ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

silent サイレント ドラマ感想考察最新 想は「紬いらない」と言ってない!湊斗はなぜ古賀センにこんなふうに言ったのか? 第3話 第4話 川口春奈 目黒蓮 SnowMan

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

動画でご覧ください

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

湊斗は古賀センに、想から「紬いらない」と言われたと話していました。

想はそんなことを本当に言ったんでしょうか?

言ってないのなら、なぜ湊斗はそのように言ったんでしょうか。

その理由を考察してみたいと思います。

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

まずは、湊斗と古賀センの会話を振り返りたいと思います。

湊斗は今も古賀センの経営しているフットサル場で、同級生たちとたまに汗を流しているようです。

 

古賀センから想の実家には行ったのか?と言われ湊斗は

「行きましたよ、音信不通になったころ。想のお母さんが元気だから気にしないでって」

想の母・律子は、想の耳のことは隠そうとしていましたもんね。

そして、想の妹・萌に律子は「同級生はみんな想の耳のことを知らないはず」と言っていたので、

湊斗が耳のことを知らずに訪ねてきたんだとすぐにわかったのだと思います。

そこで律子は、「元気だから、気にしないで」と、湊斗に回答したようです。

古賀センは「本当に会いたいなら、実家いくとか、見かけたところで待ち伏せするとか・・」と言ってましたが、古賀センはきっと想の居場所は知ってるんですよね。

そして耳のことも知ってそうです。

でも、古賀センは自分から想の本当のことを言えないと思って、湊斗には他の方法で想と会ってほしいと思い、実家へ行くことをすすめたんでしょう。

でも、この古賀センの言葉がきっかけになって、このあと湊斗はあらためて想の実家に行き、萌から想の耳のことを聴くんですよね。

湊斗は高校時代によく、想の実家に遊びに行ったと言ってますし、大学生の時も一度実家を訪ねて律子と会っているので、

湊斗があらためて想の実家を訪ねていった時に律子と階段ですれ違っていましたが、その時すでに律子は湊斗のことに気付いていたことになりそうですね。

律子は何も気付いてない風に、萌に「誰か来た?」と言ってましたが、あれはあえて自分から「湊斗」という名前を萌の前で出さないようにした、と考えられますね。

 

でも気になって、想の大学までいって

ちょっと話したんですけど。

ホントに元気だったから、もうしょうがないなって。

向こうが関係切りたいならどうにも。

湊斗は大学であった想のことを「ホントに元気だった」と言ってます。

その頃の想はどんどん聴力が落ちていっている時期のはずで、元気なはずがないですよね。

でも湊斗が「元気だった」と言ってるということは、想は湊斗に対し、嘘をついて元気な風に見せていた、ということですよね。

忙しそうにしてる風をよそおったんですかね?

湊斗は、想は充実した大学生活を送っているんだな、と思ったのかもしれません。

そんな充実した大学生活に、自分のような高校の同級生は必要ないのかもしれない、もしかしたら大学で新しい彼女もできたから、紬に別れを告げたのかもしれない

そんなふうに湊斗は思ったんでしょう。

元気そうで、何か深刻な理由があるように見えないから

そんな想から関係を切りたいと言われたら、それはしかたないのか・・と湊斗はあきらめたんでしょう。

 

古賀センは「何言ってた?佐倉」と想がどんなことを湊斗に話したか、聴きます。

そうしたら湊斗の回答は

想「紬いらない」って

「俺もう青羽いらないからやるよ」って。

「あげる」って。

ここ、これを聴いた古賀センは複雑な表情を浮かべていました。

本当にそんなこと言うかな・・というふうにも見えますし

いや、耳のことがあるから、紬から身を引くという選択を想はしたのか・・と悲しい気持ちになったようにも見えます。

でも、そのことを湊斗には言えないので、古賀センはとくに何もいいません。

 

悔しいからすぐにはもらわなかったんですけど、

結果もらいました。

紬に聞かれたら、「私は物じゃない!」ってキレられそうですけど。

これを聴いた古賀センは、湊斗と一緒に笑い合っていました。

 

そして、フットサル場の事務所に戻った古賀センは、想とのLINEを開いて、「最近どう?」と自分が送った内容に対して、想から「静かです。」という返答が来たのを確認します。

この文面を古賀センは普通に受け取っているので、

古賀センは耳のことをおそらく前から知ってたと思われますよね。

古賀センの送別会すら来なかったやつ、と同級生から想は言われていました。

古賀センが学校の先生をやめてフットサル場の経営者になるときの話ですかね。

古賀セン本人にはなぜ行けなくなってしまったのか、想はちゃんと説明していたのかもしれません。

 

さて、ここで想の発言を考えてみたいと思います。

「紬いらない」って

「俺もう青羽いらないからやるよ」って。

「あげる」って。

湊斗は、そう、想から言われたと言っていましたが

本当にそんなことを想が言ったんでしょうか。

 

ここからは完全にぼくの妄想の話しになりますので、その前提で聴いてください。

これは証拠があるわけではなく、完全な想像になってしまいますが、、

想はそんなことを言ってないと思います。

では、湊斗が聴いてもないことを、想が言ってもないことを古賀センに「想が言った」と嘘の説明したのかというと、たぶんそれも違っていて

これは、想、もしくは湊斗が勘違いした結果

お互いに勘違いしたまま言葉を受け渡して、湊斗にこのように伝わってしまったんじゃないでしょうか。

 

高校卒業頃に耳がおかしいとわかり、そこから病院に行くことに。

それから病気は進行していっていたはずなんですよね。

だから湊斗が想に会いにいったときには、高校時代の想とはもう違うはずです。

すでにかなり聞き取りづらくなっているはずです。

 

だから、湊斗と会ったときには普通に会話することも、すでに難しくなっていたのかもしれません。

たとえばそれを隠すために、常時イヤホンをつけて音楽を聴いている風に装っていたとか。

そうすると、もっと聞こえづらい状態になっていると思います。

そんな想と湊斗が普通に会話できた、と考えることに無理があるように思います。

これは、まさか想が耳が聞こえなくなってきていると想像もできない湊斗が、普通に会話できたと勘違いしているだけの可能性が高そうです。

 

だから例えば、

湊斗が何かを想に語りかけたとき、

たとえば「なんで紬とわかれたの?」というようなことを聴いたときに

想は紬の話しをされているとは思わず、

湊斗に貸していたCDや、たとえばサッカー用品などのことと勘違いして

「いらない」「いらないからやるよ」「あげる」

と言ったのかもしれません。

これは、想が「元気な状態」を装っていたことによって起こった事故のようなものかなと思います。

もし想がよく聞き取れないからもう一度言って、とちゃんと確認していればちゃんと答えられたかもしれないですが

元気を装うには、耳がおかしいことに気づかれないようにするためには聴き直すことはできず、

それによって変な回答をしてしまった

ということではないでしょうか。

 

まず、想が紬のことを「モノ」のように扱う発言をするとは思えません。

仮に、想が湊斗から嫌われようとして言っていることだとしても、

紬を一方的に振っているだけで十分悪者であり、

わざわざ、紬のことを悪く言うようなことをする必要は無いと思います。

さすがに、大事な人のことをそんなふうに表現できないですよね。

そして、想と湊斗は親友だったわけですから

もしかしたら想は湊斗も紬のことが好き、ということを知っていたかもしれません。

だとしたらなおさら、そんな相手である湊斗に「青羽いらないからやるよ」って言うのはありえないと思います。

 

想は「言葉」を大事にする人でもあります。

その言葉にどんな思いがこめられ、どんなふうに相手に伝わるのか、しっかり考える人でしょう。

そんな人が言う発言じゃないですよね

「いらないから、やるよ」って

 

そして、想の「紬やるよ」発言が間違いじゃないかと思う最大の理由は

想と紬の間でやり取りされたLINEです。

「好きな人がいる。別れたい」

というLINEがきて、紬は、想には別に好きな人ができたから振られたと思っていましたが

本当は「紬のことが好きだから、別れたい」という意味でした。

言葉のやり取りで勘違いを生んだ事例がこのときにもあったんですよね。

言葉は大事に伝えないと、意図していることと違う風に伝わることもある。

勘違いを生むこともある。

この紬へ送った想のメッセージは、意図的に勘違いするように考えて想が送ったものだとは思います。

でも、勘違いさせるつもりではなくても、そうさせてしまうこともある。

 

「紬やるよ」はおそらく勘違いで、

これがわかったとき、想・紬・湊斗の3人のコミュニケーションで、言葉をもっと大事にしようと考えるきっかけになるんじゃないでしょうか。

今回の話は、完全な想像でしかないので、全く違う可能性もありますが

少なくとも我々からみえている佐倉想という人はこんな発言をする人ではないと思いますので、ではなぜ湊斗がそんな風に思うことになってしまったのか、それについて考えてみました。

ーーーー

今回は、想の発言について考察しました。

 

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

 

想は今でも紬のことが好きだと思いますか?

 

コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼