ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

ナガシマスパーランド を運営する長島観光開発の社員による社員の殺人事件が発生、ナガシマがあるのは浦安、スーパーランドではない

ナガシマスパーランドを知っていますか?

三重県にある遊園地なのですが、実はかなりの集客を誇る遊園地です。

場所はこちら。

 

ここ、三重県といっても、名古屋駅からかなり近い場所のため

けっこう便利な場所なんです。

www.instagram.com

東海地方ではかなり有名な場所で、遊園地のナガシマスパーランドだけでなく、国内最大級の店舗数を誇る三井アウトレットパーク・ジャズドリーム長島や、日本最大級のイルミネーションが開催されるなばなの里があります。

 

遊園地としてのナガシマスパーランドは日本では、東京ディズニーランド、ディズニーシー、ユニバーサルスタジオジャパンに次ぐ集客数で、2011年のデータでは年間580万人の来園がある施設だそうです。

 

そういえば、ナガシマスパーランドの所在地・住所ですが

三重県桑名市長島町浦安333

 

ここ、「浦安」なんですよ(笑)

浦安には、日本最大のテーマパーク・ディズニーリゾートだけでなく日本最大の遊園地・ナガシマスパーランドもあるんですね(笑)

 

 

「ナガシマスパーランド」は大きい施設ですが「スーパーランド」ではないそうです。

それは、温泉を意味する「スパ」からきている施設名だから。

長島温泉という温泉が湧き出たことがこの地にナガシマリゾートができるきっかけになったんですね。

 

 

関東でもテレビCMが流れたりしますし、関西でも流れたりしていますので、「ナガシマスパーランドは知ってる」という人も多いんじゃないでしょうか。

ナガシマリゾートパーフェクトBOOK (ぴあムック中部)

ナガシマリゾートパーフェクトBOOK (ぴあムック中部)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: ぴあ
  • 発売日: 2015/07/16
  • メディア: ムック
 

 

 

そんなナガシマスパーランドを運営する会社「長島観光開発株式会社」で大事件が発生したとニュースが入ってきました。

 

三重県警は11日、勤務先の同僚女性(29)を川に突き落として殺害したとして、同県朝日町の会社員、加藤淳也容疑者(42)を殺人の疑いで逮捕した。県警は2人に何らかのトラブルがあったとみて調べている。

同僚女性を川に突き落とし殺害 三重県警、容疑の男逮捕 :日本経済新聞

 

実はこの2人、長島観光開発の社員なんだそうです。

加藤容疑者・・ホテルの調理師

宇田さん・・・予約センターの受付業務(営業部)

 

★加藤容疑者には妻と2人の子供がおり、独身の宇田さんとは不倫関係だった

★2人は7日夜、遺体が発見された河口から数キロ上流の員弁川の堤防に宇田さんの軽自動車で出かけ、加藤容疑者が宇田さんを突き落とした

★調べに加藤容疑者は「殺すつもりで橋の上から突き落としたのは間違いありません」と供述

★不倫関係だった宇田さんとトラブルになった末の犯行だったと話している

★堤防には宇田さんの軽自動車が放置され、同署が調べると、車内には宇田さんの数万円入りの財布などが残っていた

★宇田さんは事件の10日前、SNSに「ちょっと辛いことがあった。結構頑張ってきたつもりだったけど、まだまだ足りないらしい。もう少し頑張ってみよう」とつづっていた

 

長島観光開発は「亡くなった女性のご冥福をお祈り申し上げます。社員が逮捕されたことは誠に遺憾です」とコメントしたそうです。

 

8日午前11時ごろ、川越火力発電所の作業員が河口付近の海に女性の遺体が浮いているのを見つけたそうで

四日市海上保安部が遺体を引き揚げて死因を調べていたところ、

10日午前、加藤容疑者が「人を殺しました」と四日市北警察署に自首してきて、逮捕されたそうです。

 

 

みんなが楽しみに、遊びにくる場所の社員がこのような事件を起こしてしまうことは本当に残念ですね。。

 

まあ、これだけの集客を誇る施設ですので、社員数もそれなりにいるんだろうとは思います。そうすると、こういう事件を起こしてしまう社員も出てくるってことなんですかね。

 

 

なばなの里のイルミネーションは、関東や関西からでも行く価値が高いです。

そして、夏のプールは海水を使っているかなり特徴があるプールですが、それだけでなくかなり規模が大きいので、これを楽しみに泊まりで遊びに行くのもありだと思います。

 

遊園地としても特徴あるジェットコースターなどスリルある乗り物がたくさんあるので面白いです。

 

こんな事件を紹介しておいてなんですが(^_^;)

名古屋方面へ行くときには立ち寄りを検討してみてはいかがでしょうか!?

このブログへメール 削除依頼