ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

MacでiPhoneバックアップデータを別の場所へ移動させる方法

MacのiTunesにiPhoneのバックアップデータを保存している場合、

どこに保存されているか知っていますか??

 

実はぼくは長いあいだ、かなり勘違いをしていました。

iTunesのデータを移行、別の場所へ移せば、

iPhoneのバックアップデータファイルも一緒に移るものだと。。

 

前にこの記事を書いたのですが

iTunesデータを超小型USBメモリへ移動する方法 - ひなぴし

 

この方法で、たしかにiTunesのデータはUSBメモリへ移動できるのですが

iPhoneのバックアップデータは「iTunes」フォルダには保存されていません。

 

全然別の場所に保存されています。

 

※Macの場合、で書きます。

 

 

MacでiPhoneのバックアップデータが保存される場所

これは指定ができず、勝手に決められた場所に保存されることになっているようです。

その場所は、こちら↓

 

/Users/ユーザ名/Library/Application Support/MobileSync/Backup

 

これはiTunesでの設定など、普通の方法では変更できないようです。

つまり、iTunesフォルダをたとえば外付けHDDなどへ移行させても

このiPhoneのバックアップデータだけはここに残り続けますし、

それ以降もずっとここに保存されることになります。

 

iPhoneのバックアップデータを超小型USBメモリへ移して、Macのストレージ容量を空ける

Macのストレージが満杯・・

そして、iPhoneのストレージがだんだん大きくなってきていて

iPhoneのバックアップが取れなくなる・・なんて事態に陥っている人もいるかもしれません。

 

そういう人は、こちらで紹介した方法でiTunesを超小型USBメモリへ移し

iTunesデータを超小型USBメモリへ移動する方法 - ひなぴし

 

iPhoneのバックアップデータも、超小型USBメモリへ移してみてはいかがでしょうか?

iPhoneのバックアップデータファイルの、Mac内からUSBメモリや外付けHDDへの移動の方法をこのあとご紹介します。

 

※超小型USBメモリの故障等によるデータ破損や紛失等の責任は負えませんので、あくまで自己責任でお願いします

 

超小型USBメモリや・・

 

Amazonでおすすめの超小型USBメモリはこちら

 

外付けHDDなど

I-O DATA HDD ポータブルハードディスク 1TB USB3.0バスパワー対応 日本製 EC-PHU3W1

I-O DATA HDD ポータブルハードディスク 1TB USB3.0バスパワー対応 日本製 EC-PHU3W1

 

 

AmazonでMac用のおすすめ外付けHDDはこちら

 

 

こちらの記事でも、おすすめ商品を紹介しています↓

iTunesデータを超小型USBメモリへ移動する方法 - ひなぴし

 

では、ここから、iPhoneバックアップデータの移動の方法をご紹介します。

 

 

念の為、バックアップファイルをコピーしておく

これからiPhoneのバックアップデータを別の場所へ移す過程で

今保存されているバックアップデータを一度削除してしまいます。

 

ただ、単に削除するだけだと、何かあった時に怖いので、念の為コピーしておきましょう。

このコピーの手順は絶対ではありません。あくまで念の為の処置です。

 

iPhoneのバックアップデータが保存されている、下記の場所にいきます。

 

/Users/ユーザ名/Library/Application Support/MobileSync/Backup

 

Finderからいくのですが、

わからない人は、

Finderのメニューバーにある「移動」をクリックし、メニューが開いたら

optionキーを押します。

すると「ライブラリ」が表示されるので、そこから

「Application Support」→「MobileSync」と進んでください。

そこに「Backup」というフォルダがあると思います。

 

この中にiPhoneのバックアップデータが保存されています。

 

ここで「Backup」というフォルダをコピーして、別の場所に保存しておきましょう。

場所は好きなところでOKです。

これは、何かあった時のためのコピーです。

最悪、何かあってもコピーを残しておけばなんとかなる可能性があります。

 

なお、これからやる手順で最後までやって問題なく完了したら

このコピーは削除してください。ストレージを無駄に使いますので(^_^;)

 

Backupフォルダを削除

さきほどコピーをした元ファイルである

/Users/ユーザ名/Library/Application Support/MobileSync/

 

ここに入っている「Backup」フォルダを、フォルダごと削除してください。

 

移動させたい場所に「Backup」フォルダを作る

次に、iPhoneバックアップを今後保存したい場所、

iPhoneバックアップの移動先となる場所に「Backup」フォルダを作ってください。

 

ちなみにぼくはこの記事で↓

iTunesデータを超小型USBメモリへ移動する方法 - ひなぴし

 

iTunesのデータを移動させた先に「Backup」フォルダを作りました。

 

/Volumes/USB1/google-drive/iTunes/Backup

 

こういう感じです。

※ぼくの場合はここなので、これを元に説明しますが、自分が新たに作った「Backup」フォルダの場所がこのあと必要です

 

ターミナルでコマンドを実行

次がちょっとややこしいのですが、慎重にやれば大丈夫です。

※自己責任でお願いします

 

Finder を開き、上部メニューの「移動」から「アプリケーション」

その中の「ユーティリティ」

そして「ターミナル」を開いてください。

 

コマンドを打ち込むような画面が表示されたと思います。

ここで次の内容を入力します。

 

1つ入力してもすぐに「Enter」は押さないように!!

最後までちゃんと読んで、慎重にやってくださいね。

 

 

まず「ln -s 」と入力します

これは エルエヌ[半角スペース]ハイフンエス[半角スペース] です。

最初の「 と最後の 」は入力しません。

※半角スペースを忘れないように

 

そして「移動先」として新たに作った「Backup」フォルダの場所を入力します。

これは、そのフォルダをターミナル上にドラッグ&ドロップすれば自動的に入力してくれます。

 

ですので、「ln -s 」と入力したあとにドラッグ&ドロップしてください。

 

 

 

そしてさらに、半角スペース空けて以下を入力

"/Users/ユーザ名/Library/Application Support/MobileSync"

 

この場合は最初と最後の"も入力します。

「ユーザ名」は自分のものに置き換えてください。

 

ln -s /Volumes/USB1/google-drive/iTunes/Backup "/Users/ユーザ名/Library/Application Support/MobileSync"

 

青字・・・

今後iPhoneのバックアップデータを保存する場所

 

赤字・・・

今まで「Backup」フォルダがあった場所

※「ユーザ名」は自分のもの

※赤字は「"」(ダブルコーテーション)で囲むこと

 

※赤字と青字の間、半角スペース空けるのを忘れないように

 

 

ここまで正確に入力できたら「Enter」を押してください。

 

 

iPhoneのバックアップデータ保存場所が移動できたか確認

もし移動できていれば

もともとiPhoneのバックアップデータが保存されていた場所

 

/Users/ユーザ名/Library/Application Support/MobileSync/

 

ここに「Backup」フォルダへのショートカットが作成された状態になっています。

フォルダから矢印が出たようなマークですね。

iPhoneのiTunesバックアップデータをMacで別の場所へ移す方法

 

もしこれが出ていなければ、先程の「ターミナル」での入力が間違っていたと思われますので、もう一度やり直してみてください。

 

 

上の確認ができたら、あらためてiPhoneをiTunesでバックアップしてみましょう。

 

バックアップが完了したら確認します。

iTunesの上部メニュー「iTunes」

環境設定 → デバイス → デバイスのバックアップ

という画面を開くと、

 

取られているバックアップが表示されます。

今の時間で保存されているバックアップを「Control」ボタンを押しながら選択すると「Finderで表示」というメニューが出ますので、これをクリック。

 

すると、保存されている場所が表示されます。

これが、自分が指定した新しい保存場所になっていれば成功です!!

 

 

上の手順で「念の為コピー」しておいたファイルがある方は

ちゃんと新しい場所でバックアップの保存が確認できたら、「念の為コピー」を削除しておきましょう。

 

 

あ・・一応言っておきますが

外付けHDDやUSBメモリは、外付けだけに外部からの衝撃等で壊れる危険性もあったりします。

十分にご注意ください。(しつこいですが、くれぐれも自己責任でお願いします)

 

これで、iPhoneのバックアップデータ容量にも悩まされなくなります!!

っていうか、iPhoneストレージが大きくなると、どんどんPCパソコンやMacでのバックアップが難しくなると思うので

この設定は簡単にできるようになってほしいんですが・・

 

あれ?それとも僕が知らないだけでもしかしてすでにできたりして・・(^_^;)

このブログへメール 削除依頼について