ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

ホリエモンの有料メルマガ登録者1万人に!売上1億円を超える見込み。「堀江貴文のブログでは言えない話」ぼくも受信してました…。電子書籍と一緒です。




今年の2月にスタートした有料メールマガジン。
「堀江貴文のブログでは言えない話」
月4回ペース、月額840円で配信されているこのメルマガ、
登録者が1万人目前になってきており、年間売上見込みが1億円を超えそうだということです。

いろいろ工夫されているようで。

★ブログネタ等でタダで公開するのはもったいないようなことを中心に配信
★「Q&Aコーナーで受信者の簡単なコンサルティングを実施する」「クレーム・提案に積極的に対処していく」など、読者サービスを徹底
★自身が出演する各種媒体など、宣伝できる場所ではできるだけ宣伝していく

内容については読んでいて面白いと思えるかどうかは人それぞれでしょう。
本人が直接書いている文章ですから、フィルターがかかっておらず(もしかしたらかかってるのかもしれませんが・・・)興味深い内容は多いと思います。

けっこうボリュームある内容なんですが、ぼくは週1、時間を取って読むのはちょっとな…と思いやめてしまいました。。

読み始めてみたのは「ビジネスとしてどうなんだろう」と思ったからです。

たぶんこれぐらいの購読者数になるだろうし、かなりの収益が見込めるんだろうな〜と思い、堀江氏はどういう方法で読者を増やしたり収益を高めることをしていくんだろうなと興味がありました。


有料メールマガジンって、今話題の「電子書籍」ですよね、まさに。

本屋さんを通さず、配信スタンドの仕組みを使って読者へ届けられる。

購読料は本人の取り分が60%だそうで、普通に本を売るよりもかなり身入りは多いと思います。

そして、毎月840円払うんですから…
毎月ホリエモンの書いた単行本を買ってるのと一緒ですよね。

月4回配信されているといっても、
1か月分で単行本1冊分の文量はありません。

堀江さんぐらいの知名度とアイデアを持った人だったら…
たしかにこういう方法で稼ぐのが最も良いと言えるでしょう。

これも読みたい


個人の場合、1万人もの定期読者をGETするのはとても難しいとは思いますが、儲け幅が大きいことは変わりません。

もし人に教えてあげることで有益…と思える情報があれば
メールマガジンでの配信を考えてみてはどうでしょうか。

キーポイントは「独自性」です。
ぼくも実は1年ぐらい前から配信を構想しているんですが…
まだ構想段階です。。
自分のアイデアが「独自性」をもっているうちに早く事業化しないとっ!!

このブログへメール 削除依頼