ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

silent サイレント ドラマ感想考察最新 春尾の元恋人は奈々ではない!春尾の発言から特定!第4話 第5話 川口春奈 目黒蓮 SnowMan

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は春尾が過去に好きだった人についてお話ししていきます。

その相手は奈々ではないと思われます。

その理由と、相手が誰なのかについてお話しします。

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

第3話で春尾は唐突に、紬に言っていました。

「ろう者の8割ぐらいが、ろう者同士と結婚するんです」

「ろう者同士の方が幸せってことですかね」

この会話、とても唐突だなと一度目にみたときは思ったのですが

もう一度見返してみると、この会話の前の紬との会話が、この発言のきっかけになってるんですよね。

 

春尾先生ってなんで手話をはじめたんですか?と紬に聞かれ

「大学の時に、難聴者の方のボランティアをやってて、それがきっかけです」

就活の時にアピールできるものがないと気がついて、それでボランティア・・

と言ってました。

そしてそのあと、

「ろう者の8割ぐらいが、ろう者同士と結婚するんです」

という話をしていたので、

つまり、この話は、春尾が手話に取り組むことになった話と関係があるということですよね。

 

第2話

聞こえなくなって話したくないと思う人の話しから、

初めからないものと、あったものがなくなるのは違う感覚だと思うので

と言って、

すごく好きだけど両思いになれなかったり、なれても別れてしまったり。

そういう時思いません?

初めから出会わなければよかったって

この人に出会わなければこんなに悲しい思いをしなくてすんだのにって思いません?

ここは、紬が手話で話したい相手がおそらく紬の好きな人なのではないか

と想像した春尾が、ろう者との恋愛はとても難しいことを、遠回しに紬へ言っているように感じました。

でも、それだけではなくて、おそらく春尾は実際にこういう経験をしていて、経験で紬へ話しているように感じます。

過去に好きだった人がいた、もしかしたらその人と付き合っていた。

でも何らかの事情で別れた。

そして、その相手がろう者だった。

だから、今、紬がろう者への恋心を抱いているようなので、遠回しにその恋愛は難しい、と春尾は経験から言っているように思います。

 

そして、第一話での湊斗との会話。

なんか人が良さそうですもんね、という湊斗に春尾は

そういう刷り込みがあるんですよ。

偏見っていうか。

手話。耳が聞こえない。障がい者。

それに携わる仕事。奉仕の心。優しい。思いやりがある。

絶対いい人なんだろうなって勝手に思い込むんですよ。

ヘラヘラ生きてる聴者のみなさんは。

僕も聴者なんですけどね。

ここから想像できるのは、聴者とろう者との間の差別意識やすれ違いが、春尾が好きだった人と別れる原因になったのではないか、ということです。

春尾本人がそういう意識でなくても、もしかしたら春尾の家族からそのような扱いを受けてしまい、別れることになった可能性もあると思います。

 

そして第3話の「ろう者の8割がろう者同士と結婚するんです」

ここから想像できることは、

春尾の恋の相手だった人はろう者で、その人はきっとろう者の男性と結婚した、ということですね。

ちなみに春尾は、

そのカレと話していたら自然とペラペラになりますよ。

こうやって授業で受けるよりも、実践のほうが、ずーっと上達しますから

とも言っていました。

おそらくこれも経験談ですよね。

自分はその彼女と話したいという気持ちで手話がどんどん上達していった、そういうことを言っていると思います。

 

では、春尾が好きだった人は誰なのか・・と考えると

まず思い浮かぶのは、奈々ですよね。

奈々は生まれつき耳が聞こえない女性です。

ですから、もしかしたら春尾と関係があるのは奈々では・・?と思うのですが

でも、春尾の発言を思い出してみましょう。

「ろう者の8割がろう者同士と結婚するんです」

奈々はおそらく結婚していませんよね。

そして一番思うことですが、「ろう者同士」というところです。

もし春尾が奈々のことを言っているのだとしたら、奈々の相手は想ということになると思います。

でも、これも思い出してほしいのですが

「初めからないものと、あったものがなくなるのは違う感覚だと思う」

とも春尾は言ってました。

奈々は生まれつき耳が聞こえないんですが、想は途中から耳が聞こえなくなった人です。

春尾の考えからいうと、この2人も幸せになれないことになってしまう気がします。

 

ここで別の登場人物を考えたいのですが

それが、那須映里さんが演じる江上美央です。

那須映里さんは、サイレントの公式で「手話を第一言語として育ったろう者です。
留学経験もあり、手話エンターテイナーとしてさまざまな角度から手話を広めています!」と紹介されていました。

この那須さんが演じる江上美央が、春尾の元恋人である可能性が高いのではないか?と思いました。

 

そしてもう一人の重要な登場人物が、春尾と同じ手話教室の先生と思われる

江副悟史さん演じる澤口真也です。

江副さんは、サイレントの公式では、日本ろう者劇団の代表をつとめており、俳優・キャスター・手話狂言など幅広く活躍していますと紹介されていました。

 

あくまで想像ですが、

春尾と恋人関係だったろう者である江上美央は、最終的に、

ろう者である澤口真也と結婚したのではないでしょうか。

この二人を演じている俳優のお二人は、お二人とも、生まれつき耳が聞こえない方のようです。

ですので、春尾の言う「ろう者同士の方が幸せ」ということにあてはまるように感じます。

ただ、お二人は苗字が違います。これには何か意味があるんでしょうか。。

結婚はしていないのか、事実婚のような状態なのかもしれないですね。

 

紬が手話教室に通っているという話から、想が奈々へ手話教室のWEBサイトを見せていました。

その時に、想と奈々がうなづくような仕草をしていたのですが

これは、もしかしたら

奈々が、友人である江上美央から、春尾と澤口との関係を聞いていたからかもしれないなと思いました。

 

春尾は、自分のせいなのか

それとも家族など周りの人の反対があったからなのか

江上美央と結ばれることはなかった。

その経験があるから、紬へ、何度も、遠回しにではありますが

「ろう者との恋愛は難しい」という話をしたのかなと思います。

 

紬は、春尾からの質問に「好きになれてよかったって思います。思いたいです。」と言っていました。

春尾は、紬や湊斗と関わりながら、春尾自身も今後変わっていくのではないでしょうか。

このドラマは、想・紬・湊斗の恋愛の話のようにも思うんですけど、

もしかしたら、紬と想が再会することによって周囲が影響を受けて変わっていく、そういうことを描いた物語なんじゃないか?と感じますが、いかがでしょうか。

ーーーー

今回は、春尾の過去の恋愛について考えてみました。

 

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

 

春尾の好きだった人は江上美央だと思いますか?

 

コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼