ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

silent サイレント ドラマ感想考察最新 繰り返す神演出シーンまとめ 第3話 第4話 川口春奈 目黒蓮 SnowMan

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

動画でご覧ください

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

この「サイレント」では、「重ねる演出」がよく登場します。

同じような構図、近いセリフで違うシーンが繰返し描かれることで

とても印象的になり、強調されたりしています。

第3話に登場した繰り返すシーン、「かさねる」「かぶせる」演出のシーンをまとめていきたいと思います。

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

まずは、「名前を呼びたくなる後ろ姿」ですね。

高校時代の紬は、想の後ろ姿をみて、こう表現していました。

卒業まであと何回名前を呼べるだろう・・と考えて

 

このあと、紬は想を後ろから追いかけて想に告白します。

好きです。付き合ってください。

でも、実は、想の後ろ姿をみて「名前を呼びたくなる」のは紬だけではなかったんですよね。

 

歩いていく後ろ姿をみて、呼びかけずにはいられなかったのは

湊斗でした。

想!とよびかけて振り向いてくれたとき

 

湊斗はとても幸せそうな表情をしていました。

名前を呼びたくなる後ろ姿、振り向いてほしくなる人ってことですよね。

紬も湊斗も、というところが素敵です。

紬も、湊斗も、想のことが大好きなんですよね。

それが現れているシーンだと思います。

 

続いても同じシーンなのですが

高校時代の湊斗と想。

前を歩く想に呼びかける湊斗。

想!と一度呼びます。

でも、想は聞こえてないのか、そのまま歩いていってしまいます。

 

角を曲がって橋の上を歩く想。

湊斗はもう一度「想!」と呼びます。

半身こっちを観ているので気づきそうですが、そのまま歩いていってしまいます。

でも、ちょっと笑っていたような・・

 

湊斗は橋の上まで走っておいかけていって

「無視すんなよ!」と想に呼びかけ

 

そして3度目、湊斗はもう一度「想!」と呼びかけます。

 

そしたら・・想はついに立ち止まって・・

こっちを観てくれました。

満面の笑みです。

この笑顔をみたかった・・湊斗はきっとそう思ったと思います。

このシーンとほぼ同じことが繰り返されていました。

それがこちらのシーンです。

 

来ていた想を紬の家の中につれてきた湊斗。

想にもビールを渡し、自分もビールを手にして、想の背中をみながらビールを飲みます。

二十歳になったら酒を飲もうといっていた約束の話をします。

そして、湊は

 

想、と呼びかけます。

当然、想には聞こえません

 

そして続いて、

想、無視すんなよ

と湊斗はもう一度想を呼びますが、振り向いてくれません。

 

3回目、想、と呼んだとき

 

聞こえないはずの想が振り返ってくれました。

ここ、湊斗が想と呼んだ回数も、話している言葉も

高校時代と全く同じなんですよね。

「同じ」ということによって、余計に切なさが増すシーンだなと感じます。

 

さらにここと同じシーンで観ておきたいところがあります。

湊斗が想に対して思っていることをぶちまけるシーンです。

 

このシーン、湊斗は声で一方的に想に話しかけている状態です。

これだと想にはおそらく内容が正確には伝わらないでしょう。

これと同じシーンが過去にもありましたよね。

 

紬が想に再会したシーン。

紬は想の状況が理解できていなかったので、声でどんどん話しかけてしまっていました。

当然、想は内容が理解できませんでした。

そして、今度は想の方が

 

手話で一方的に紬に話していました。

これも、手話がわからない紬には全く何を言われているかわからない状態だったと思います。

 

それぞれ、一方的に話すシーンがありましたね。

今後もしかしたら、想が湊斗へ手話で話しかけて、湊斗が理解できない・・

というシーンもあるのかもしれません。

お互いが理解できる言語で、気持ちの伝わる言葉を使ってコミュニケーションを取る

そのことの大切さが強調されているように思いました。

ーーーー

今回は、第3話の神演出といえるシーンをご紹介しました。

 

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

 

印象に残っているシーンはどこですか?

 

コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼