ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

PASMO払い戻しの場所はどこ?パスモ定期券はどこで払戻?

PASMOを使わなくなったら、払い戻した方が良いですね。

ずっと持っていても、いずれ持っていること自体を忘れてしまう可能性がありますし。

 

また必要になれば、その時に購入すれば良いわけで。

 

もし払い戻したらいくら返ってくるのかについては

こちらの記事で確認できます。

SuicaとPASMO は払い戻し手数料が違うので注意、パスモ は廃止になり無料 過去記事 - ひなぴし 

PASMOを払い戻しできる場所

どこでパスモを払い戻しできるのかは、ざっくり言うと

JR以外の駅

です。

 

たいていは、駅の事務室だと思います。

 

なぜ「JR以外」かというと、JRは「PASMO取扱事業者ではない」からです。

同様に、「Suicaを売っている会社」では、できない場合があるので

ご注意ください。

(厳密にいうと、JR以外にもSuica取扱事業者は存在していますので注意)

 

東急や東武、西武、小田急、京王、京急など

たいていの大手私鉄は、PASMO取り扱い事業者なので

駅でPASMOの払い戻しが可能です。

簡単にいうと、パスモを売っている会社であれば、パスモの払い戻しができます。

JRではスイカは売っていますが、パスモはうっていません。

 

 

ただし、1点注意したいのは

PASMOが定期券の場合は、

その定期券を買った会社の定期券うりばで払い戻し

 

そうじゃない場合もあるかもしれませんが、

そう思っておいた方が無難です。

 

どこの会社で買った定期券かは、定期券の表面を見ればかいてあります。

 

東急・武蔵小杉駅〜東京メトロ・上野駅までの定期券の場合

東急でもメトロでも買えますので、どちらで買ったものかは

よく確認しておきましょう。

 

定期券付きPASMOの場合は

定期券そのものの払い戻しも発生するので

定期券うりばでないとダメと思われます。

(PASMOの残額+定期券を払い戻したお金)

 

 

すでに使用期限が切れているPASMO定期券の場合も

今使っている定期券の場合と同様に、定期券うりばで払い戻しを申し出た方が無難です。

 

(なお、期限切れ定期券の場合は

その会社の定期券うりばでなくても払い戻せる可能性もあります。

が、しかし、とりあえずは、定期券を買った会社の定期券うりばで

と思っておいた方が無難です)

 

 

また、定期券や記名PASMOの場合は、身分証明書が必要になりますので要注意!

 

 

あと、払い戻しの際に必要なものについては

こちらで詳しく解説していますよ〜〜

 

PASMO/Suica払い戻し方法、場所、必要なもの、定期券の場合 - ひなぴし

このブログへメール 削除依頼