ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

ニコニコ動画、四半期で黒字達成--ユーザー投稿型として「世界初では」




ユーザ投稿型の動画サイトというのは、サーバー費用が重くのしかかるイメージがあり・・・なかなかそれ単体で儲けることは難しそうですが、ニコニコ動画の事業は2010年9月期第2四半期(1〜3月)で黒字化したそうです。

ニコニコ動画、四半期で黒字達成--ユーザー投稿型として「世界初では」 - CNET Japan

大きな要因は「プレミアム会員と呼ばれる有料会員からの利用収入」だそうです。

月額525円のプレミアム会員。

新規会員登録 - niconico

「無料だから観るのであって、お金を出してまで観るのか」という否定的な意見もありましたが、なんのその。2010年4月時点で77万人を超える会員数があるそうです。

すごい人数ですよね。ニーズがあるということ。お金を払う価値が見出されているということです。「サイト訪問者が何をのぞむのか、何をストレスと感じ何を改善してあげればお金を払っても良いと思えるのか」を追求した結果だと思います。

これも読みたい


月額525円という金額は、携帯サイトの各サービスの会員費用と同額程度。
そういうものを利用している層からすると、あまり抵抗なく支払える額かもしれません。
また、携帯での支払いも可能になっています。

これはひとつの挑戦でしたが、ドワンゴがこれに挑戦して成功していることによって、ほかの会社も同じようなことをやれる可能性が出てくるのではないでしょうか。

「無料だから・・・」という固定観念を捨て、「少し払えば快適に」を実現できれば可能性があります。
利用者のニーズをつかむことが重要ですね。

そういう意味で、ニコニコ動画は常に新しいサービスを投入して試験していますから、お客さんの顔をみてサービス提供できているのだと思います。すごい!

このブログへメール 削除依頼