ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

日本で石油を作ることができるようになる?すごい発見。



石油原産国のイメージって・・・お金持ちのイメージですよね。
資源が少ない日本からすると、うらやましい限りです。

でも、その石油を、この日本で作ることができるようになるかもしれないというニュースがありました!

http://www.asahi.com/science/update/1214/TKY201012140212.html

藻類に「石油」を作らせる研究で、筑波大のチームが従来より10倍以上も油の生産能力が高いタイプを沖縄の海で発見した。

もともと油の生産をする藻類っていうものが複数いることはわかっていたようです。でも実用化できるほどの生産能力は期待できなかった・・・。ところが今回発見されたものは今までの10倍以上の生産能力のもの。それが沖縄の海で見つかったそうです!

★研究チームの試算
深さ1メートルのプールで培養

面積1ヘクタールあたり年間約1万トン生産可能◎

⇒国内の耕作放棄地などを利用して生産施設を約2万ヘクタールにすれば・・・
日本の石油輸入量に匹敵する生産量になる!!

発見したチームの渡邉教授は
「大規模なプラントで大量培養すれば、自動車の燃料用に1リットル50円以下で供給できるようになるだろう」とのこと。

素晴らしい発見ではないでしょうか★

これも読みたい

こどものころ、きみたちが大人になるころには石油はなくなっているはずだから、それまでに新しいエネルギーを考えないとね・・と言われていた記憶があります。それがなぜか、いまだに石油は存在し続けていて・・・実はアラブの地中深くで今回の藻類のような何者かがずっと増産し続けてたりして。。

とにかく資源を外国に頼らざるを得ない国、日本ですから、ぜひこの発見を技術にし実用化してほしいと願います。


沖縄の海で発見・・・
やっぱり沖縄はわたしのものだーって言い出す隣国が出てきそうな。。

こわい。。

沖縄の人は、日本国民だって思ってますよね??きっと。。


 iPhoone3gをフォローしましょう このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterフォローお願いします

このブログへメール 削除依頼