ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

silent サイレント ドラマ感想考察最新 初回泣ける!切ないラブストーリー!出演者が豪華!第1話 第2話 フジテレビ 川口春奈 目黒蓮

フジテレビドラマ「silent」感想考察

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

動画でご覧ください

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、メモです↓

 

 

こんにちは。

この動画は、フジテレビドラマ「サイレント」の初回視聴後、感想動画です。

今回は台本なしで話しますので、拙いところもあるかと思いますがご容赦ください。

 

普段は、ドラマ考察や、色々なまとめ動画など
みんなが知りたいと思う情報を効率よく見られる動画を、アップしています。
チャンネル登録しないでご覧の方は、この機会に登録して、次の動画を、お待ちください。

 

全く悪い意図はないのですが、言葉選びが未熟なため、

もしかしたら耳が聴こえない方に不快な表現があるかもしれませんが、ご容赦いただければと思います。

 

 

このドラマ「サイレント」に関しては、正直ドラマとしてはノーマークでした。

「恋愛ドラマ」という認識で、川口春奈さん、目黒蓮さんの2人ということだったので、かなり若い人に向けたライトな物語なのかと思っていたんですが

目黒さんが「耳が聞こえなくなっていく人の役」というのをどこかで目にして・・

なんとなく、自分が苦手なタイプの物語かもしれない、と勝手に思っていました。

 

いましたが・・実際に見てみたら、とても心をゆさぶられるストーリーで

第一話はとても引き込まれましたね。

 

 

初回視聴率が6.4%ということだったんですが、

Twitterのトレンドランキング世界1位を獲得したとのことで

見ていた人はみんな「誰かに伝えたい」と思ったのだと思います。

 

TVerの視聴ランキングも上位にいるようですし、

次回以降は視聴率が上がっていきそうですね。

 

 

ドラマ開始当初から音に関する表現がいくつもありました。

それが後半で、想には紬の声が聴こえないことがわかって

前半からずっと語られてきた「音」に関する表現が、後半すべて跳ね返ってきて・・

「聴こえない」ことの切なさが何倍にもなった気がします。

 

冒頭に出てきた、高校時代の雪のシーン。

雪が降ると静か・・もしかしたら想はこういう世界を生きているのかな?と、初回を最後まで見てから見返すと、そう感じます。

そこで元気よく話す紬の声。

「うるさい」と想はいうんですが、そんな紬の声が想にはもう聴こえないんですよね。

 

夏のセミの声

スピッツの「魔法のコトバ」

電話の向こうから聞こえる家族の声

 

紬の思い出は、声や音で思い出されるものが多いのかもしれないですね。

高校を卒業して進学してその頃はイヤホンの調子は良かったのに

イヤホンが壊れてしまったのは3年前、それから音がでない

紬が想のことを吹っ切ることができたのがその頃だったということですかね。

 

 

目黒蓮さん演じる想についてですが

 

想は家族からも、先生からも支えられていましたよね。

みんな、想のことは「人に話さない」ようにしているようでした。

まあ、湊斗は想の妹の萌から聞いてしまうんですが・・

 

今、想がどういうふうに周りと関わっているのかは初回ではまだわかりませんでしたね。

みんなから支えられていることに感謝しているのか。

それとも、みんなは想の知らないところで支えているのか。

想は生まれつき耳が聴こえない人ではなく、少しずつ聴こえない状態になった人なので、聴こえなくなる過程で、想が周りに恨みを持つようなことが起こっていなければいいんですが・・

 

 

次は紬について話そうと思いますが

想の書いた「言葉」という作文、

みんなの前でこれを想は読んでいましたが、その原稿用紙に書かれたものは紬が持っていましたよね。

クリスマスに交換したイヤホンとともに。

この作文も、想からもらったんでしょうか。

ちなみに、川口春奈さん演じる「紬」(つむぎ)の名前は、「言葉を紬ぐ」から来ているんですかね?

そして目黒蓮さんは「想」(そう)で、想うという字です。

話す、語るではなく、「つむぐ」という言葉であるところが、

今後、紬から言葉が紡がれて、それを想が想う・・

という展開になるのかな?と想像させてくれます。

 

そういえば、想が紬に告白したときに、紬が「録音する」と言っていましたが、

ここでは録音はできていない感じでしたよね。

このあと、録音できた時はあったんですかね?

想の声をもう一度聞くことができるんでしょうか。

紬はLINEより電話派と言っていました。

想の声を聞くことも好きだったんですよねきっと。

 

スピッツの「魔法のコトバ」を想と紬が聞いているシーンがありました。

この歌の歌詞、もし知らない人はぜひ一度読んでみてほしいです。

これはドラマ内容と合っている歌詞なのかなと思いました。

また会えるよ、二人だけにわかる魔法の言葉

というようなキーワードが入っています。

 

 

でも、僕が一番感情移入しそうだな・・と思ったのは、紬の今の彼氏

湊斗です。

湊斗はいい人そうですよね、初回なのでまだわからないですが。

紬が、主成分「優しさ」って感じの人で、人のために優しさ全力で使っちゃって自分の分残すの忘れちゃうみたいな、と湊斗のことを紹介していました。

そうだとしたら・・湊斗はかなり辛いことになりそうですよね。。

思えば、高校時代も、想と紬を結びつけたのは湊斗だったような・・

ドラマをみている多くの人は「耳が聞こえる」人だと思うので、

誰に感情移入するかといえば、湊斗に感情移入してドラマをみることになるのかもしれない、と思いました。

紬と想の二人がうまくいってほしいというふうに感じる反面、

今は紬も、想も、それぞれ別に付き合っている人がいるので、

(想の方はハッキリしないですが)

そうだとしたら、誰かを犠牲にして・・というふうになるのかどうか・・ですね・・

湊斗が主成分やさしさの人であれば、本当に報われてもらいたいなと思いますね。

 

 

最後の、想と紬が再会するシーンは

本当につらいシーンでしたね・・

過去の恋人と再会する時って、どちらかに原因があって、片方の言い分を一切聞き入れない、という事態が起こることがあると思うんですけど

想と紬の場合は、話したいけど、話せないんですよね

想は、紬と話したい思いをもったまま過ごすことがつらくて離れたと言っていたようです。

このあと、紬が手話を覚えたら話せるようになる・・

というような簡単なものではないと思います。

想からすれば「自分への同情ではないか」と思うでしょうしね。

 

想は高校時代にいつもイヤホンをしているイメージで

卒業式のあともイヤホンをする想へ紬が大きい声で呼びかけていましたが

これ、もしかしたら想はすでに病気が進行していたから

周りから大きめの声で話しかけてもらえるように、あえてイヤホンをしていたのかな?と想像しました。

 

 

想のことを「ツチノコ」と表現したり

上京してすぐオンナつくって即効で紬を振った、あの佐倉想くん?

とか、「同じ世界線に存在してんだ」とか。

そういえば紬は「つむつむ」って呼ばれてましたよね。

こういうライトな表現もあって、下手したら重い方向へ行きがちなストーリーを少し「軽く」みられるようにしてくれている、という印象もありました。

 

 

出演者が思っていた以上に豪華でいろんな人が出演されていたので

キャストについて色々語りたいと思っていたのですが

今回はいろんなことを話しすぎている気がしますので1つだけにしたいと思います。

公式WEBサイトをみると

番組プロデューサーが川口春奈さんと目黒蓮さんへ出演オファーして、受けてくれたので、そこから「当て書き」していったと言われていました。

つまり、紬と想は、まさに川口春奈さんと目黒蓮さんそのものと言っても過言ではないですよね。

となると・・かなり自然に演技されると思いますし

きっと胸を打たれるシーンが、これからどんどん出てくるんじゃないか・・?と思いますね・・

 

ーーーー

今回はここまでとさせていただきます。

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

 

サイレントの感想コメントお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

関連記事

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼