ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

交差点に立っている警察官?な人が笛をピューと吹く


以前にも書いたことがある話だが。


家の近くにややこしい交差点がある。

五叉路。


5つの道が交わる交差点。

もうここに住み始めて5年は経つ最近でも未だによくあるのだが、

交差点に入った瞬間、自分の目的の方向がどっちだったかわからなくなる。

これってクルマでも歩きでも同じで、よく迷う。…というか、間違えて進んでしまい、かなり行ったところから戻る羽目になることがしばしば。


たぶんそういう場所だからクルマの事故も多いと思う。



その交差点に、半年に一度くらいの間隔でだが、警察官?が立っている。

信号の青赤黄に合わせて、ピューと笛を吹く。
ただそれだけだ。

まあ、マイクとか持ってるわけじゃないから声で何か言うわけではない。

ただ交差点にとまったクルマからすると、あそこに警官?がいるな…とたぶん運転が慎重になる。

そういう効果を狙ったものなのかなと。


さて、なぜ警察官「?」なのかというと、

別にその人が悪いわけでも何でもなく、その人を見るたびに俺が

「あれ、もしコスプレの人だったら、たぶん快感だろうなぁ〜」

と感じているから。


みんながジロジロみるし、あの人に従わないと…て感じでおとなしくクルマが行き来する。

好きなようにピューと笛を吹き、たまに身振りも交えてクルマを制止。

目付きで威嚇!アイビーム発射!!


おれ…いま、警官になってる!!

ヤター!!


これほど良い舞台はない。


…と、、、


もう40歳は超えているであろうあのおじさんが思っているのだ。


よくみると、普通の歩行者は絶対に入らないような、歩道橋の階段の下という隙間に立っていて、

でも、交差点からはみえる…という絶妙な位置にいるのは、


本物から隠れるためなのではないかと。


無線、警棒など、身の周りのものもフル装備っぽい。



あの人のことは、

ピューと吹くジャガー

と名付けよう。



その日以来、半年に一度ジャガーを見かけるたびに、

笛の音色、身振りの機敏さをチェックし、

今日はいつもより気合い入ってるっぽいな

うんうん、ホンモノぽい!

とか評価するようになった。



そんなことを思いながら、この交差点を、

また間違えた方向に進むのだ。


そのたびに、


ジャガーッッ!!


と、間違えるのはジャガーのせいにすることにした。


自分が馬鹿なんじゃない。
ジャガーのせいだ。


くそう、ジャガーは快感なんだろうなぁぁ今日も!!




ごめんなさい、独り妄想遊びをする俺を許してください。おまわりさん。

寒い中、お疲れ様です。。

このブログへメール 削除依頼