ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

silent サイレント ドラマ感想考察最新 紬が想と手話をやめてアプリで会話した理由! 第3話 第4話 川口春奈 目黒蓮 SnowMan

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

動画でご覧ください

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

タワーレコードでの仕事が終わった紬と想がカフェで話をしていたシーンについて

紬は途中からなぜか手話をやめてアプリを使って、想へ話していました。

その理由を考察していきます。

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

紬はタワーレコードでの仕事中、ゴミ捨てのために外に出たときに、外で想と会います。

そこで、想は「待ってていい?」と言っていました。

想は紬へ「ここで働いてるの?」と言っていたので、紬がここで働いていることは知らなかったようです。

でも、もしかしたら紬から「タワーレコードで働いている」という話はすでに聴いていて、「どこの店か」だけ聴いていなかった可能性があります。

ですので、このシーン、想がたまたまタワーレコード前に居たのか、

それとも、紬がもしかしたらこの店にいるのかもしれないと思って、想はやってきたのか、そこはわかりません。

紬と会う前に、想は1人でタワーレコードを見上げてたんですよね。

これは、CDショップに思うところがあったのか、紬のことを思ってたのか・・はわからないですね。

 

そして、紬が到着して、店の外からガラス越しに

想に呼びかけます。

ここは第3話放送直後の動画でもお話ししたところですが

湊斗と紬のシーンとの対比になってるんですよね。

湊斗はレストランの外から紬にいろいろ話していましたが、紬には全く伝わりませんでした。

でも、紬と想の間では、手話を介して、ガラス越しにも関わらず意思の疎通ができました。

紬から想へは気持ちが伝わるけど、湊斗から紬へは気持ちが伝わらないと考えると、湊斗を思ってとても切ない気持ちになるんですよね。。

少し前までの紬だったら、やっぱりガラス越しに想とコミュニケーションをとることはできなかったと思います。

手話を学び始めたからこそできるやり取りです。

紬が努力して想に歩み寄っていってるということですよね。

 

こうやって考えると・・

もし想から紬が、初めから全てを聴いていたら。

病気のことをちゃんと想から聴いていたら、

紬は努力して、想に歩み寄っていたんじゃないでしょうか。

そして、もしかしたら今も別れずに、そのまま2人は交際していたかもしれない。

これは二人の「ありえた現在」なのかなと思いました。

今回は想と紬の話をするつもりなので、あまり詳しくはお話ししないつもりですが

もしこれが二人の「ありえた関係」なのだとしたら

湊斗はおそらく・・その「ありえた関係」の二人に戻してあげる行動を取ってしまうんじゃないか・・という気がしますね。

大好きな親友と大好きな人ですからね、湊斗にとって。

 

すんなり受け入れて

手話まで覚えて

普通に顔みて話して

すごいよね、すごいよ

湊斗は言ってましたが、でもこれは紬を悪く言う言葉ではなかったんですよね。

ただ、この言葉を言うということは、紬はそれができる人だと湊斗も認めているということなので、そうだとすると、やっぱり

紬と想の二人を「ありえた関係」にしてあげたい、そういうふうに湊斗は思いそうですね。

 

紬と想の会話に話しを戻しますが

カフェの席についた紬と想は、湊斗の話をします。

湊斗、怒ってたでしょ?

湊斗にわるいから、もう二人で会うのはやめよう。

そういうふうに、想は紬へ言うのですが、

どうしても会わない方がいいと思うなら、こうして紬が仕事を終わるのを待って、二人でカフェで話して伝える必要もないと思います。

以前に、紬から「会って話したい」という連絡をした際に、「会っても変わらない」と伝えていたのは想の方だったので、

わざわざ1時間も、紬の仕事が終わるまで待っていたのは、紬と一緒の時間を設けたかったからではないか、と思いました。

だから、想は本当は紬と会いたくないわけではないし、

むしろ「会おう」と言ってほしくて、これからも紬に会うための理由がほしくて、

紬に会いにきたように感じます。

想は本心ではないことを言ってるんですよね。

 

ここで紬は「ちょっとまって」と言って、スマホを取り出します。

音声認識アプリを使うためですね。

話す言葉を文字にしてくれるアプリです。

これを使う理由として考えられるのは

まず

もしかしたらこれから説明をする内容は自分の手話の能力では難しいかもしれない

と思ったから

というのが考えられるのですが

実はそうではない理由もありそうです。

 

紬は、紬と湊斗の関係について話し始めます。

わたし、湊斗のこと大好きなんだよね

でも、わたしたち別に、そんなことで喧嘩になったりしない、別れたりしない

それよりみなとともまた仲良くしてくれたらいいなと思ってた

佐倉くんとは時々ご飯とかいって手話で話せたらいいなと思ってたの

なんか、もっとどうでもいい、なんでもない話し、したかっただけだよ

ここまで、紬は想の方をみながら話していてそして想もスマホの画面だけでなくたまに紬の方をみて聴いていました。

 

ここから紬は「今はもう、佐倉君のこと、高校の同級生としか思ってない」という話しをはじめます。

その時、想はというと、この画面に表示された文字に目が奪われてしまい、

紬の方をみることができません。

 

ここで思ったのは、紬はあえて音声認識アプリを使ったのではないか?ということです。

話している内容は、実はそれほど難しいことは言ってない気がします。

ある程度の会話は手話で表現できるようになっている紬ですから

手話でもできる内容だったのでは?と思います。

ではなぜ音声認識アプリを使ったかというと、

そうしたら、想の目線をスマホの方に向けることができるからです。

 

想はスマホ画面に表示された文字に目を奪われ、

そこから目を動かすことができません。

そして、もしかしたら紬がどんな表情でこれを言っているか、見たくない、という心情もあったかもしれないです。

 

紬が言った言葉は、全てが紬の真意ではないと思います。

むしろ、本当の気持ちを隠すために、自分に言い聞かせるように言っていることかもしれません。

そんな言葉を口に出すということは、

「嘘を言っている」ことと同じであり、その表情を想には見せられない

と考えたのかもしれないなと思いました。

自分の真意を想に気づかれないようにするために、顔を見られないようにするために、

アプリを使ったのではないでしょうか。

手話は顔の表情を伴った表現をするものだと思います。

もし手話でこの話をするとなれば、会話している内容に合わせた表情にする必要がありますが・・紬にはそれはできない、と思ったのではないでしょうか。

 

湊斗って呼んでるんだね

と紬は言われ、想から顔をみられて

 

紬は何度もまばたきをして、うつむきました。

想は「気にしすぎだった、また連絡するね」と言うんですが

 

紬はなぜか「うん」という返答をしませんでした。

これは、今まで口に出していたことが本心ではなかったので

「はい」という返答ができない状態になっていたんじゃないか、と感じました。

そして、その後、1人残った紬はここで泣いていたんですよね。

・・・ということで

紬が手話での会話を継続せずにアプリを使った理由について考察しましたが

いかがでしたでしょうか。

単純に、「もっとややこしい話になるかも」と思っただけという可能性も否定できないですが、

ぼくは音声認識アプリを使う都度、目線がテーブルの方に向くことはずっと気になっていました。

本心ではないことを言うためにこれを使う、という可能性はあるんじゃないかと思ったんですが、どう思いましたか?

 

ーーーー

今回は、キーワードと思われる数字の「3」について話しました。

 

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

 

想のことを「好きじゃない」と言ったときの紬の気持ちはどんなものと思いますか?

 

コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼