ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

silent サイレント ドラマ感想考察最新 第2話のあらすじストーリーネタバレ!スマホで想の声を聴く紬! フジテレビ 川口春奈 目黒蓮 SnowMan

サイレントsilent第2話あらすじ・ネタバレ

❉YouTubeでご覧ください↓

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

動画でご覧ください

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

第2話のあらすじをご紹介しながら、予想も含めた考察をしていきます。

この動画の内容は動画概要欄に掲載しているブログURLで、文字で読んでいただけます。ぜひご活用ください。

 

ーーー

次回のあらすじから、第2話では

・奈々と想の関係

・想が聞こえなくなった頃のお母さんとの話、上京した頃の話

・紬が手話教室へ通う話

が描かれるようです。

 

また、予告映像から

おそらく想と再会して、紬は想から真実を聞くのではないかと思われます。

 

サイレントは原作がない、完全オリジナル脚本のドラマですので

すでにわかっているあらすじ以外は想像するしかありません。

人それぞれ色々な想像をして良いと思いますので、僕の話はそのうちの1つと思って聞いたいただければと思います。

 

正確なあらすじだけでなく、完全なストーリー予想を含みます。

素晴らしいストーリーに対して不要な想像かもしれませんが、もしよかったらお付き合いください。

ーーー

 

青羽紬(川口春奈)は8年ぶりに佐倉想(目黒蓮)と偶然の再会を果たす。

しかし、想から手話で一方的に話され、状況が把握できずに紬は立ちすくんでしまう。

一方、想はこの8年間の想いが募り、行き場のない気持ちを消化できずに紬のもとから立ち去る。

 

そんな様子を桃野奈々(夏帆)はみていました。

奈々は想のもとに駆け寄り、そっと寄り添います。

★おそらく聴者・・耳が聞こえると思われる女性へ想が手話をしていて、相手の女性は手話を理解していない感じだった・・という様子を奈々はみていて、奈々はその女性と想は昔からの知り合いだと感じたんではないでしょうか。

初回の時に、湊斗から届いたLINEをみる想へ「昔の恋人から突然メールきた、みたいな顔してるよ」と伝えていた奈々ですから、その相手が「昔の恋人」だとすぐに気づいたのではないでしょうか。

そしてこの状況から「想が耳が聞こえなくなったことが、別れた原因になった」ということも。

奈々はあえて色々自分から話すのではなく、想に話してもらえるように、話して少しでも楽になってもらえるように、接するのかな?と思います。

 

想は高校卒業のころに耳に違和感を抱くようになりました。

母の律子(篠原涼子)がその異変にいち早く気づきました。

「耳、聴こえにくいの?」

おそらく律子には思い当たるものが、もともとあったのだと思います。

律子が想を病院に連れて行くと、耳が聞こえにくくなっているのは遺伝性の病気である可能性があると診断されたようです。

律子は自分のせいかもしれないと責任を感じ、なかなかその現実が受け入れられません。

★遺伝性の病気ということであれば、律子から何かが遺伝して・・という可能性もありますが、父親から、という可能性もありますよね。

想の父は登場していないので、想の父がもしかしてそういう病気を患っていたのか・・?

自分のことを思い、泣いている母親をみる想。

自分が近くにいたら、母はずっと悲しい思いをし続けるのかもしれない。

想は母に申し訳なく感じ、そのまま上京することを決めました。

★ここは、想が奈々へ過去の話をする形で明かされるんですかね。

でも、この話は、紬にもしてあげてほしいですよね。。

紬に対しては、病気のことは隠して、一方的にLINEで別れを告げていましたよね。

 

戸川湊斗(鈴鹿央士)は紬と想が再会したことに不安がぬぐえない。

★紬と想は元恋人同士ですしね。

もともとは湊斗も、想が一方的に紬のことを振ったと思っていたと思います。

でも、実はそうではなく、耳が聞こえなくなったことが想が別れを告げた原因ではないかと思うようになり・・そうだとしたら、想も紬も、想いがなくなって別れたわけではない。

湊斗は紬がどれだけ想のことを想っていたか知っていますから、紬が想のところへ行ってしまう、という不安が沸き起こってきたんでしょうね。

「想・・耳聴こえなかったでしょ?」と言う湊斗に

紬は「なんで教えてくれなかったの?」と責めます。

ここで湊斗は何て言うんでしょうか・・

たしかに、紬には想に興味をもってほしくないから、という理由もあるかもしれませんが、それよりも湊斗は、紬にその真実を告げることが残酷だと想ったからではないか、と思います。

「想の声が好き」と紬から聞いてましたしね。

 

想いとは裏腹に、春尾正輝(風間俊介)の手話教室を紹介する。

★湊斗は、紬を手放したくない、想と近づけたくない、という気持ちがある反面、

親友だった想のことを思う気持ちもあって・・

また、紬が「想と話したい」と言っていたので、紬のためにも…と思って、手話教室を紹介するのではないかと思います。

人のために優しさ全部使ってしまう人ですからね…湊斗は。

湊斗自身は、春尾へ「手話は覚えたくないですね」と言っていました。

想が聞こえないという現実を受け入れたくない、という思いから言ったことだと思いますが、

春尾と最初に出会ったのは湊斗ですし、手話が気になって話しかけたのがきっかけだったので…

湊斗もいずれ、手話で、想とコミュニケーションが取れるようになるのではないか?と予想します。

「今日、紬どこいってると思う?手話教室」

これは湊斗が紬の弟の光へ言っている言葉でしょうか。

湊斗は決してわるい人ではないですが、魔がさして・・ということもあるかもしれません。

光とともに、変な方向へ動かないことを願いたいですね・・

 

紬は想と話せるようになりたいと考えます。

そのためには手話が必要です。

紬は春尾の手話教室に通うことを決意します。

 

はじめから出会わなければよかったって

この人と出会わなければこんなに悲しい思いをしなくてすんだのにって

手話教室で、春尾から紬が言われる言葉ではないでしょうか

この言葉から想像すると、もしかすると、春尾も紬と同じような経験をしたことがあったのかもしれませんね。

恋人が聴力を失っていった、という過去があったのかもしれません。

同じような境遇で手話を学ぼうとする紬へ忠告しているのではないでしょうか。

そんなに簡単に、わかりあえるものじゃない。

 

紬は想に「もう一度会って話したい」と告げますが・・

おそらくすぐには想は受け入れてくれないんでしょう。

なぜなら、想は、紬と話すことがこわいから。

これ以上一緒にいたら紬も、自分も苦しくなると想って別れたはずなのに

あらためて出会うことで、自分がどうなってしまうかわからず、怖いのではないでしょうか。

でも、そんな想を動かしてくれるのはきっと周囲の誰かでしょう。

奈々なのか、湊斗なのか。それとも妹の萌なのか。もしかしたら春尾と想が知り合いという可能性もありますよね。

 

手話を勉強して、ようやく想と再会できることになった紬。

でも、まだできる手話はそれほど多くはないのではないでしょうか。

「わたしの、なまえは・・」といった自己紹介程度ですよね。

それでも、少しでも想とコミュニケーションが取れたことが紬は嬉しいのではないかと思います。

紬が想へ、どうしても伝えたかった言葉

「好きになれてよかったと思います。思いたいです。」

これは紬が用意してきた手話で、想に伝える言葉ではないでしょうか。

 

そして、

もしかしたらですが、想はケータイに入った録音音声を紬にきかせてくれるのではないか?と想像しました。

想は自分の耳が聴こえなくなってしまう前に、別れを告げた紬への思いを録音していたんじゃないでしょうか。

どうしてこうなってしまったのか、自分がどういう病気なのか・・というところまで語るのかはわからないのですが・・

ここで紬は、想の声で真実を知ることになるんじゃないか、と想像します。

 

ーーーー

いろいろな方への配慮に欠けた表現があった場合は申し訳ありません。

ぼくの言葉選びが未熟なため、と、ご理解いただければと思います。

 

 

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

次回以降に期待したいのはどんなシーンですか?

コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼