ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

#Mac で画面を拡大する設定・ショートカット 好きなところを大きく表示可能

画面が小さい・・字がもう少し大きければ読みやすいのに。

とか、動画の一部を拡大して観たい!とか。

 

そういうときにアプリ(ソフト)の設定で便利に拡大表示ができればいいですが、なかなかうまく設定できないとき、もしくはそのような設定がない場合があると思います。

 

そんなときでも、Macの基本機能で好きな場所を大きく表示することが可能です。

デスクトップでも、ブラウザでも、動画の表示画面でも大きく表示できますので、覚えておくと便利です。

 

知らない人はかなり便利ですので、覚えておきましょう!

 

Macで画面を拡大表示する設定

まず、システム環境設定を開きます。

 

Macで画面を拡大表示する設定方法

 

「アクセスビリティ」を押します。

 

Macで画面を拡大表示する設定方法

 

「ズーム機能」を開くと、右に表示が出ます。

こちらに表示がある項目にチェックを入れます。

(上の図ではすでにチェックが入っています)

 

2つ方法があります。どちらもチェックしておけば良いのかなと思います

(好みで、使わない方はチェックしないでも良いと思います)

 

「キーボードショートカットを使ってズーム」

「スクロールジェスチャと修飾キーを使ってズーム」

 

「キーボードショートカットを使ってズーム」

拡大したいところにマウスポインタを合わせましょう。

その状態でショートカットを押します。

 

上の図にマークで記載されていますが、文字で書きます。

 

ズーム機能のオン/オフ

option + command + 「8」

※「8」は、数字の「はち」です

 

拡大

option + command + 「^」

※「^」は、ひらがなの「へ」のキーです(~)


縮小

option + command + 「–」

※「−」は、ひらがなの「ほ」のキーです(=)

 

「スクロールジェスチャと修飾キーを使ってズーム」

拡大したいところにマウスポインタを合わせましょう。

「スクロールジェスチャ」をしながら、設定されたキーを押します。

上の図だと、

option + command

になっていますが、自分で変えることも可能です。

 

ぼくはMacBookを使っていますが、その場合だと、キーボードにあるトラックパッドを二本指で上にスクロールしながら option + command を押すと拡大、下にスクロールしながらだと縮小になります。

 

マウスを使っている人もスクロールの操作と合わせて option + command を押せばOKかと思います。

このブログへメール 削除依頼について