ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

扇風機で死亡するって本当?




聞いたことないですか?

就寝中、扇風機の風にあたり続けると死ぬ

これ本当なのか気になってまして・・・

調べてみました(笑)
専門家ではなく「絶対正確」とは言い切れないので、参考レベルということで。


結論から言うと・・・


★扇風機をかけっぱなしで寝ると、全員が死ぬわけではない

★体調が悪くなることはある

★過労状態であったり、老齢・病弱などの身体的な素因、睡眠薬を服用している等があったうえで、長時間扇風機やエアコンの風を受ける事で体温調節がうまく機能せず、結果として心臓麻痺などの症状がおこる可能性がある


まあ、いたって健康な人が普通の精神・肉体状態で誤って扇風機の風をあたり続けたまま寝たとして・・・

死ぬことはよっぽどないとのこと。


★扇風機の死亡説
扇風機の都市伝説 - Wikipedia

低体温症による死亡説」

汗をかき、扇風機の風によって盛んに蒸発が起きることで体温が奪われ低体温症に至る

「発汗は、人体が暑いと感じるから行われる」

もし少しでも寒いと感じたら汗をかくどころか「毛穴をしっかり閉じて熱を奪われまいとする」(鳥肌状態)

風邪をひくほどの寒さを感じたら目が覚めて眠るどころではなくなる。


気化熱によって際限なく温度が低下する」というのは誤解

扇風機に当たって寝ていると凍死してしまう、などという状況が通常の室温下では発生しない


よって、普通の状態では死に至るまで体温低下するとは考えにくい。

(ただし、急性アルコール中毒や睡眠薬の服用などにより泥酔、昏睡状態にある場合、覚醒に至らないまま体温低下を起こす可能性あり)


「脱水症状から塞栓症を起こして死亡する説」

「暑さを感じても扇風機を使わず盛んに発汗をする」方が、「扇風機を使って発汗を少なめに抑える」ことに比べて有利という根拠はなく、むしろ余計に汗をかくのではないかと考えられるため、扇風機使用が脱水症状を引き起こしやすいとは言えないのでは

(ただし、どちらにせよ水分補給は重要だが)


★なぜこんなに有名な話なのか


でも昔はこんな記事が新聞に出たこともあったとか。だから親もみんな信じて、ぼくらに伝えてきたわけですね・・・扇風機の風をあびつづけると死んでしまうって親から聞きましたし。

で、こちらのサイトをご覧のアナタにだけ、特別サービス(?)で紹介致しますが、確かに“扇風機をつけっ放しにして死亡”という記事は実在する。

(略)

知る限り、最も古い記事は1972(昭和47)年7月21日付「毎日新聞」に載ったもの。水戸市で男性(23)が、風呂上りに裸で扇風機をつけっ放しにして寝込んだため、体が冷え過ぎ、心臓マヒで死亡したという記事。

(略)

72年の記事に戻ると、同記事には水戸市K病院院長の話として「大人でも扇風機の風で体温調節機能が落ち、心臓マヒで死ぬことがある」という談話を紹介している。

(略)

しかし決定的なのは1987(昭和62)年9月1日付「毎日新聞」ではないだろうか。

これは扇風機ではなく「熱帯夜が続く31日、東京・新宿の独身寮内でクーラーをつけっ放しにして就寝した男性が心不全で死亡した」という記事。

だがその記事中、天下の「毎日」が「都内では昨年クーラー、扇風機殺人が5件起きている」と“扇風機殺人”を既成の事実として報じている。

扇風機で死ぬのは都市伝説なのか!?


いろんな可能性がありますよね。

別の事情で無くなった方が、発見された時扇風機の風にあたっていた。

「これが原因ではないか」と思った、とか。


「扇風機殺人」もたしかに死んでしまう人もいるかもですけど・・・
「殺す」側の立場で考えたとすると、非常に確率が低い方法ですよね。。
そんな方法取るんですかね??
失敗したらばれる可能性が高いわけだから、そういう人は確実な方法を取る気が。


こんな話もあります。

医者も注意呼びかける「扇風機あたり続けると死ぬ」 : J-CASTテレビウォッチ

扇風機によって「凍死寸前の体温(33度)」に近い34〜35度になり、最悪の場合、亡くなることも考えられる

番組の「実験」(室温28度、1mの距離で『強』の風にあび続ける)でも、表面温度は30度まで下がったそうだ。原元美紀リポーターは「腕が痛い」「指先の感覚がなくなる」といった症状を訴えた。

ただ、「死のシナリオ」は、いわゆる凍死というよりは、寒さで血管が収縮することで、心筋梗塞脳梗塞を誘発して死亡4 件――といったものであるようだ。

1mの距離で首振り無しに「強」の風あびつづけるのは、普通はないと思いますが・・・
そういう使い方は危険ということ。

だから実際に死んだ人もゼロではないかもしれませんね。実際に新聞記事になったりもしれるわけですし。

とくにカラダが弱っている人やクスリを使っていた場合等では。



結局、「絶対大丈夫」とも「絶対安全」とも言えないんですけど(笑)

どんな製品でもそうですよね、よく考えたら。

「どんな使い方をしても死にません、ケガ・病気しません」なんて商品はたぶん無い気がします。


使い方で・・・でしょうが、

具合が悪くなる可能性は多分にあるでしょう。

風邪ひいたり、おなか壊したり。


長時間風圧のストレスを受けていることで気分が悪くなることもありえるらしいですし。


まあそりゃそうですよね・・・どんな使い方でも誰でも死ぬわけではない。

もしそうだったらたぶん死ぬ人が続出して、今頃扇風機は世の中からなくなっているはず。。人間ですから、わざとでなくても間違った操作をすることはよくあります。


まずは


★一点集中で風をあたり続けない
 ⇒首振りする

★強い風にしすぎない

★できるだけ直接風にあたらない
 ⇒部屋の空気をまわす感じ

★健康・健常な状態でない人や赤ちゃん等自分で操作できない人に扇風機はやめておく、使う時はとくに注意する






昔親から聞かされたのは

扇風機をかけっぱなしで寝ると、全員が死ぬ

というような話でした。


ちなみに、この話


韓国でもメジャーなそうです(笑)


そう思ってた人が多いんじゃないかと思います(笑)


それがそうじゃないことがわかっただけでもまあ良しとしましょう(笑)


エアコンも注意しないと、ですね。




RSSを購読

このブログへメール 削除依頼について