - ひなぴし

このブログへメール 削除依頼について