ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

子宮頸がん予防には若年層へのワクチン接種が有効




栃木県大田原市では費用を市が全額負担する子宮頸(けい)がん予防ワクチン集団接種を小学6年生の女子生徒を対象に実施しているそうです。

子宮頸がんはがんの中では珍しく原因が比較的特定されている病気です。
性交渉により感染・発症するらしく、性交渉をする前の若年層への予防接種が効果的と言われています。

これも読みたい


こどもへの補助等はいろんなところで設けられていますが、この予防接種のような目的がハッキリしたものへ振り向けられることが一番良いのではないかと思いますが・・・いかがでしょうか。

3回の接種が必要で、総額5万円以上もの費用がかかるそうです。

安い金額じゃないですよね。小学6年生の女の子全員が対象とすると・・・かなりの費用負担に。

大田原市は来年度以降も継続するようです。

ほかの市町村も追随してほしいですね。無駄なお金が無いか事業仕分けして、こういうところへ使ってほしいです。

このブログへメール 削除依頼